姫路駅名物「えきそば」に挑戦

a0004752_21135984.jpg話題の(?!)姫路駅名物「えきそば」に挑戦!

黄色いそばが濃い目のだしにつかっていて、和風だしのラーメンを食べているような感じ。


店内の「えきそばの起こり」という張り紙によると、
太平洋戦争の終戦後、姫路駅で麺類を販売しようと計画し、うどんを試作。うどん鉢は出雲今市にあるものを仕入れ、うどんの販売を始めました。

しかし 当時 うどんはいたみが早く、長持ちさせるには、と考えた末、うどんをあきらめ、度々の試作の結果、黄色いそばを考案。当社独自でその製造にのりだし、だしは評判が良かった為、そのままで、黄色いそばに和風だしという一見ミスマッチの商品が生まれました。

その後、昭和24年10月19日 姫路駅ホームにおいて、それをえきそばと名付け、えきそばの立ち売りを始めました。その当時の販売価格は、せともの容器付 50円でした。

a0004752_2123296.jpgとのこと。今は、てんぷらがのった黄色いそばで330円也。かなりのお値段(^^;

大阪人のコストパフォーマンスの感覚から言えば、きっと、レベルが低いほうの部類に入るのではないかというのが率直な感想(^^;

ま、モノは試し、ということで...
 

  by yoshinoriueda | 2007-08-10 21:24 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://entre.exblog.jp/tb/5982545
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ウシっ!? 暑い中にも涼しげな姫路城 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE