「研究は厳密に、粘り強く」「ホンマか?」という姿勢を貫かれた結果…

a0004752_07145222.jpg


恩師 上田睆亮(よしすけ)先生が瑞宝中綬章受章の栄誉に浴され、記念祝賀会が京都オークラホテルで開催された。いまだお元気で何より何より。

お祝いの言葉の中で、上田先生が昔から「研究は厳密に、粘り強く」という姿勢を貫かれていたこと、そして面白い結果がでると、「ホンマか?」と聞かれたことが紹介されていたが、それは、自分が忘れかけていたことを思い出させてくれた。卒業後20年以上経っても思い出すことができるのは、あのとき一緒に考えさせられ、その時なりに真剣に取り組んで来たからだろう。

非線形力学とカオスの研究は奥が深く、応用面でも広がりがあり、とても面白い分野である。上田先生は、いまだに研究を続けておられ、世界一目指して日々、精進されているのだとか。

いくつかの運でそんな恩師に巡り会えたことは、振り返ってみるととても貴重だったと思う。

上田先生、おめでとうございました!私も頑張ります。そして、上田先生の「次」を期待しています~

  by yoshinoriueda | 2017-07-30 13:30 | キャリア・生き方・教育 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://entre.exblog.jp/tb/237398945
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 懐かしい風景@鴨川・下鴨 #京都 千駄木・谷中銀座の「和味(なご... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE