「この世には二つの脳がある」

a0004752_21461569.jpg中央電気倶楽部の雑誌2012.2.1号に「夫婦脳―夫心と妻心は、なぜこうも相容れないのか」の著者・黒川伊保子さんの講演会の様子が掲載されていた。
私はよく「女性脳は感性の積分脳」「男性脳は感性の微分脳」だということをいっています。女性脳は、今の対話や思考に使う脳の一次処理領域に、何十年分もの記憶を一気に展開できる能力をもっているのです。0.6秒で展開できるともいわれていますが、これは赤ちゃんを育てるために、女性が神さまから授かった能力なのです。

だから、「おばあちゃんの知恵」という言葉もありますが、女性は長く生きれば生きるほど、咄嗟の判断に迷わなくなるのです。

私たち女性は咄嗟の判断に人生のすべてを使うのです。
なるほど。0.6秒ねぇ...一息吸ってる間に人生が展開するとは、恐るべし女性脳。
夫婦って、お互いに補い合うために一緒にいる...二人で組めば死角はない...

男女が一緒にいることの理由は、この世に二つの脳があることに起因します。

片方(男性)は空間の全体を把握し、獲物までの距離を正確にはかります。もう片方(女性)は目の前をなめるようにみて、他者の体調変化や食べ物の腐り具合を見逃さず、おしゃべりによって潜在情報を収集しながら、臨機応変に動きます。それが男女が一緒にいる理由なのではないでしょうか。
なるほど。しかし、食べ物の傷み具合には私のほうが敏感だったりするけど...^^;;

ま、何事にも存在理由がある、ということなのか。あるいは、それだけ違うんだから、全部理解しようってったって無理ってものなのかも。もともと違うものだと諦めておけば角がたたないかも\(^o^)/

  by yoshinoriueda | 2012-02-14 21:55 | 思うに・・・ | Trackback | Comments(3)

トラックバックURL : http://entre.exblog.jp/tb/14670144
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まこ at 2012-02-14 23:46 x
男女に限らず、違うと思ったら楽になりますよね。
違いは、間違いじゃないから。
そう思えて、争いが減るといいなぁ。

ちなみに、あきらめる=明らかに見極める のだそうです。先日読んだ本に書いてありました。
Commented by yoshinoriueda at 2012-02-15 12:03
「あきらめる=明らかに見極める」ですかっ!いいですね〜♪
Commented by yoshinoriueda at 2012-02-15 12:03
「違い」は「間違い」じゃないというのもいいですね〜♪

<< 新幹線で寿司弁当を食べながら帰阪〜♪ バレンタイン・ディナー w/ ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE