青木松風庵の生クリーム大福

青木松風庵の「生クリーム大福」をいただいた。生クリームと餡が、柔らかな餅で包み込まれていて、とても美味しい~♪ もともとが凍らせてあるようで、外側のお餅が柔らかくなったときが食べごろというちょっと変わったお菓子だった。

小豆や抹茶という餡は大福としたら普通の発想だが、黒胡麻やカフェオレ、オレンジといった餡もあり、特にこのオレンジがなかなか変わっていて夏の暑いときにはもっとピッタリだろうなぁと感じた。


青木松風庵
は、和歌山にアベニールという洋菓子のお店を開いているらしく、そこの洋菓子の技術と、松風庵の和菓子の技術が融合されて出来上がったようだ。

気ままに食べ歩き」というブログによると、ロールケーキはイマイチだったようだけれど、この生クリーム大福、特に黒胡麻とオレンジは美味しかった~♪

参考:アベニール@バーチャル和歌山
 
[PR]

  by yoshinoriueda | 2007-10-08 18:46 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://entre.exblog.jp/tb/6280733
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< まだまだこれから!ガンバレ、上... 秋の味覚占い >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE