Wine Photography

R25の「Windows XP標準の壁紙「草原」 あの丘はどこにあるの?」という記事で紹介されていたWine Photographyのサイトを覗いてみた。

記事では、写真を撮った人について、「『ナショナル・ジオグラフィック』で25年以上のキャリアがある、カメラマンのチャールズ・オレア氏。ナパバレーに居を構える彼は、地元と世界中のワイン生産地を巡り、ワイン作りにまつわる風景写真を撮影しているらしい。」と紹介されていたが、どの写真もきれいだと思う。

中でも目を引いたのは、この写真

a0004752_12164119.jpg

ふとNapaやSonomaに行きたくなった。
[PR]

  by yoshinoriueda | 2008-02-24 12:17 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://entre.exblog.jp/tb/6828513
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 「合コン力検定」を受けてみた 神戸の朝も雪景色 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE