2016年 02月 13日 ( 1 )

 

原子力緊急事態支援センターね...:原子力災害の対応拠点、美浜で着工式 ヘリポートなど整備

原子力災害の対応拠点、美浜で着工式 ヘリポートなど整備」という記事によると、
原発事故など原子力災害発生時の収束活動に当たるため、県園芸研究センター(美浜町久々子(くぐし))の一画に整備される「原子力緊急事態支援組織」の拠点施設の着工式が12日あった。3月にヘリポートなど一部施設の運用を開始し、12月には本格運用に入る。

 施設は、約2万6000平方メートルの敷地内に、資機材の保管庫や、ヘリポートなどを整備。日本原子力発電の敦賀総合研修センター内に置かれた「原子力緊急事態支援センター」(敦賀市沓見)を母体として21人の要員を配置する。平常時は、がれき除去などで活躍する遠隔操作ロボットの操作訓練などを行い、災害時には、資機材や要員を現場へ派遣して高放射線量下での事故対応に当たる。

この日の着工式には原電の村松衛社長や山口治太郎美浜町長ら約40人が出席。村松社長は「最新の知見を取り入れるなど安全を肝に銘じ、少しでも地域の発展に貢献できる形で事業を進めていきたい」とあいさつした。
とのこと。こんなロボットたちが活躍するようなことがありませんように...

参考:日本原子力発電 原子力緊急事態支援センター




にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへにほんブログ村 企業ブログ 電気・ガス・水道・熱供給へにほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ
食べログ グルメブログランキング人気ブログランキングへ


  by yoshinoriueda | 2016-02-13 06:39 | エネルギー・環境 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE