炭火焼肉 銀のて 梅新店

a0004752_21274067.jpg久しぶりに職場の仲間と懇親会。もしかしたら5~6年ぶりくらいかも...(^^;;

宴席会場は「炭火焼肉銀のて梅新店」。

和歌山の名手酒造店の黒牛を少しいただきながら、やみつきキャベツや和牛ツラミの味塩ねぎ添えをつまみつつ、生レバーなどの生肉を堪能し、それに続くのは、コリコリや赤センなどのホルモン。

お腹がいっぱいにならないうちに味わうため、最上級みちのく特撰牛のサーロイン、テンダー、ミスジなどをいただいた。サーロインもテンダーも柔らかくてボリュームもあって、とても絶品。ミスジはそれに比べれば淡白な味わい。でも美味しいことに変わりはない。

芯タンはなかったが、厚切りタンをいただき、カルビは焼きしゃぶをポン酢でいただいた。焼きシャブ系は、肉の味を堪能でき、かなりコストパフォーマンスがいい。

冷麺でしめようと思ったのだが、気になったのは、丹波の黒豆塩ごはん。頼んでみると、40~50分かかるとのこと。店員さん曰く、「最初にご案内しておけばよかったですね...」。そう、最初に案内しておいて欲しいものだ。

デザートは「さつまdeアイス」と「玉肌美人」。さつまdeアイスはさつまいものあたたかさとアイスの冷たさが口の中で溶け合っていた。玉肌美人は、いわゆるプリン。これもなかなかのお味。

どれもとても美味しいのだが、「幻の塩」という塩は、うま味がきつく感じられて、ちょっと飽きがくる。キムチも同じような味付け。ゆず胡椒やカラシ、わさびといった薬味があれば、もっと味のバリエーションを楽しめると思うのだが...


関連記事
幻の塩でいただく超お値打ち焼肉! 西天満 「銀のて」@Mのランチ
♪銀のて続・関西OLうまうま日記~1103店の感想
[PR]

  by yoshinoriueda | 2008-03-26 23:24 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://entre.exblog.jp/tb/6945051
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< サクラサク@日比谷公園&話にも... 「不都合な真実」 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE