だから言わんこっちゃない〜太陽光発電全量固定価格買取制度は破綻する?!

電気新聞1面トップの記事は「独、太陽光全量買取13年廃止へ 買取負担重荷に」というもの。

だからいわんこっちゃない〜


これまでも、なんどもこの制度はダメだと言ってきたし、そういう主張を支持してきたが、現実が今、突きつけられたということである。

価格競争力がないから、政策的に優遇する措置がとられてきた再生可能エネルギー。

日本でも、経済産業省などが無理矢理進めようとしているが、そんなにうまくいくわけがない。

って何度も言ってるだろ〜

そろそろみんな目を覚ませよ〜

 



独、太陽光全量買取13年廃止へ 買取負担重荷に」@電気新聞

ドイツ政府は太陽光発電の全量買取制度を2013年から廃止することを決めた。 同制度のもとで太陽光の導入量が急拡大し、電気料金を通じた電力消費者の買取負担額が膨らんでいるためだ。 今年4月以降に電力系統に連系する太陽光については13年1月以降、各設備の発電量の10~15%を買取対象から外す。 買取価格は今年3月上旬に数割下げた後、5月以降はさらに毎月引き下げていく。 再生可能エネルギーの導入先進国でも、太陽光の大量導入に伴う費用負担に耐えかねる状況が生じている。 日本で進むエネルギー政策の見直し論議にも一石を投じそうだ。

ドイツ政府が23日に発表した素案によると、太陽光設備の価格低下にあわせて買取価格を下げ、設備設置が過剰にならないようにする。 全量買取をとりやめ、一部の発電量については自家消費や電力市場での売却を促す。 買取価格の改定前に駆け込みで系統連系に殺到する事態を防ぐため、買取価格の改定頻度を半年ごとから毎月に変える。年間の太陽光設置量には目標値を設け、目標値からかけ離れた実績となった場合は省令によって買取価格を修正できる。

  by yoshinoriueda | 2012-02-28 20:08 | エネルギー・環境 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://entre.exblog.jp/tb/14763676
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 地球温暖化問題について議論して... 欧州の排出権価格『崩壊』(英ケ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE