「千田彩子」というフォトグラファーと「まるせん」@溜池山王

ウェブの細道はいつになるのかな?」というエントリーで述べたように、「私塾のすすめ」(齋藤孝・梅田望夫著、筑摩書房)の帯に使われている写真は、著者らの表情をうまく捉えていると思う。本文の中の「はじめに」の前のページにも著者らの写真があるのだが、これを見ると、「写真(c)千田彩子」と書かれている。

ウェブで検索してみると、この千田彩子さんは、溜池山王にある「まるせん」というお店も経営しているようである。Yahoo!グルメによると、
厳選素材と諸国の調理法で生み出す創作和食
国内外を旅するうちに、各地特有の素材と料理に魅せられたという女性カメラマンが開いたお店。旬の素材と各国のスパイス、調理法によって生み出す、和食を基本とした創作料理が人気。日本酒はオリジナルの「まるせん」など7種。
とのこと。昔、よく溜池山王に行ってたのだが、また機会があれば訪れてみたい。

  by yoshinoriueda | 2008-05-10 14:46 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://entre.exblog.jp/tb/7094690
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 「ハンディ12以上の人間には投... 「人はただ自分の愛する人からだ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE