「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 05月 ( 48 )   > この月の画像一覧

 

チーフ・ブロガー(CB)という肩書き

”CB”といっても、転換社債(Convertible Bond)や生物化学兵器(Chemical and Biological Weapons)ではなく、Chief Blogger

そんな肩書きが名刺に輝く日は、もう既にやってきているのかもしれない。5/31付けの Wall Street Journal によると、ダノン・グループ(日本ではカルピス味の素ダノンがヨーグルトを販売しているようだが)傘下のStonyfield Farmは、Christine Halvorson氏をチーフ・ブロガーとして雇ったとのこと。

ちなみにこのStonyfield Farmは、organicな乳製品を提供している企業。

以前、paid blogger、いわゆる、企業に雇われてその企業のことを書くブロガーについて、賛否両論の議論があったが、いまや求人広告には "Blog savvy is a must" という表現も出てきているらしい。そして、気になる給与は、登場したChristineさんの場合は400万円台とのことだが、だいたいその辺りから600万円くらいまでの間に落ち着いているらしい。

ブロガーを探している雇用主は "good at expressing themselves" な候補者を探しているというが、これは世界共通なのだろう。というのも、面白いブログというのは、扱っているテーマを元に作った「自分の世界」が伝わってくるものが多いと感じるからである。そこには言語はあまり関係がない。そして、そんな面白いブログを作ることができる人という意味で言えば、表現の仕方に文化の差はあっても、その文化の中で "good at expressing themselves" ならば、それは、必要としている「人材スペック」に合うといえるだろう。

HDDレコーダーの普及によりテレビ広告費が無駄になるという推計もあり、テレビCMの価値が奈落の底へといった話もあるようだが、既に既存の広告手段が実効性を失いつつある今、消費者と "Digital Handshake" できるblogというツールは、ビジネスに携わる者ならば、頭だけでなく体でも理解していなければならないものになりつつあるのかもしれない。

とはいえ、「CB」という肩書きは、いずれ消えてなくなりそうなするが気もする。それとも、そんな漠然とした予想に反して、企業の広報部隊のエリートがこれを使うようになる日がくるのだろうか...あるいは、進化して、CBT(Chief Blogger-Technology:ブログの技術的な面を統括する人)とかCBC(Cheif Blogger-Contents:ブログの内容を統括する人)とか、そんな風に変わっていくのだろうか?<えっ、もうやってるって!?>
[PR]

  by yoshinoriueda | 2005-05-31 17:50 | いろいろ読んで考える! | Trackback | Comments(0)

シリコンバレーと幸田露伴と戦争と...

人生は、戦い...なのだろうか。

ベイエリアの朝のテレビのニュースでは、昨日、米国の各地で行なわれたメモリアル・デーの行事が放映されていたこともあって、そんなことが頭によぎった。「米国はより安全になった」とか、「亡くなっていった兵士の命が無駄にならないように、アメリカは戦い続ける」といった言葉も見られたが、本当にそうだろうか?それでいいのだろうか?

人は、競争してもいいが、戦ってはいけないのかもしれない。適度な競争は、イノベーションを生み出すし、雇用も創出する。しかし、戦いは何も役に立つようなものを生み出さない。悲しみと憎しみを生み出してしまう。

競争にはルールがあり、戦争には大義名分がある。ルールは立場によって異なることは少ないが、大義名分は立場によって異なる。だから、大義名分は感情論に陥りやすい。反対する人を武力で制圧して得たものが本当に「平和」と呼べるのだろうか?リウエン亭のおつまみでも書かれていたが、敵もいっぱい作ったのではないだろうか。

すべての人が同時に幸せになることはできないのかもしれない。幸せは巡るのかもしれない。そんなことを考えると、幸田露伴の「惜福・分福・植福」を思い出す。福を惜しみながら使う。他人にも福を分ける。過去を変えることはできないが、未来を創ることはできるのだから、長い目で見て、福を育てる、いわば、“noblesse oblige”の考え方。シリコンバレーでは、信頼が連鎖する。この信頼の連鎖は、幸田露伴の三福の考え方と同じように見える。

シリコンバレーの空は青く晴れ渡っていて、何の悩みも無いように見える。でも、この国はまだ戦っている。一刻も早い戦争の終結を願う。
[PR]

  by yoshinoriueda | 2005-05-31 12:38 | シリコンバレーで感じる! | Trackback | Comments(4)

今年のMBAの人たちの給与もup!

休み明けのシリコンバレー。Palo Alto Daily Newsによると、まもなく卒業するトップスクールのMBAの学生たちの給与が、昨年に比べて増加しているとのこと。特に、学費等を私費で賄い、転職する人にとっては朗報。fat salaryとかfatter checksという言葉で表現されていたが、20%は増加するだろうということ。ベースの給与は約10%upということなので、ボーナスなど他のcompensationも同様に増加しているのだろう。

これには別の側面もあるようで、来年卒業する人たちにとっては、就職までに熾烈な競争があるということを示唆しているとのことらしい。すでにサマーインターンも決まってはいると思うが、この夏は、彼・彼女たちにとって、一つの正念場になるのかもしれない。
[PR]

  by yoshinoriueda | 2005-05-31 07:23 | シリコンバレーで感じる! | Trackback(1) | Comments(2)

今年のアメリカの旅行シーズンは昨年より高くつく...

5月の第4月曜日は、メモリアルデー(戦没者追悼記念日)という休日で3連休となる。もともとは、南北戦争の戦没者を追悼する日だったようだが、現在は米国のために命を落とした軍人すべてを追悼する国民の休日となっているようである。

学校は、週明けから最後のテストなどがあったりして、まだもう一息といった雰囲気もあるようだが、一般国民にとっては、単なる休日である場合も多く、夏の旅行シーズンはこの頃からスタートするともいわれている。(参考サイト:U.S. Memorial Day History and Information on U.S. War Memorials

ラジオで聞いた話では、今年は、宿や飛行機の値段が上がっているとのことだったが、シリコンバレーの地元紙San Jose Mercuryでも、次のように伝えられていた。
Prices for airline tickets recently sold by Orbitz for international travel June 1 through Aug. 31 were up 13 percent over last summer, the Internet travel seller reported.
去年から13%も上がっているとは、このベイエリアのバブル気味な不動産と同じようなレベル!?

短い数日の休暇でどこかに遠出して散財するよりも、ただ、青い空の白い雲を眺めるという贅沢な時間を持てるほうが、ちょっと幸せのような気がした。

a0004752_12515423.jpg

[PR]

  by yoshinoriueda | 2005-05-30 20:54 | シリコンバレーで感じる! | Trackback | Comments(0)

JTPAセミナー報告:CJKV 日中韓越情報処理

「フグ本」の著者であり、AdobeのSenior Computer ScientistでもあるKen Lunde氏を迎えて開催された先週金曜の夜のJTPAのセミナー「CJKV 日中韓越情報処理」は、扱っているテーマが「マルチバイト言語」で、素人からみればかなり専門的な話だったので、集まった人たちも、先日同じ場所(法政大学アメリカ研究所)で開催された技術交流会「ゲーム業界の明日を語る」とは少し趣が異なっていたような気がする。(参考:梅田望夫氏によるKen Lunde氏の紹介

さてさて、そもそも文字コードは、メールやウエブサイトで

 Content-Type: text/plain; charset=ISO-2022-JP

といったような形で定義されていて、ここで、どんな文字コードが使われているかが分かるわけであるが、EUCを使わなければならないとか、Shift-JISを使わなければならないとか、以前は、そんな素人を混乱させるような話が平気で行なわれていたような記憶がある。ただ、講演者であるKen氏もいうように、"Typical users are insulated"、即ち、最近は、そんなことは気にせずに使えるようになっている。(参考:【 Shift-JIS、JIS、EUC 】

とはいえ、このエキサイトのblogへのトラックバックや英語サイトへのトラックバックが、たまに文字化けしているようなところを見ると、まだまだそうとも言えないと思うこともある。こんなところが技術者の手によってシームレスにつなげられると、とても嬉しいのは私だけではないだろう。

Cafe Babeさんが書いておられる
ように、日本側の参加者から「DoCoMoの絵文字の弊害」が指摘されていたが、個人的には使っていないので、その辺の実感は持てなかった。(参考:iモード対応 絵文字

ただ、確かに、互換性がないまま開発されているモノというのは、自分たちの世界を作ろうとしているような雰囲気を感じて、オープンな環境や雰囲気とは相対するようなところがあって、それは、「持てる者」だけが享受できるものであって、なんだかセコいというか、イヤラシイ感じがしてならない。もちろん、マーケティング的には、その部分は必要なのかもしれないのだが...

さて、講演の中では、中国における文字コードに関して、「GB18030」という規格が紹介されていた。この規格に合格していなければ、アプリケーションソフトは販売できないということだから、中国市場への一つの参入障壁となっているのかもしれない。Ken氏が強調していたと感じたのは、
「この規格にパスするということは、中国市場に参入できるということであるが、パスすれば、即、その市場で成功する、ということにはならない」
という点。政府がお墨付きを与えれば成功するかのように捉えている中国に対するKen氏のメッセージだと感じた。もしかしたら日本もそんなところがあるかもしれないとも思う。(参考:漢字文献情報処理研究会:GB18030関連情報

参加者の方々は、梅田望夫さん江島健太郎さんのblogを見て参加した方々も多かった様子。もちろん、JTPA代表の渡辺千賀さん村山尚武さんのblogでも紹介されていたし、FPNシリコンバレー地方版といったところでも紹介されていたが、「テーマの濃いセミナー」にもかかわらず、日米合計100名程度が集まったというところに、blogの威力のようなものを感じた。

ちなみに、講演者であるKen氏の勤務先のAdobeについて、"Are you an Adobe geek?"というAdobe triviaがシリコンバレーの地元紙San Jose Mercuryに掲載されている。こちらもかなり濃いのだけれど、こんなものが溢れるのがシリコンバレーと言えるのかもしれない。

(追記)Ken氏に"ちゃっかり"サインをおねだりしたという四元さんの記事を発見しました!ここにもまた濃い人が...(^^;;
[PR]

  by yoshinoriueda | 2005-05-29 09:24 | シリコンバレーで感じる! | Trackback(1) | Comments(0)

書評「成功のルールは変わった!」

産経新聞社の【旬を読む X氏の一冊】で、「成功のルールは変わった!」(著:米倉誠一郎、中村明)という本の書評を書かせていただきました。5/29付けの産経新聞に掲載されました。 されると聞いています

こちらでもご覧いただけます(^o^)/
[PR]

  by yoshinoriueda | 2005-05-29 07:02 | いろいろ読んで考える! | Trackback(1) | Comments(1)

ソーシャルネットワーキングサイトをゴソゴソと...

昨日の夕方、「mixiが面白い」という話を聞いて、早速、夜、久しぶりにmixiを使ってみた。相変わらず尻軽モードだなあと自分でも感心しながら、顔写真まで変えてしまったりして...ま、それはともかく、GREEは名刺感覚で、mixiはお友達感覚、でしたっけ、なんだか、そんな風に教えていただいたような気がするのだけれど、mixiはメールが60日で消えてしまうので、ずーっと昔にそんな内容のメールをもらったのが消えてしまっている。

このほかに、Linked Inorkut、さらには、flickrフォト蔵などの写真アップサイトを含めて、ソーシャルネットワーキングサイト(SNサイト)は、--- 慣れていないと、どこから何を操作したらいいのか、どうやって探したらいいのかというところがよく分からなくて、右往左往してしまうのだが、--- メールアドレスを打ち込まなくても相手にメッセージを送れるというところは非常にお手軽だと感じる。

メールアドレスをたくさんもっていて、メーラーの中にもたくさんアカウントがあって、一応、自分のパソコン内にはアドレスが入っているのだけれど、いちいちそれを打ち込めるほど覚えていないから、特定の誰かと連絡がとりたいときには、SNサイトに入って行って、そこからメッセージを送ったほうが楽なような気がするのである。それがスパムメールやウイルスメールへの対応にもなるのかどうかは、実際よく分からないが、「お手軽」に勝るものは無い!と思う。

さて、SNサイトには、写真をアップしたり、ブログのような日記をつける機能が備えられているが、これがフォト蔵flickr、そしていろいろなblogサイトと重複していて、どれが使いやすいかというと、まだ、断言できるほど使いこなせていない。ただ、flickrのflash badgeはなかなかカッコいいと思うのだが...

いずれにせよ、こういったサービスは、使ってみないと分からない。使っていく中で、作法を覚えたり、感覚を磨いたりして、何ができるのか、何が必要なのかを知る必要があると感じる。

個人的には、GoogleのGmailも、これらのSNサイトと同じように、ネットにアクセスすることさえできれば相手に連絡がつくという点で、手軽さを感じている。もっとも、これは、インターフェイスが少し違うので慣れが必要だと思うところもあるが...

***

というわけで、昨夜マイミクシィに加わっていただくようお願いした方々、どーも、お騒がせしました_(--)_ 

それはそうと、そんなことをしている私に付き合ってくださるかのように、メッセージを送ってからそれほど経つことなく承認の返事を送ってくださった「ネットと親和性の高い方々」には、本当に驚かされました!

***

上記のような招待制になっているSNサイトを使ってみたい方は、ご招待いたします!ので、コメント欄に非公開で連絡先を書き込んでいただくか、contactに記載しているメールアドレスまでご連絡下さい。

<追記 5/29>

(要点)
ソーシャルネットワーキングサイト(SNサイト)は、メールアドレスを打ち込まなくても、相手と連絡をとることができる。引越しや転職で相手のアドレスが変わっても、SNサイトにアクセスするだけでいい。老若男女を問わず、新たなメールの代替となる可能性を秘めていると感じる。
[PR]

  by yoshinoriueda | 2005-05-27 17:16 | 対話の中から発見する! | Trackback | Comments(7)

祐子さんと社長からのメール・・・

「祐子」さんからメールが届いた。私の知っている「ユウコ」さんは何人かいるものの、直接メールをもらうような間柄ではないと思ったのだが、たまたま週末「ユウコ」さんに会う予定になっていたこともあって、気になったのでメールを開いてみると、

> 自分の恋人にね、ほんとに好きな人にね?
> 構ってもらいたいと思うことはいけないこと?
> 声が聞きたいとか会いたいとか言うのはそんなに我侭なこと?
> メールの返信くらいしてほしいって思っちゃうのは駄目なこと~~??
> …ウザイ?

見て0.01秒間の間に「うーん、私の知ってる『ユウコ』さんは、この前たまたま電話で話もしたけれど、そんなこと言ってなかったような気がするなあ...」と思った後soft_icecream0721@・・・というメールアドレスをみて、「長谷川京子さんからメールをいただきました(^^;;」の時と同じとまではいかないものの、思わず ガックシ _| ̄|o

と思っているうちに、次は、「Re:社長から・・・」というタイトルのメールが...

社長に用は無い! でも、そもそも、社長なんて呼び方、LLCという組織形態でもするのかな~、そういえば、会長には会うことになってるけど... なんてバカなことを考えながら、またメールをポチッと開くと、

> 貴方の宛先に社長(女性)からのご指名が有ったことのお知ら
>せです。個人情報を見て連絡して欲しいとの事です。
>
>※下記情報は恵子社長の依頼で添付された物ですので、当サイト
>のスタッフは手を加えておりません。
>・・・

またまた、ガックシ _| ̄|o

さ、気を取り直して、お仕事、お仕事~♪
[PR]

  by yoshinoriueda | 2005-05-27 13:00 | つれづれなるままに... | Trackback | Comments(0)

"tourist V.C.'s"に関するコメント

"tourist V.C.'s"に関連するコメントを見つけた。一つ目は、A VCの"So You Want To Write About Venture Capitalists"
I think the reality is very different.
というわけで、「お前、それ、違うだろ!」といった感じか...「a small sample size」じゃないかとバッサリ。面白いし、簡潔にまとまっていると感じた。

一つ、"tourist V.C.'s"とは直接関係ないかもしれないけれど貴重なコメントだなーと感じたのは、NEAAccel PartnersBenchmark CapitalなどVCの中でも大きなところは、「a hierarchy and a structure」を作ってしまって、それは、
that often is not the best environment for learning the VC business at the partner level.
であるとコメントしているところ。

日本は、UFJキャピタルなどをはじめとして、しっかりとした組織でVCを運営しているように見える。典型的なシリコンバレーのハンズオン型VCのイメージは、これとは異なる。2つ目のコメントであるSiliconBeatの"So You Want To Write About Venture Capitalists?"の中で
you have to have operating experience, i.e., worked at a real start-up or other fast-growing company, to succeed as a great venture capitalist
と説明されているように、ベンチャーキャピタリスト個人に蓄積されたオペレーショナルな経験が付加価値を生み出すのだというのが、シリコンバレーにおける、いわば「常識」であるといえるだろう。

3つ目のコメントは、PE Week Wireの5/26号の記事
I think it’s a mischaracterization, since he hasn’t left the market. He simply left New Enterprise Associates. Tourism isn’t about when you arrive, it’s about when you leave
とあるように、そもそも、例として挙げられたAlsop氏は、NEAを辞めただけで、まだこの業界からは去っていないので、「旅人」ではないというコメント。先のSiliconBeatの記事によると、
Alsop is more than "considering" a new venture firm. It has a name: Agenda Capital.
ということらしい。

まあ、これだけ反撃されているということだから、シリコンバレーのVC業界の人からみれば、ちょっと違うんじゃないか?というところはあるのだろう。個人的にもそう思う。ファイナンシャルなバックグラウンドがなければならないというわけではなく、先のエントリーでも書いたとおり、市場を理解している人が成功するという、もっと単純で根本的なルールがあるのだと思う。
[PR]

  by yoshinoriueda | 2005-05-26 11:58 | いろいろ読んで考える! | Trackback | Comments(0)

日本語クラスでのボランティア終了...

今朝が最後のGunn High Schoolでの日本語クラスのボランティアだった。別に感謝されたくてやっていたわけではないが、「ありがとう」と言われるとやはり嬉しい。

シリコンバレーに来て、さまざまな国から人が流れ込んでいるのを見て、さまざまな人のお世話になって、何か自分でもできることがないかと思って、日本のことをもっと知ってもらうためにできる「小さなこと」として、現地の高校の日本語クラスでボランティアすることにした。

週に1時間ほどだが、仕事の関係で行けない週もあり、結局、クラスを覗いたのは、3分の2くらいだろうか?いずれにせよ、これからこの国を背負う若者に、日本の文化や考え方を知ってもらえる機会があると思って、実は毎回ワクワクしていた。

どこまで伝わったか分からないが、必死で日本語で話す姿や考える姿にはやはり毎回小さな感動があったし、自分自身、英語をもっと勉強しなければと思うきっかけにもなった。きっと、ネイティブの人たちからみれば、自分の英語は、彼ら彼女らが話している日本語と同じように、少しヘンなところがあるのだろうなあ...と感じたからである。

そんなボランティアを終えて、ハイウエイ101号線に乗る途中で考えていたのは、ボランティアとNPOの違いである。ボランティアとNPOはどこが違うのだろうか?

ボランティアというレベルは、個人の意思が尊重されるべきだと思うし、「やりたい」からやっているのであって、決して「やってやってる」とか「あなたはしないの?」といった気持ちはあってはならないと思う。ましてや、そんなことを言うのは論外だろう。

一方、NPOというのは、organization、即ち「組織」であるから、存在する目的や、活動の継続性というものがあってしかるべきだし、そのためには、「運営」がなされ、「自立」できるように活動していかなければならないのだろう。

「NPO」という考え方は、まだ日本では成熟していないだろう。いや、「ボランティア」でさえ、本当の意味で、成熟していないのかもしれない。もし成熟していたら、「やってやってる」とか、「あなたはしないの?」という発言にはつながらないと思うからである。

大人が勘違いしたままやり続けると、子供は理解せずに育つ。しかし、大人が見本を見せると、子供は、それを継承する。正しいかどうかは、価値観の問題だが、結局それが文化というものなのかもしれない。まずは、大人がイイッ!と思える体験をすること。そして、それを伝えること。これがいいサイクルをまわしていくことにつながるのだと感じた。
[PR]

  by yoshinoriueda | 2005-05-25 12:53 | つれづれなるままに... | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE