氷見牛カレー

a0004752_10523845.jpgスーパー「買い物カゴ」持ち去りの頻発 「住みやすさ1位」富山県どうしたの?」(Excite エキサイト : 社会ニュース)の下にリンクされていた「ギャル曽根絶賛「氷見牛カレー」 「実はちょっと困っている」 : 2008/05/26」という記事を読んだ。

いまさらながらの話だが、この氷見牛カレー、なかなか美味しそう!

ギャル曽根が「野菜、フルーツの旨みがマッチしたカレー」と絶賛した番組放送後、注文が急増し、1週間でおよそ1万食以上が出ているとか。
この突然訪れたブームについて、

「実はちょっと困っている」

と、佐藤社長は打ち明ける。

もともと地元氷見を盛り上げようという目的で作ったレトルトカレーだったが、氷見牛の生産業者は12人、牛は2000頭しかいないので、需要と供給のバランスが崩れているのだ。1頭の牛からは2000食しか作れない。いまは、品薄状態の「氷見牛」を探し回っている状態という。

「今後は予約販売というかたちで、"お1人様2食"くらいに限定して販売することを考えている。1ヶ月に2000食くらいの従来のペースで販売していきたい」
うーん。どこぞの食品メーカーなどとは全く違うなぁ。それにしても食べてみたいものだ。
[PR]

  by yoshinoriueda | 2008-09-23 10:51 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://entre.exblog.jp/tb/7511081
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 世界に主張が受け容れられるため... 省エネは貧困を解決する一手段 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE