キセキという名のお店のお蕎麦 w/ ネバネバサラダ

経団連会舘ビルの地下は、ランチタイムも大賑わい。ただ、どうしても蕎麦が食べたくなって、「貴石」というお店へ。読み方が「キセキ」ということで、よく考えられている名前だなぁと感心。ちょうどいいタイミングだったのか、ほとんど待たずに店に
入ることができた。

カウンターとテーブル席があるお店で、奥には座敷もある。座敷の掘りごたつ席で相席となった。

少し待ってでてきたのがネバネバサラダのかかったお蕎麦。おくらや納豆、山芋などが、かいわれなどとともに盛られている。夏に精力のつきそうな野菜がてんこ盛り。

a0004752_17494130.jpg


だしをからめながら蕎麦をいただいたが、やはり東京の蕎麦は旨い!腰があるというか、どんなお店でもこれくらいの蕎麦が出せないとダメだってことなんだろう。いつどこで食べても、関西の蕎麦から比べれば感動モノ。

ごはんもついていたが、鮭がのせられているこのご飯、炊きたてのようでとてもおいしかった。米粒が旨いというのは、すべての食事をおいしく感じさせるような気がする。

ごちそうさま〜

蕎麦・酒膳 貴石そば(蕎麦) / 大手町駅竹橋駅小川町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


  by yoshinoriueda | 2013-07-11 12:53 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://entre.exblog.jp/tb/18089514
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ランチでちょっとタイに行った気... こんな時間にイケナイことをして... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE