「ほっ」と。キャンペーン

<   2004年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

Career Education Corporation

Career Education CorporationのCEOであるJack Larsenの講義を聴いた。

コンサルタントに「やるな」といわれたオンライン教育を始めて、軌道に乗せた彼の発言は、こうである。

「やるな」といわれれば、それは、「やるべき」ものである。
Beware of Advice!

人はいろいろ言うけれど、結局、起業家は、"Listen to your gut"、自分の情熱に従うべきなのだろう。
[PR]

  by yoshinoriueda | 2004-02-28 14:18 | スタンフォードで感じる! | Trackback | Comments(0)

NuCORE Technology Inc.

NuCORE Technology Inc.の創業者兼CTOの渡辺誠一郎氏の講演会がSVJEN(シリコンバレー日本人起業家ネットワーク)で開催されました。

渡辺氏の起業を通じた体験談は、とても面白かったのですが、逆に、日本語であれば、英語と比べてこれだけとれる情報量が違うのかと、ちょっとショックを受けました。

ちなみに、NuCOREはシステムチップの会社で、KyoceraのSL300Rというデジカメに採用されているそうです。Single CCDでありながら、RGBの3原色を分離した形で取り込むことと、ノイズの発生を抑えることを特徴とした"Clean Capture"という技術と、デジタル画像をバッファに貯め込まないパイプライン並列処理による連写技術を売りにしています。

普段デジカメで写真をとる際、いいタイミングで撮ることはなかなか難しいのですが、連写ができれば、ベストショットを「探す」ことができるという利点があり、デジカメ業界では、「もはやムービーか静止画か分からない」という方向性に向かっている市場とマッチしているとも言えるようです。

a0004752_155259.jpg


話の中で一番面白かった点は、VCの審査を通じて、「桁違いを3つ」要求されたというものでした。従来とは桁違いとなる性能上のポイントを3つは持っていなければならないというものですが、これは、徹底した差別化を念頭に置いたVCの見方だと思います。

渡辺氏は、「実際、競合する会社が出てくると、すぐに追いつかれるので、その程度の差別化は必要だ」という実感を語っておられました。桁違いの性能は、時間とともに食い潰されるので、企業が生き残っていくためには、その間に次の桁違いの性能を開発していかなければなりません。まさに、ベンチャービジネスの厳しさを物語っている一面だと言えるでしょう。
[PR]

  by yoshinoriueda | 2004-02-27 15:51 | シリコンバレーで感じる! | Trackback | Comments(0)

I prefer "A team with an A idea".

A team with a C idea, over a B team with an A idea.

すばらしい(Aクラス)のアイデアを持っているどこにでもありそうな(Bクラス)のチームより、アイデアはそこそこ(Cクラス)であってもすばらしい(Aクラス)チームを選ぶべきである。

これは、マネジメントチームの重要性を教えてくれるSilicon Valley Sayingである。

先日覗いていたスタンフォードのビジネススクールでは、学生がスピーカーである起業家に対して、どちらをとるべきか質問していた。

そのときの起業家の答えはこうである。

I prefer "A team with an A idea".

すばらしいアイデアを持っているすばらしいチームに仕事を任せるということである。当たり前なのだが、そうすべきところだ。起業家は、相容れないものをあきらめるのではなく、それを達成してはじめて「起業家」なのだろう。

あなたはA teamにいますか?A ideaを提案し、実行していますか?
[PR]

  by yoshinoriueda | 2004-02-26 11:38 | スタンフォードで感じる! | Trackback | Comments(0)

Entre Conference 2004

a0004752_101215.jpg
スタンフォード大学のビジネススクールで、Entrepreneurshipに関する会議がありました。いろいろな企業やVCからパネリストを招き、講演を聞くというスタイルの会議で、参加者は、実際に起業している人や、ビジネススクールの学生などです。

印象に残った発言は、「起業家は育てられない」というものです。

これは、シリコンバレーの中でも伝説的なベンチャーキャピタルであるクライナー・パーキンス(Kleiner, Perkins, Caufield & Byers)のパートナー、ラッセル・シーゲルマンの発言です。

この発言、みなさんは、どう思われますか?

参考:Entrepreneurshipに関する会議(ポップアップをブロックしてからどうぞ!)
[PR]

  by yoshinoriueda | 2004-02-22 10:13 | スタンフォードで感じる! | Trackback | Comments(0)

祝!ブログ、スタート!&祝!シリコンバレー滞在6ヶ月!

a0004752_145318.gifシリコンバレーに滞在して、ちょうど6ヶ月が経ち、ようやくこちらでの生活にも慣れてきました。そんなわけで、こんな形で情報発信に取り組んで行こうと思います。

初日ですので、ここで、少し自己紹介を...。

現在、スタンフォード大学にvisiting fellowとして在籍して、IT関係の勉強や経営関係の勉強、起業家教育の研究などをしています。生まれも育ちも関西です。

学生時代は、海王星での電波伝搬や電力系統におけるカオスの研究などをしていましたが、その後、中小企業診断士(情報部門)となりました。

<写真>スタンフォード大学 Main Quad の回廊
[PR]

  by yoshinoriueda | 2004-02-18 14:50 | つれづれなるままに...

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE