鷹架地区のソーラーパーク。広大...湖のような...

鷹架地区ソーラーパーク。広大...

a0004752_635037.jpg


日照はどうなのかとか、強風には耐えられるのかとか、積雪の影響はどうかいったことは気になるものの、これらも高値で買い取られていると思うと、なんだかモヤモヤとした感情が...

参考:
六ヶ所村に建設中の115MWメガソーラー、敷地の高低差で2種類の施工法
現時点で建設中のメガソーラーでは日本最大の規模になる「ユーラス六ヶ所ソーラーパーク」の工事が中間点を過ぎて、設置済みの太陽光パネルは27万枚を超えた。2015年10月までに合計51万枚の設置を完了する予定だ。2カ所に分かれた建設用地では高低差を考慮して異なる施工法を採用した。...

「鷹架(たかほこ)地区」は、近隣の港の土木工事で採取した砂を使って埋め立てた平坦な土地である。このため一般的なコンクリート基礎の上に架台を設置する施工法を採用した。架台の大きさは3.0×23.3メートルにして、42枚の太陽光パネルを搭載できるようにした。

 ただし鷹架地区は埋立地であり、大地震が発生した場合には地盤が液状化して架台が沈下することも想定される。その対策として、基礎と架台のあいだに高さを調整できるスペーサーを挿入した。

 2カ所に設置する太陽光パネルは発電効率の高い単結晶シリコンタイプを2つのメーカーから調達する。合計51万枚の太陽光パネルによる年間の発電量は1億3000万kWhを超えて、一般家庭で約3万8000世帯分の電力使用量に匹敵する見込みだ。六ヶ所村の総世帯数(約4600世帯)の8倍に相当する。

工事の最盛期を迎えたユーラス六ヶ所ソーラーパーク
パネル概要 :

■千歳平北地区

サンパワー社製、発電能力327W/枚、シリコン系単結晶、
寸法・重量1,559×1,046×46mm、18.6kg/枚

■鷹架地区

三菱電機製、発電能力261W/枚、シリコン系単結晶、
寸法・重量1,657×994×46mm、20kg/枚

■共通風荷重

基準風速34m/秒

清水建設、六ヶ所村に国内最大のメガソーラー
清水建設は、青森県六ヶ所村で国内最大となるメガソーラー「ユーラス六ヶ所ソーラーパーク」の建設に2013年8月29日に着手した。総出力は11万5000kWで、一般家庭約3万8000世帯分に相当する電力を供給できる。

 六ヶ所村内の合計253ha(ヘクタール)の敷地に、約51万枚の太陽光発電パネルを設置する。パネルの設置箇所は鷹架地区(140ha)と千歳平北地区(113ha)の2カ所に分かれている。鷹架地区には三菱電機製のパネルを約30万枚、千歳平北地区には米サンパワー製のパネルを21万枚設置する。

 清水建設は、風力発電や太陽光発電事業を手掛けるユーラスエナジーホールディングス(東京都)が設立したSPC(特別目的会社)のユーラス六ヶ所太陽光から設計や工事を受注した。設計を含めた工事の請負金額は約410億円だ。

 工事内容はパネルの基礎工事や架台・パネルの設置のほか、両地区の発電設備と変電所を結ぶ合計16キロの地中埋設送電線の敷設、2基の変電所の設置から成る。2015年11月の発電開始を目指す。
■工事概要
発電所名=ユーラス六ヶ所ソーラーパーク
所在地=青森県上北郡六ヶ所村(鷹架地区、千歳平北地区)
発注者=ユーラス六ヶ所太陽光
設計者=清水建設(電気・造成・架台・基礎)
発電規模=系統連系容量11万5000kW(発電設備容量14万8000kW)
モジュール=シリコン系単結晶太陽電池(三菱電機製、サンパワー製)
工期=2013年8月~2015年12月



にほんブログ村 企業ブログ 電気・ガス・水道・熱供給へ
にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ

 
[PR]

  by yoshinoriueda | 2015-03-06 13:01 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://entre.exblog.jp/tb/21001948
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< こんなところでデジタルデトック... 六ヶ所村にある「ろっかぽっか」... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE