子供と一緒にカプラ遊び@幼稚園〜♪

朝から子供の幼稚園で、カプラを使った親子イベント。カプラとは「魔法の板」という紹介がなされるように、それを積み重ねることで、どのようなものでも作ることができる。板の大きさはすべて同じで、5枚で正方形になるサイズ。

a0004752_15183078.jpg


a0004752_15203755.png


2万ピースのカプラが運び込まれて、まずはどこまで高く積めるかをやってみた。大人の背の高さまで積むと壮観。

その後は、みんなで町並みを作るという作業。それぞれが思い描くものを作っているのだけれど、橋や線路、船やビルなどいろいろなものができていた。

子供と一緒に作ったのは「タコ」の形をした建物。平たい板で球形を作るのは意外とコツが必要だった。足を作って、そこにも住めるような構造にしてみた。

最後は「ナイヤガラの滝」積みで大人の肩の高さまで積んだ壁のようなカプラのドミノ。崩れ落ちる音がカラカラと心地よい。

親が必死に作る姿を見て、子供たちは何を感じただろうか?

  by yoshinoriueda | 2014-02-01 15:22 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://entre.exblog.jp/tb/19412287
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 体験・体感・体得で伸びる!でも... 蕪庵@内幸町にて和食を堪能〜♪ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE