東京・内幸町で地震に遭遇...今日は帰阪できません(涙)

内幸町の富国生命ビル28階でIGESによる排出量取引(ETS)セミナーに出席。

地震のあったNZのETSについて講演を聞きながら、クライストチャーチの大聖堂が崩壊したのを思い出しながら聞いていると、大きな揺れ。

机が1mくらい左右に揺れ、キャーっという黄色い叫び声。会議室の間仕切り扉がバタバタと音を立て始め、長い時間ユラユラとゆれた。耐震構造になっているせいか最上階にいるせいか、揺れが大きい。ただでさえ乗り物酔いするのに、すっかり気分が悪くなった(涙)

富国生命ビルの防災センターから、震度6との放送。「このビルは安全です。」と言ってる最中に、また大きな長い揺れ。携帯メールも電話もつながらない。

あまりに揺れて気分が悪くなったので、セミナー会場を後にして非常階段を降りることに。

非常階段を降りている途中にまた余震。降りることができなくなって、一緒に移動していた人たちと手すりにつかまって立ち止まる。またもや気分が悪くなった(××)

とりあえず、低層階にある支社のオフィスに退避し、大阪の職場と家族に無事を連絡。神戸の自宅では、まったく揺れたことに気づいてないらしく、
地震?なにそれ?どこで?
という反応。
今日は帰れないかも・・・
というと、
ホントに地震のせい?
というツッコミ(^^;ま、そーゆーことで(^^;;

支社では、PCが使えたので、メールをチェック。職場に電話したら、結局、仕事の相談になって、ちょっと長電話。

そうこうしているうちにも余震が繰り返している。富国生命ビル防災センターから随時入る情報は、人々を落ち着かせる。そのせいもあってか、ビル内で混乱はみられない。

と思えば、空が曇ってきた。。。窓がミシミシいってる。。。そうこうしているうちに、富国生命ビルの防災センターから、このビルには被害がないことを報告する放送。

まだ余震が続いている。揺れて気分が悪い。そんな中、事務所に荷物を配達する人が登場。エレベータもとまっているのに、歩いてあがってきた?!仕事熱心なんだなぁ~

新浦安、液状化... ひどい... http://www.shinurayasu-navi.com/topics/2011/earthquake.html

都内は、タクシーはつかまらず、バスはいっぱい。電車はすべてストップ。飛行機は19:00までの羽田発伊丹行きが欠航。ホテルも満室。明日、明後日と、後期日程の入試があるのだとか。それもそれで大変そうだけれど。
a0004752_225944.jpg

とにかく、もはや動けないので、支社で泊まってすごすことになることを覚悟。

東京駅にいる同僚よりメール。新幹線が動き出したとのこと。しかし、乗ったはいいが、満員電車状態&阿鼻叫喚だとか。しかも、新横浜に向け、鈍行列車並みの速度で動いているとのこと。

夜は長い。ということで、支社に用意されていた非常食をいただいた。(株)おむすびころりん本舗の非常食「即席うどん」。軽い!? アルミの袋にお湯を入れて、7分ほど待つと出来上がり。
a0004752_22581295.jpg

関西人でも十分おいしく感じるしょうゆ味。寒い日に体が温まる。幸せを感じると同時に、災害対策って大事だなぁと実感。
a0004752_22582610.jpg

夜も寒くなってきた。まだまだ長いけれど、帰宅支援センターや駅で寒さに震えるよりもましな境遇。社内に残っている人たちとエヴァの話に華をさかせたりして(^^;;

まあ、ぼちぼちいくとしよう。
[PR]

  by yoshinoriueda | 2011-03-11 21:40 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://entre.exblog.jp/tb/12258185
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 地震に見舞われた東京から無事神... COP10&COP16全国説明... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE