米子出張

a0004752_21592848.jpg伯備線で北へ。

新郷(にいざと)や根雨(ねう)といったところは、雪があったが、米子まで出ると、全く雪はなかった。

それにしても、やくも振り子式の振動には、毎回酔ってしまう...(××)

幼い頃、よく乗り物酔いをしていたのの名残りかと思いきや、山陰地方のとある企業の部長曰く、大阪に日帰りすると、行きのように元気なときは酔わないけれど、仕事を終えて日帰りするときには、さすがにフラッとくるとのこと。やっぱりこの振動に酔うのは私だけではないようだ。

酔ったとはいえ、食欲だけは衰えないのか、昼時、米子駅近くの備長炭炉端 まつだ家tabelogリンクはこちら)でランチをがっつりいただいた。

ランチ1,000円で、「揚げ物、煮物、蒸し物、茶碗蒸し、ごま豆腐、そば、ごはん、味噌汁、漬物、コーヒー」と、てんこ盛りのフルコース。味もかなりいけてる。

思わずごはんのおかわりを頼んでしまった...(^^;

***

帰りはもう夕暮れ時。仕事が長引き、予定していた電車を一本乗り過ごす。

と、これまた、1時間待ち...マイッタ...(××)
a0004752_22161553.jpg

それはそうと、今回のお土産は、お菓子の壽城のとち餅。
a0004752_2285275.jpg

ふと、販売を再開した赤福を思い出しながら、あまいデザートを堪能した。

  by yoshinoriueda | 2008-02-06 22:19 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://entre.exblog.jp/tb/6764158
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 快晴のサンフランシスコ国際空港 これでもうコワイものナシ!? >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE