徳島のラウンジMASAHIRAで食べた塩味のイチゴ

徳島といえば、特産はすだちやたけのこ、みかん、きゅうりなどがあるそうだが、これに加えてイチゴもよく栽培されているらしい。ラウンジAccueil MASAHIRAで出てきたイチゴを食べて新鮮だったのは、その味。

なんと塩がかかっていた!のである。

昔から、イチゴは、つぶしてミルクをかけて食べるのが好きで、風邪をひいたりしたときには、ついついイチゴミルクが食べたくなる。ちなみに、体調が悪いときにイチゴがなければ、ミルクに少しだけ砂糖を混ぜて、その雰囲気だけでも味わっていた。

それぐらい好きなイチゴだが、塩をかけて食べるのは初めて。なんだか不思議な感覚で、おもしろかった。

a0004752_1349512.jpgちなみに、accuielとはフランス語で「ようこそ」といった意味だそうである。お店もなかなか粋な感じで、偶然にも東京や大阪で暮らしたことがある女性も多く、なかなか親しみやすかった。仕事などでは安心して利用できる店だと感じた。
 
[PR]

  by yoshinoriueda | 2007-05-12 13:50 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://entre.exblog.jp/tb/5572327
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by カンパチ at 2007-05-12 17:21 x
スイカに塩、と同じ原理ですね~。今度やってみようかな。
Commented by yoshinoriueda at 2007-05-12 20:29
そう、そのとおり!ポイントは、塩をかけすぎないことかな。是非一度お試しあれ~♪

<< 山本珈琲館の「コク出し焙煎仕上... ガンダムの操縦席に似たタグ・ボ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE