どんな言葉を選ぶかを考えるよりも「正しい問い」のほうが大切

どんな言葉を選ぶかも大切だが、正しく問いをたてないと、的を射たコミュニケーションにならない。とりまく状況から正しい問いを導くことの大切さは、よいコミュニケーションの重要な要素である。


そんなことは当たり前といえば当たり前だが、毎度毎度、思い知らされる。状況の捉え方が甘かったり、問いの読み方が甘かったり…


まあ、そんなことを思い知らせてもらえるだけでも、ありがたいということか。


それにしても、作った粗削りな回答案が、いろいろなところに使われていくのを目にすると、面映ゆいやら、嬉しいやら。ありがたいことで( ´ ▽ ` )ノ
[PR]

  by yoshinoriueda | 2013-11-12 07:17 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://entre.exblog.jp/tb/18954285
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 都内お出か時に東京タワーを発見〜♪ もうこんな季節... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE