総合資源エネルギー調査会電力・ガス事業分科会原子力小委員会第6回会合開催♪

a0004752_1134285.jpg

総合資源エネルギー調査会電力・ガス事業分科会原子力小委員会第6回会合が9時!(◎_◎;) から経済産業省の地下講堂で開催された。傍聴席はほぼ満席。連休明け早々の朝一から、皆さんご苦労様です( ´ ▽ ` )ノ

本日の議題は、核燃料サイクル・最終処分に関する現状と課題。

きちんと理解するのが難しい分野だが、委員の間でも現状を理解している人としていない人の差が激しい。「有識者」と呼ばれている人達でこのレベルだから、稚拙な報道しかできないメディアやその情報に頼らざるを得ない一般の方にとっては推して知るべしか。ただ、こうして議論がなされることで、相互理解が進んで欲しいところ。

【原子燃料サイクルに関する国の役割】
自由競争になじまない特殊なものなので、国全体として事業安定化の方策が模索されるべき。国として核物質を統合的に監視する体制の強化が必要。

重要性に鑑み、関与の基準を明確に設定しながら、国としての役割を果たすべき(安定的な資金調達のための債務保証、安全性の説明や県との調整等)。

事業スパンを考えるなら、国として責任をもって実施すべき。

政策変更などの極端なリスクについては国が負うべき。

消費地を交えた対応が必要。

【日本原燃の形態見直し】
コスト意識の高い民営体制、例えばAREVAのような国策会社がよい。

民間の活力を生かすことを考えると、NUMOのような認可法人化には反対。

民間だからといって活力があるわけではなく、競争が入ってはじめて活力が出るもの。日本原燃は活力がある企業という理解はしていない。認可法人化に関する議論は、事業継続を担保するという観点から重要。

株式会社なのか公的機関なのか形態は別に議論するとして、組織として責任をもって事業を進めることが重要。

NUMO化については、発電時に拠出金として回収するといった財務リスクの低減と、法人形態をどうするかという議論がある。

再処理引当金を拠出金にすることは喫緊の課題。

 
 



再処理の担い手、議論へ-総合エネ調原子力小委、きょう会合 2014/09/16 @電気新聞
 
今後の核燃料サイクル政策のあり方を巡る議論が本格化する。総合資源エネルギー調査会(経済産業相の諮問機関)電力・ガス事業分科会原子力小委員会(委員長=安井至・製品評価技術基盤機構理事長)はきょう16日の第6回会合で、使用済み燃料問題の解決に向けた取り組みと核燃料サイクル推進策を取り上げる。最大の焦点になるのは核燃料サイクルの中核である使用済み燃料再処理事業の推進形態と、乾式保管を含む中間貯蔵の立地促進策。再処理を巡っては前回会合で、実施主体の安定性をより高める仕組みに言及する意見が複数上がった。“再処理の担い手”について踏み込んだ議論が交わされそうだ。

再処理や濃縮、MOX(ウラン・プルトニウム混合酸化物)燃料加工事業は日本原燃が担っている。資金調達の際には電力各社が債務保証している。再処理をはじめとする核燃料サイクル自体はエネルギー基本計画で今後も推進する方向性が明示された。

一方、実施体制について経産省・資源エネルギー庁は「自由化・原発依存低減の中で安定的に実施する観点から見直すべき点はあるか」と問題提起。核不拡散など外交問題の側面も強いことから、前回会合では複数の委員が国の関与を一層強めるべきだと言及した。16日の会合ではこうした意見を踏まえ、実施主体の具体像を議論する見込み。


【誤報?!】日本原燃の経営形態見直し検討、「認可法人」化案も @TBS

政府は原子力発電所から出る使用済み核燃料の再処理を担う日本原燃について、現在の民間会社の経営形態を見直す検討に入りました。

 青森県六ヶ所村にある日本原燃は原子力発電所から出る使用済み核燃料の再処理を担っていて、電力会社が出資する民間会社です。

 この日本原燃の経営形態について、経済産業省は総合資源エネルギー調査会の小委員会で、国が人事権を持つ「認可法人」とするなどの見直し案を提示しました。

 電力自由化の後には電気料金の価格競争が激しくなることが予想されていて、電力会社が出資する民間企業では事業の安定的な運営ができないことが懸念されているためです。

 原発再稼働を進める政府としては国の関与を強める方向ですが、委員会の有識者からは「認可法人」では国の責任が明確ではないなどの批判も出ています。(16日10:39)


いや、今回は認可法人化の「提案」なんてされてないし、委員の中には反対の人もいたし。これから議論するってことなんじゃねの?
[PR]

  by yoshinoriueda | 2014-09-16 11:34 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://entre.exblog.jp/tb/20200534
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 「ぴゅあ 大手町店」にて焼肉ラ... 秋の味覚といえば( ´ ▽ ` )ノ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE