雷鳴と稲光の中、会議で資料説明...

久々に稲光と雷鳴に見舞われた午後。大気が不安定になると天気予報で言っていたが、その通りになった。

ちなみに、稲光から雷鳴までの時間を計ると、どのくらいのところに雷が落ちているか分かる。

音の早さは340m/sであるのに対して、光の早さは30万km/sだから、光ってから音が聞こえるまでの間の秒数を音の早さに掛けてやるとよい。(光の早さは音の早さに比べて圧倒的に早いので、光が届いた時間をゼロとみなしてもいいレベル) まあ、中学校で音の早さなどは学ぶので、中学生レベルの知識があれば分かる話だけど...^^;

子どもたちがそばにいたら、そんな話をするだろうなぁとふと思いながら、会議で資料の説明をしていた...^^;; (あ、もちろん資料はちゃーんと説明しましたよ〜)

  by yoshinoriueda | 2012-05-29 23:57 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://entre.exblog.jp/tb/15444625
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 日本の政策形成はこうやってなさ... はも鍋@新町ほり川 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE