2012年 02月 16日 ( 1 )

 

「第4のエコカー」クリーンディーゼル採用のマツダのSUV・CX-5発売〜♪

マツダがクリーンディーゼルを採用したSUV「CX-5」を発売〜♪

クリーンディーゼルの特徴は、高効率で高い動力性能。割安な軽油も魅力ということだが、「マツダ、SKYACTIV技術をすべて実装したSUV「CX-5」発売」という記事によると、CX-5は18~18.6キロ(いずれもJC08モード)とのこと。価格は、258万円~319万円。ネット上では安いという評判だが、やはりガソリン車よりも高いのが気になるところ。ただ、ガソリン車の燃費は15.6~16キロなので、ディーゼルのほうが燃費はいい。

日経の「マツダが新型SUV、「CX―5」 燃費を改善」という記事によると、
マツダは16日、新型の多目的スポーツ車(SUV)「CX―5」を発売したと発表した。CX―5はエンジンや変速機、ボディーなど基幹部品の構造見直しで環境や走行性能を向上させたマツダの次世代環境技術「スカイアクティブ」を全面採用したモデル。2.0リットルのガソリンエンジンに加え、新たに開発した2.2リットルの低公害型ディーゼルエンジン搭載車の2タイプを用意した。ガソリンエンジン車の販売価格は205万円、ディーゼルエンジン車は258万円からに設定した。国内の月販目標は1000台。海外でも順次発売し、世界販売は年16万台を目指す。

マツダ「CX-5」のディーゼルタイプはSUV最高の燃費効率

 新開発のディーゼルエンジンは、従来型に比べ燃費性能を改善したほか、ディーゼルから排出される有害物質の窒素酸化物(NOx)を処理する専用装置を使用せずに新環境規制に適合することに成功した。ディーゼル用に開発したアイドリングストップ機能も搭載。ディーゼルエンジン搭載車の燃費は、実際の走行パターンに近いJC08モードで燃料1リットルあたり18.6キロメートルと、現行のSUVでは最高水準を実現した。ブレーキの自動制御で衝突被害の軽減を図る安全システム「スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)」も一部で標準装備した。

 発表会見で山内孝社長は「CX―5はマツダの将来を担う車の一つで、まさに社運をかけた車だ」などと述べた。CX―5はエコカー補助金の対象車。
CX-5のサイズは大きめのようだが、果たして日本でどれだけ売れるだろうか?個人的には、ハイブリッドになるとさらに面白いと思うのだけれど^^;

一方、SUVではないが、荷物も積める上にハイブリッドとなっている、ホンダのフィットシャトルのハイブリッドの燃費は、25キロ。サイズも5ナンバー。こちらもなかなか面白いと思ってみているのだが、売れているのだろうか?あまり道路では見かけることはないのだけれど...

一度、試乗してみようかな〜♪

  by yoshinoriueda | 2012-02-16 23:57 | POP・movie・スポーツ | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE