「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

 

中之島から見上げる夜空

a0004752_2212312.jpg

[PR]

  by yoshinoriueda | 2007-01-31 22:21 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

中之島の夕暮れ 2

a0004752_22112818.jpg

[PR]

  by yoshinoriueda | 2007-01-30 22:06 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

中之島の夕暮れ

a0004752_9184754.jpg

夕暮れ時、西の空の色がとてもきれいだった。(ま、ケータイでは、これくらいが限界かな...)
[PR]

  by yoshinoriueda | 2007-01-29 18:18 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

切り取られた空の下で

a0004752_1526453.jpg
大阪の空は狭い。ビルが林立していて、空が切り取られてしまうからだ。

一面に空が広がっている下で生活しているのと、切り取られた空の下で生活しているのとでは、心理状態に何か影響があるのだろうか?

空の広さなんて気にしなければ気にならないものなのかもしれない。だから、広さなんて気にしない生活を送っていれば、心理状態には何ら影響はないのかもしれない。

でも、一度でも、空がこんなにも広かったんだ、あるいは狭かったんだと気づいてしまうと、つい空を眺めてしまうようになる。

そして、空に狭さを感じると、心まで圧迫されてしまうようで、どうしても空が広いところに行きたくなる。ただ、物理的にいつも広い空の下に行くことはできなくても、せめて、心の中の空は、無限に広げていたいものである。
 
[PR]

  by yoshinoriueda | 2007-01-28 15:38 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(1)

いかの塩辛パスタ

週末ということで、ちょっと料理を...といっても、男の料理なので、それほど手の込んだものは作らないのだが、今回は、先日出張先で仕入れた小倉屋いかの塩辛を使って、いかの塩辛パスタを作ってみることにした。(右の写真は小倉屋のウエブサイトから)

このいかの塩辛は、隠岐の島周辺のするめいかと、伊豆大島で海水から直接生産する純国産の塩"海の精"だけで作られているそうで、織り込まれている案内に「少し辛口の塩辛」と紹介されているとおり、本当に塩がきいている。あまりに塩辛くて、ご飯やお酒と一緒では食べきれなさそうなので、パスタに入れてみることに相成ったのでありまする。

a0004752_14393262.jpgついでに、といっては何だが、年始にSan Antonio Shopping CenterのTrader Joe'sで買ったガーリックオイルとロングパスタを使ってみた。(San Antonio Shopping Centerについては、日本語では「シリコンバレー24時」の四元さんが詳しく紹介されているので、こちらをどうぞ)

このガーリックオイル、かなりガーリックの風味がきいていて、たまねぎやしめじ、えのきを炒めると、おいしそうな香りがして、おなかが一気にへってきた(^^;;

ロングパスタは、通常のパスタの2倍程度の長さがあり、なべに浸しながら、ゆっくりと曲げていった。普通のパスタのようにパラパラとばらけさせてしまうと、なべからはみ出た部分がガスの炎で焼けてしまいかねない。
a0004752_1533825.jpg

残念ながら、我が家はオール電化キッチンではない。こんな状況になって、やっぱりオール電化のキッチンだったらよかったのになぁ・・・としみじみ感じてしまう。と同時に、オール電化のキッチンを薦めるなら、やはり、多少の料理はしてみないと良さが分からないのではないか?!とも思う。

a0004752_1440973.jpgそれはともかく、お味のほどは、といえば、まあ、それなりに食べれたシロモノになった。味の系統としては、オイルベースで塩味のきいたアンチョビのパスタの姉妹版といったところだろうか。いずれにせよ、簡単に調理できて、かつそれなりに美味しく食べることができた。ごちそうさまでした~
 
[PR]

  by yoshinoriueda | 2007-01-27 22:39 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(6)

涙腺注意!久しぶりにウルウルきた話

宋文州氏のコラムや記事はこれまでも「「限り」があるから大事にする(2006/4/6)」や「宋氏の「日本の長所・短所」を読んで(2006/1/22)」というエントリーで触れたことがあったが、今日読んだ「捨て子の少女の死と、脱・格差社会のもと」は強烈だった。

久しぶりにウルウルきた話だった。始業開始前に読んでしまって、直後は、溢れてくる涙がこぼれないように、上を向かざるを得なかった...(^^;;

今一度、自分が生きていられることに感謝し、毎日を精一杯生きようと思った。是非、ご一読を。オススメです。
[PR]

  by yoshinoriueda | 2007-01-26 22:29 | 思うに・・・ | Trackback(1) | Comments(0)

地方都市に出張

a0004752_2146313.jpgとある地方都市にまた降り立った。それまでの車中、ご旅行中のオバサマたちが姦しくおしゃべりしていた。

「・・・出雲以外の地域では10月を『神無月』というけれど、出雲では全国の神々が出雲大社に集まるから、逆に『神有月・神在月(かみありづき)』と言うのだ(参考:語源由来辞典)・・・」

といった話に始まり、11時を回った頃には、もうお弁当をたべようと包みを広げはじめ・・・そのうち眠くなったのか、静かになって・・・とまあ、まるで遠足に行く子供たちの列車に乗り合わせたようだった(^^;

車窓から眺める山の頂上付近には、うっすらと雪が積もっているようだが、地上ではほとんど雪はみられない。昨冬の寒さも異常だったのかもしれないが、今冬の暖かさもかなり異常度が高いと思う。
a0004752_21472376.jpg

a0004752_21474617.jpg長い旅路は疲れるけれど、そんな中での楽しみの一つは、名産品を買って帰ること。というわけで、奮発してちょっとリッチ(¥¥)な鯖鮨を晩ご飯代わりに購入(^o^)

なかなか微妙な酢の加減で、おいしゅうございました。
[PR]

  by yoshinoriueda | 2007-01-25 23:50 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

久しぶりに大阪ベイエリアに出張

帯電防止で難燃性の作業服を身にまとい、現場作業用ヘルメットを着用しての現場調査となった。暖冬とはいえ、気温はそれほど高くなく、病み上がりの体に寒さが応える...

そんなことは知らないよと言わんばかりに、現場では機械の音が大きく響き、フォークリフトがせわしく動き回っていた。雑然とした雰囲気が漂う工場には、数多くの改善点がありそうな気配。本来の仕事ではないけれど、ついついそんなところに関心が行ってしまう(^^;

思うに、日本はこのような製造業で支えられてきた。数多くのオトナたちが、油と汗にまみれてモノを作り出してきたことによって、日本は発展してきたと言っても過言ではないだろう。そして、実は今もその仕組みはあまり変わっていない。たとえ、ネットの勢力が増そうとも、日本の自動車や素材産業が多くの外貨を稼いでいる。

2年ほど前に見たインドのベンチャーやシリコンバレーのソフトウエア企業とは大きな差だ。どちらがいいとか、どちらが大切とか、そんなことは個人の価値基準によると思うが、そこで働く人々が真剣に取り組んでなんとかしようともがいているのはどこも同じだと感じる。そして、そんな人たちを見ると、つい、なにか自分にできることはないだろうか、と考えてしまう。

いずれにせよ、現場には危険も一杯!機械やモノの動きの合間を縫って移動していると、いつの間にか指差し呼称しながら左右を確認し、通路を歩いていた。「本日もご安全に」という言葉が頭の中を駆け巡り、無事に家に帰り着きたいよ~と思ってしまった(^^; 仕事に一生懸命なのもいいけど、皆様、どうかご安全に~~~
[PR]

  by yoshinoriueda | 2007-01-23 20:34 | 思うに・・・ | Trackback | Comments(0)

いいデジタルカメラが欲しくなった!

mixi で ぱんなさんの日記に紹介されていたShioさんのshiology には、きれいな写真がいっぱい! ちょうど今、2年半前に買ったPENTAXの Optio S4i が故障してしまったので、現在は主にCanonの EOS Kiss 5 というフィルムカメラを使っている。そのせいか、blogに掲載する写真も携帯でとったものばかりとなってしまい、flickrフォト蔵 からも遠ざかってしまっていた。

でも、shiology に紹介されているようなきれいな写真をいっぱい見てしまうと、自分の腕前はさておいて、やっぱりいいデジタルカメラが欲しくなってしまった(^^;;

一眼レフのデジタルカメラを買おうかどうしようかと迷っていたところだったのだが、これを機に、まずは下調べしてみよぉっと~
[PR]

  by yoshinoriueda | 2007-01-19 19:48 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

病み上がりのマスクマン

病み上がりの本日は、マスクをつけたまま出社。そして、そのまま仕事。他人に感染させないようにと思ってマスクをつけていたのだが、これが結構つらい。まず、耳がいたくなる。そのうち、なんだか息苦しくなる。挙句の果てには、「鳥インフルエンザぢゃないだろね?!」と言われる始末...

うなぎパイの一つでもお土産に買ってきてくれたかなぁと思い、出張帰りの人に「いろいろご心配、ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。」と挨拶すると、「いや、そんなことより、俺にカゼをうつさんかったらええから。」とクールに撃退されてしまった(^^;;

というわけで、早々に退散。本日は早く寝て、明日に備えます。以上
[PR]

  by yoshinoriueda | 2007-01-18 20:20 | 思うに・・・ | Trackback | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE