六角や 京都駅前店にてプチ晩ご飯

a0004752_21295775.jpg京都に出張。会議が終わり、蒸し暑さに負けて、一杯ビールを飲んで帰ろうと、連れ合いとふらりと京都駅付近を探索。

下京区役所から京都タワーを目印に少し歩いていると、京町屋風の飲み屋が何軒か並んでいた。ちょっと奥まったところに提灯が光っていたのに誘われて立ち寄ると、なんだか美味しそうな雰囲気~♪

六角や」と書かれた白い暖簾をくぐって店に入ると、カウンター席やテーブル席が見えた。通されたカウンターの中には、美味しそうなおでんがクツクツ。

とりあえずビールを流し込みつつ、漬物の盛り合わせと名物どて焼きを注文。お店の枕詞に「京味噌」というのが入っていたので、それがウリなのだろう。


a0004752_2133595.jpg連れ合いは、おでんを注文。おでんにも味噌がかけられて出てきた。ちなみに味噌は、京都丹波の京丹味噌だとか。なかなか美味しそうだった。( ̄¬ ̄) ジュル

どて焼きは3本セットだったが、用意されているのを横目で見た連れ合いが、
「この年になってケンカはせーへんと思っていたが、そうやって出てくるなら、ケンカになるかもしれんから、4本にして~」
と注文変更(^^;; 

3本以上なら、何本でも用意してくれるというきめ細かさがうれしい。

a0004752_21401789.jpg早くも、連れ合いは、爽やかそうな炭酸と、さっぱりしそうなレモンが入っているハイボールを飲み始めた。

それを見ていると、あまりに美味しそうでもあり、また、目の前に「女将も大好き」というなので、つい、つられて、こちらも注文(^o^)/

久しぶりに飲んだ気がするけれど、懐かしくもあり、また、美味しくもあり。ついついピッチがあがってしまった(^^;;

最初は軽く食べて帰るつもりだったけれど、家には晩ご飯が用意されていないことを携帯メールで知り、急遽、「牛とろ丼」を注文。

a0004752_2143811.jpg上に乗っているのは凍っていて、ご飯と混ぜることで、少しトロけはじめる。口の中に入れると、シャリシャリとした食感と、それが口の中で溶ける感覚を味わうことができ、絶妙の美味しさ。味は、山葵醤油なのだが、これはクセになるかも!

女将いわく、女性の場合は、1杯を2人で分けるようオススメするとか。私の場合は、ペロリと平らげてしまったのだが...(^ー^)

いろいろと細かい気が利く美人女将との会話も楽しく、ちょっと立ち寄ったつもりが、なかなか気に入ってしまった(^o^) 

ブログの記事を書きながら知ったのだが、このお店は、先斗町にある串かつ料理の「こぱん」というお店と同じ系列の模様。ちなみに、「こぱん」もなかなか美味しいところだった。 

a0004752_21503738.jpg美人女将のお許しを得て、後姿をブログにアップしてもいいということになったので、一枚パチリ。御顔のほうは、是非、お店を訪ねてご確認のほどを~
m(--)m 

お手頃価格で、ほっと一息。京都に行ったら、また立ち寄りたいお店ができた。

【参考】六角や
 京都市下京区東塩小路町693
 075-354-3789
 17:30~24:00(L.O.23:30) 無休

公式サイト:京味噌旬菜 六角や
ぐるなび:京味噌旬菜 六角や 京都駅前店
食べログ:六角や 京都駅前店 (居酒屋 / 京都、五条、七条)★★★★ 4.0

  by yoshinoriueda | 2009-07-28 22:04 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://entre.exblog.jp/tb/8717640
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 「政党政治の精神」を考える(佐... またもや「個室の和座 舞月(ま... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE