プリン体ゼロで、美味しいものは、実は健康に悪い?!

プリン体ゼロ・ビールは無意味? 肝臓障害や免疫力低下など健康被害の危険?」という記事によると、
「プリン体0・糖質0の発泡酒は、まずい」という声をよく聞きます。それもそのはずで、実はプリン体は、アミノ酸、脂肪と並ぶ三大うま味成分の一つなのです。そのプリン体をゼロにしてしまっているのですから、おいしいはずがありません。各メーカーでは、調味料や酸味料、甘味料などの添加物を加えて、なんとか味を調えようとしていますが、本来の発泡酒の味を出すことは到底無理なのです。

 また、甘味を出すために合成甘味料のアセスルファムK(カリウム)を使っていますが、アセスルファムKは健康に害を与える危険性がかねてから指摘されています。アセスルファムKを0.3%、1%、3%含むえさをイヌに食べさせた実験では、0.3%群でリンパ球が減少し、3%群では肝臓に障害が起こった時に増えるGPTの増加が認められました。つまり、免疫力が低下したり、肝臓がダメージを受けたりする可能性があるのです。

 プリン体は、私たちが普段食べている多くの食品に含まれており、それを摂らないようにすることなどまず不可能です。ですから、いくらプリン体を含まない発泡酒を飲んでも、ほとんど意味はないのです。問題なのは、アルコールを飲みながらプリン体を多く含む食品を食べることなのです。結局、プリン体を多く含む食品を食べ過ぎないようにすれば、通常のビールや発泡酒を飲んでも、痛風になることはないのです。
とのこと。プリン体ゼロのビールは、肝臓に障害が起こるような合成甘味料を飲むということなのか...

ま、よく分からんけど、そんなビールは飲んだことがないので、心配せんでもええか^^; ほどほどに飲めばいいってことで~♪

食べログ グルメブログランキング
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
 
[PR]

  by yoshinoriueda | 2014-11-03 13:56 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://entre.exblog.jp/tb/20346622
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 朝礼の風景: 朝早くからお疲れ... かなり遅ればせながらHappy... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE