大阪人の時間感覚

大阪人には「いらち」な人は多いかもしれない。セイコーが時間感覚についてのアンケートを実施した結果、
あこがれのレストランで注文した料理がなかなか出てこない。こんな時"東京人"の12%が30分は気持ち良く待てるのに、"大阪人"ではわずか3%-。セイコーが10日の「時の記念日」を前に、生まれも育ちも東京・大阪の男女に尋ねたアンケートで、大阪人の"いらち"(関西でせっかちのこと)を裏付けるこんな結果が出た。ファストフード店では「注文まで何分以内なら並ぶか」は、「1分以内」が大阪3%、東京は18%。
といった事実が判明したらしい。

たまに東京に出張に行って、昼ご飯を食べようとしたとき、店の前に行列をなす人たちにギョッとすることがある。関西で行列をなすお店というのは、TVや雑誌でとりあげられて話題になったとか、あるいは、絶品と言われるほど美味しいとか、そんなお店が多いのだが、東京の場合は、なぜだか別にそれほどでもない味の店も多い。(しかも、なんだか値段も割高に感じることも多い(^^;)

それにしても、データでこんな事実が明らかになるとは、なかなか面白いですなぁ~
 

  by yoshinoriueda | 2007-06-09 13:19 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://entre.exblog.jp/tb/5711642
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 入梅 パレットに出した絵の具のように・・・ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE