日本エネルギー会議主催「脱原発を進めるドイツの苦悩と現実」@ホテルグランドヒル市ヶ谷

山本隆三氏が話されるということで、日本エネルギー会議主催のシンポジウムに顔を出してみた。

川口マーン恵美氏の特別講演「ドイツの脱原発政権の現状と内実を語る」の途中から会場に入ったがほぼ満席。話が感覚的で新鮮さがなく、退屈だが、こういう話のほうが、普段エネルギー問題に関心がない人たちにはいいのかもしれない。メッセージは、ドイツが脱原発など実質的にはできないという現状を直視し、すぐにドイツの真似をするべきではないということ。

山本氏の話は、相変わらず漫才のようなノリ^_−☆原子力があるリスクだけでなく、無いリスクも考えるべき、特に経済の問題と安全保障の問題、という話。狭い話題にとどまらず、話に流れがある。だから漫才のように感じるのかもしれない。

データの使い方も上手い。時事問題もよく知っておられる。最後は、原子力が貧困と温暖化を解決するという論点と、自由化との関係。米国では、原子力の新設は自由化されてない州でのみ行われているが、日本も自由化の中で原子力をやるなら、どうやっていくかよく考えるべきとのご示唆。

日本では、電力システム改革が先行して、原子力をどうするかは、後追いになっているが、政策決定者は、声をあげている少数の国民と不勉強なメディア、そのメディアが使う似非専門家の意見ではなく、日本がどうあるべきかをしっかり見据えて、必要な措置をとって欲しい。

資料のサイトはこちら(http://enercon.jp/topics/7462/)
[PR]

  by yoshinoriueda | 2014-06-23 20:06 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://entre.exblog.jp/tb/19929375
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 今よし@サンケイビル地下にてラ... パナマコーヒーは細挽きで~♪ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE