ノーベル賞の晩餐会で出された神戸酒心館の「福寿」で乾杯

新年は、ノーベル賞の晩餐会で出された神戸酒心館の「福寿 純米吟醸」で乾杯。

a0004752_1532667.jpg


参考:「神戸酒心館 かわらばん
「福寿 純米吟醸」がノーベル賞授賞式の晩餐会で提供されることになりました。

2012年12月10日、スウェーデン・ストックホルムで開かれるノーベル賞授賞式。
式典後の晩餐会で「福寿 純米吟醸」が提供されることになりました。
地元神戸大学ご出身である山中伸弥教授が受賞されたことの喜びとともに、
神戸の地酒『福寿』のお酒が栄えある場に花を添えることができ、神戸酒心館の社員一同
この上ない喜びに包まれております。
当社のお酒が高く評価されたことに慢心せず、今後とも更なる品質の向上に努めて参ります。

株式会社 神戸酒心館
代表取締役社長 安福武之助

We are pleased to announce that the FUKUJU sake will be selected and served at Nobel Prize dinner at which Shinya Yamanaka received the 2012 award.

Takenosuke YASUFUKU
KOBE SHU-SHIN-KAN BREWERIES,LTD


  by yoshinoriueda | 2013-01-03 15:06 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://entre.exblog.jp/tb/17090909
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 今年初めて見る富士山の風景 初詣@弓弦羽神社 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE