高台寺和久傳にて会食~♪

京都にて会食。駅からタクシーで高台寺方面へ。目指すは「高台寺和久傳」。知る人ぞ知る高級料亭である。

タクシーが店の前に止まると、お店の人が前まで迎えに来てくれるというおもてなし。高級料亭の雰囲気が漂う通路を抜け、玄関へ。こういうところに来るのは久しぶり。少し気が引き締まる感じ^^;

1階のL字型のカウンターがある部屋は、少し広め。2階のコタツの部屋はこじんまりしていた。どちらも掘りごたつになっていた。結局、2階の部屋でいただくことにした。

最初は、土筆が入ったお茶。(お湯?) 土筆が少し塩でいためられているのか漬けられているのか、食べてみるとそんな味と苦味が混じっていた。ちなみに、このお手拭、ふんわりとしていて高級感があった。

RIMG0235
RIMG0235 posted by (C)yoshinori

竹に入った生酒が名物らしく、いただいてみると、とてもおいしい。

RIMG0238
RIMG0238 posted by (C)yoshinori

そして、出てきたのが、おこわの上にウニと餡がかかっている一品。温かくておいしい。

a0004752_16583993.jpg


次は、河豚。長崎産。これはあの「長崎ふく」なんだろうか...と思いながら、久しぶりのふぐの食感を味わった。薬味がおいしい。

RIMG0239
RIMG0239 posted by (C)yoshinori

お吸い物。うるいと呼ばれる野菜と白きくらげが入っている。

RIMG0240
RIMG0240 posted by (C)yoshinori

もろこ。淡水魚。琵琶湖でとれたとか。もしかしたら、もろこを食べるのは初めてかもしれない。炭で網焼きされていたが、淡白ながら、なかなかおいしい。全部丸ごと食べることができる。

RIMG0241
RIMG0241 posted by (C)yoshinori

うなぎ。

RIMG0244
RIMG0244 posted by (C)yoshinori

はまぼうふう。砂地に生えるらしい。シャキシャキしていて、おいしい。うなぎの後にお口直しのような感じ。

RIMG0245
RIMG0245 posted by (C)yoshinori

宮崎の尾崎牛によるすき焼き。ツイッター@ozakibeefによると「良質の水、新鮮な空気、風抜けを含む環境にこだわり適地を探した牧場で、抗生物質、防腐剤、肉骨粉等を一切使用しない自家配合飼料で育てています。」とのこと。やわらかく、臭みもなく、とてもおいしい。いくらでも食べれそうなおいしさ。これぞ肉の最高峰という感じ。もしかしたら、これまで食べた中で一番おいしいお肉かも^^;

RIMG0247
RIMG0247 posted by (C)yoshinori

というわけで、ブルゴーニュの赤をいただいた。Domeine Seguin ManuelのSavigny Les Beaune。酸味が強い。すっきりとしておいしいのはおいしいのだが、一緒にいった連れ合いの方曰く、「開けてからの保存状態があまりよくない、あるいは古いのではないか」とのこと^^;でも、安物のワインよりは断然おいしいと感じたのだけれど...^^;;

RIMG0248
RIMG0248 posted by (C)yoshinori

〆はご飯。その前にお漬物。

RIMG0251
RIMG0251 posted by (C)yoshinori

いろいろ選べるのだが、少しずついただくことに。まずはイクラ。

RIMG0252
RIMG0252 posted by (C)yoshinori

梅干のお茶漬け。

RIMG0254
RIMG0254 posted by (C)yoshinori

牛しぐれとチャーハン。

RIMG0258
RIMG0258 posted by (C)yoshinori

もうおなかいっぱい。。。なんだけれど、果物。

RIMG0259
RIMG0259 posted by (C)yoshinori

そしてお菓子と抹茶。

RIMG0260
RIMG0260 posted by (C)yoshinori

話も弾んで、あっという間に11時。京都からの終電に近くなってしまったけれど、まあ、なんとか帰りつけるか。

大変おいしゅうございました。ごちそうさまでした&ありがとうございましたm(--)m


高台寺和久傳懐石・会席料理 / 祇園四条駅東山駅三条京阪駅

夜総合点★★★★ 4.5


[PR]

  by yoshinoriueda | 2012-03-01 01:00 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://entre.exblog.jp/tb/14789937
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 「脱原発」を掲げる人たちは必見... 地球温暖化問題について議論して... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE