中沢新一ってヒドくない?何が「日本の大転換」じゃ(*`へ´*)

『日本の大転換』(中沢新一)を読んでみた。著者は、「原子力技術は一神教的な技術」という。「一神教の出現とともに、そこに生態圏に所属しない神が組み込まれることによって、人類の宗教には不安定が持ち込まれた」とし、不安を煽っている。

しかし、著者が推すのは、「太陽」を中心にした世界であり、それこそ「一神教的」である。そのことに著者は気づいていない。それどころか、核融合技術が地上に「太陽」を作ろうとする暴挙であるかのように述べ、「俺の『太陽』を穢すな」と言わんばかり。

核融合と核分裂の違いをぼやかして描き、持論に有利な印象を醸し出そうとしている。自分のロジックに酔っている。

高尚っぽく纏められた文章は、ウブな人を惑わせる。騙くらかす。

知性ある人は、こんなエセ論者を信じてはダメだ。といわなくても、まあ、皆、分かっていると思うが;^_^A

また、つまらない本を読んでしまつた_| ̄|○

時間を返せ〜
[PR]

  by yoshinoriueda | 2013-10-04 23:20 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://entre.exblog.jp/tb/18729397
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 今日の新幹線はすいてる?! 米ハの五色おこわが今日の晩ご飯〜 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE