毒餃子の次は毒ダニ?!

中国社会 - エキサイトニュース <続報>「殺人ダニ」で18人死亡=初の症例は昨年確認も情報公開されず―河南省」によると、
河南省信陽市商城県では今夏に入り、ダニにかまれた後発病、死亡する例が多発している。2010年9月8日、河南省衛生庁は昨年5月に初の症例が確認されており、同日までに557人が発病、うち18人が死亡したと発表した。大河網が伝えた。

問題の病気は、ダニにかまれた1~2週間後に40度以上もの高熱となり、血小板と白血球が急激に減少するという症状を示す。発症は5~8月に集中。 40~70歳の患者が多いという。今年5月、中国疾病予防対策センターは、この病気を「血小板減少を伴う発熱総合症」と命名している。

病気自体は昨年から確認されていたにもかかわらず、当局はこれまで情報を公開しないでいた。一部メディアが報道した後の発表だけに、情報を隠していたとの批判が高まっている。当局は原因不明の病気だけにパニックを避けるため情報公開を見送っていたと弁明している。
a0004752_22152511.jpg
とのこと。

おいおい、毒餃子の次は、毒ダニかい?!

来月、中国にいくかもしれないってーのに...



参考

殺人ダニが猛威?住民にパニック―河南省
2010年9月8日、中国河南省信陽市商城県で、今年夏に入り、ダニに咬まれて死亡した住民が複数発生し、住民がパニックになっていると中国政府系の中国網が伝えた。同県では昨年も同様の死亡例があったという。

中国ではまだ病原体の分離に成功しておらず、伝染経路も不明。国外の研究結果によると、ダニが媒介するウイルスが人体の細胞内に侵入し、血小板と白血球を激減させる。また、ウイルスは伝染性があるとみられる。

住民によると、商城県の各末端医療機関は昨年からこれまで誤診を繰り返し、医師らは伝染病予防法に定められた処置を怠っている。

信陽市と商城県政府の保健担当部門は、疑わしい病例の数や伝播の状況について公表を避けている。住民は「情報を公開してこそ、パニックは止むのに」と話している。

犠牲者の1人の漢方医師、呉徳政さん=当時(73)=は、ベッドの中でけいれんを起こした。何かをつかむような動作をしながら、心配する妻に「痛い、痛い」と叫び続けた。

呉さんは、高熱、喀血(かっけつ)、嘔吐(おうと)、下痢などの症状を示す一方、血小板などが急減。ダニに咬まれたことによる「発熱と血小板の減少に伴う合併症」と診断された。呉さんは6月11日、多臓器不全で死亡したが、息子が父親の苦しむ様子をビデオに撮影したという。

同県伏山郷南沖村の楊富主任によると、同県はダニの汚染地区で、全県で数百人が咬まれ、多数の死亡例がある。県疾病予防センターの余芳主任は「伝染病の状況を公表する権限はセンターにはない」と述べ、死者数の公表を拒否した。

  by yoshinoriueda | 2010-09-09 22:18 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://entre.exblog.jp/tb/11257093
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 「最近、東京で会うほうが多いん... 平成22年度経済財政白書 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE