AWG@Panama 2日目は雷雨でスタート

パナマシティで開催されている気候変動枠組条約特別作業部会2日目。朝6時頃、雷雨で目が覚めた。昨夜はスーツケースを待っていたので、寝たのが深夜だったのだが、雷雨で叩き起こされるとは(^^;;


会場への移動は、タイ政府関係者とタイのビジネスセクターの人と一緒に乗り合わせた。


同乗早々、「日本は、原子力も石炭も選択しないとなると、何でエネルギーを賄うんだ?」という質問が浴びせられ、「それってタイも同じじゃない?」と切り返すと、「確かに。7割を天然ガスに頼っているけど、旺盛な需要を満たすためにこれからどうしたらいいか悩みどころだ」とのこと。


会場に着くと、プレナリー会場には、すでに傍聴の席取りをしている人たちがいて、その中には、私同様スーツケースをロストした人もいたりした。ヒューストンまで移動したはいいが、2時間遅れたので、パナマ行きの便がすでになく、ヒューストンで1泊することになったとか。今回が初の交渉への参加だったらしいが、ヒューストンで買ったステキな鞄が眩しく見えた。(ちなみに、共通の知り合いがいることも判明?!)

RIMG2867
RIMG2867 posted by (C)yoshinori

朝のビジネス界のミーティングは、会場の隣にあるシェラトンホテル。そこに向かう途中に日本の交渉官の方々が会場入りするところとすれ違った。とある交渉官の方は、交渉二日目にもかかわらずすでにガッツリと交渉されているようで、ちょっとお疲れの様子...


朝のビジネス界のミーティング(BINGO)の参加者は10名。あまりいない。というかかなり少ない。やはりパナマは遠いということか。あるいは、あまり進展しないだろうという読みからか。ちなみに、セキュリティは2カ所しか空いていないが、それほどこんざつしておらず、また、コンピュータの台数も少ないけれど、これまたそれほど混雑していない(^^;


会場に到着したころは、まだ小雨が降っていたが、すでに快晴となっている。会場の中は冷房がガンガンきいていて、温暖化に貢献している?!感じ。上着を着ていても寒いくらい。交渉自体もお寒い感じに見えるのだが、果たしてどうなっていくことやら...

  by yoshinoriueda | 2011-10-03 01:38 | エネルギー・環境 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://entre.exblog.jp/tb/13737211
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< Bon Profit @ Pa... スーツケース、とうとう... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE