和膠の滅亡?!ま、バッサリ前向きで行こう〜!

昨日の日経新聞の文化面に、日本画の接着剤となる和膠(わにかわ)が生産中止となり、業界関係者に不安が広がっているという話が掲載されていた。記事では、高齢化や所得低下など、他の伝統産業の担い手減少と同じ問題があるとのこと。

普段、家で目にする三千本膠(さんぜんぼんにかわ)がもはや手に入らなくなる事実はショックなことだが、もはや慌てても仕方がないと泰然自若としている日本画家である家人ヽ(´o`;

曰く、
滅びゆくものは、仕方がない。それを取り合っても仕方がない。

無いなら無いで書き方を変えるしかない。そこが腕の見せ所。
なんという達観。一気にここまでバッサリと行くか?!

ま、この精神を見習って、バッサリ前向きで行こう〜!

  by yoshinoriueda | 2011-04-24 22:30 | POP・movie・スポーツ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://entre.exblog.jp/tb/12470878
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 福島第一の事故が教えてくれる現... まだまだこれから!という意気込... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE