<   2007年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

鈴木商店のアイスクリーム

暑い。昨日も暑かったが今日も暑い。

暑い最中、西方より来客あり。

神戸市東灘区にある「鈴木商店」のアイスクリームを持ってきてくれた。

「鈴木商店」といえば、素朴な店構え、素朴な包装、素朴な味。

でも、とってもオイシイんで、いつも行列。

ミルク味
が大好物。写真をとるのも忘れてしまうくらいスグ手が出てしまう。バナナ味もなかなかいける~♪ 

宇治金時も、カルピスも、どれもおいしい。強いて言えば、カルピスはさっぱりしているけれども味が単調。宇治金時は、好物のミルク味とアズキが微妙なハーモニーを醸し出している(^o^)

a0004752_20592096.jpg

ありがとうございました。ごちそうさまでしたm(--)m

参考リンク:tabelog「鈴木商店」
 
[PR]

  by yoshinoriueda | 2007-07-28 22:48 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

プライス・リーダー

久しぶりに競合相手のいる状態での営業活動。「会心の勝利!」から早や1年。今年は、市場の価格を決める「プライス・リーダー」になるという決意をもって、勝負に挑んだ。

勝負の結果はともかくとして、活動に意義が見出せたということは、ある意味、昨年からの成長かもしれない。

バタバタ忙しい毎日の中で、いつの間にか天神祭も終わってしまい、2年連続でオフィスから見下ろした花火は、今年は見ることさえできなかった(涙)

毎日毎日夜遅くまで仕事が続くが、少しずつ成長しているということで、とりあえず納得しておこう。それにしても、いつまでこんな丁稚奉公(^^;が続くのか...

参考:マーケティング用語集 プライスリーダー
[PR]

  by yoshinoriueda | 2007-07-27 23:56 | 思うに・・・ | Trackback | Comments(0)

FAUCHON(フォション) ダブル・リッチ・ティー (アッサム)

疲れに疲れたときは、ミルクティーというのもいいかも。

今日飲んだのは、先月アサヒ飲料から出た
FAUCHON DOBLE RICH TEA ASSAM
というミルクティー。

なかなかイケます♪
 
[PR]

  by yoshinoriueda | 2007-07-26 23:41 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

ちょっと走っただけなのに...

日中仕事が多忙を極めているのだが、夜は夜で用事もあって、昨夜は、ぎりぎりまで仕事をしてから宴席に駆けつけたりしたのだが、そのせいか、脚に少し筋肉痛が残っている...

うーっ、ちょっと走っただけなのに...(;_;)

やっぱりフッキンだけではダメなのだろうか? これを機にもう少し本格的に運動を始めようかなぁ

でも、その前にやっぱりビリーズ ブートキャンプかな?!

[PR]

  by yoshinoriueda | 2007-07-25 23:41 | 思うに・・・ | Trackback | Comments(2)

エナジーチャージ!!!

エナジーチャージといっても、「ウィダーinゼリー」ではない。

エナジーチャージといっても、「グーグルはエネルギー&環境の面でもインパクトを与える?!」で紹介したような「プラグインハイブリッド」ではない。

人それぞれエナジーチャージの仕方があるかもしれないが、個人的にはやっぱりエナジーチャージといえば、
シリコンバレー!
1年半ぶりにシリコンバレーでお世話になった方と再会。カンファレンスのスピーカーとして来日されていたところ、合間を縫って、お会いすることができた。

帰国から2年がたち、すっかり錆びつきかけていた心の扉が開いたような気がする。活力漲る前向きなパワーをもらえた。
また、幸いにも、当時シリコンバレーで触れていたベンチャー企業の様子もアップデートできたのだが、それらの企業の順調な成長に、鳥肌が立ってしまうほど!

最近連日忙しくなかなかいいこともなかったが、これでまた、顔を上げて前を向いて走れるような気がする。

ありがとうございましたm(--)m
 
[PR]

  by yoshinoriueda | 2007-07-24 23:59 | 思うに・・・ | Trackback | Comments(0)

プログラムを書くように契約書を書く

週明けから大忙し(;_;)

契約書やら数字のチェックやら切符の手配やらなんやらかんやらで忙しい週明け。

契約書を書きながら、ふと、プログラムを書いているような錯覚に囚われた。その理由は、「この場合はこう、その場合はそう」と条件分岐させなければならない内容だったから。

でも、おかげさまで、なんとか形になったような気がする。

とはいえ、今日も遅くなってしまつた...(涙)
[PR]

  by yoshinoriueda | 2007-07-23 23:44 | 思うに・・・ | Trackback | Comments(0)

ホンダの太陽電池への取り組み

最近、新聞などで太陽光発電の話題が取り上げられているが、ちょっと変わったプレイヤーとして、自動車メーカーのHondaが太陽電池の販売を加速させていくようである。

ホンダの構想は、「太陽電池で得た電気で水を分解し、発生した水素で燃料電池車を走らせる。家庭が超小型の水素ステーションになり、ガソリンスタンドも送電線もない交通システムが生まれる。」(日経新聞 07/7/19)とのこと。

2003年から2005年にシリコンバレーに滞在していたころ、ホンダの人と話をする機会があって、まさにこの構想を話しておられた。とても面白い構想だなぁと思って聞いていたのだが、徐々に、その構想を現実のものにするべく、着々と取り組んでいるようである。

熊本のホンダソルテックで製造するようだが、太陽電池の方式は、以前紹介したNanosolarと同じタイプのCIGSを採用するようである。

仕事の関係で、アモルファス(多結晶)型の太陽光発電設備を取り扱ったことがあるのだが、一昔前のアモルファスは、特に多結晶特有のキラキラと光る面がきれいであるのに対して、CIGS型は、黒いのが特徴的。なんだか引き締まった感じがして、個人的には、こちらの外観が結構お気に入りである。

しかも、薄膜型と呼ばれるように、単結晶や多結晶のタイプに比べて薄くて軽い。軽薄短小なのが好きな私にはシックリくる(^o^)

ホンダの描く未来は、そう簡単には現実のものにはならないかもしれないし、まだまだ前途は多難かもしれないが、夢を描き、そこに向かって走っていこうとする姿勢にエールを送りたい。

ガンバレ、ホンダ!未来の地球のために!

(参考リンク)
ホンダソルテック、薄膜太陽電池の販売を開始
CIGS太陽電池(日経エレクトロニクス)
[PR]

  by yoshinoriueda | 2007-07-21 18:38 | 思うに・・・ | Trackback | Comments(0)

交渉上手は「基準」をずらす

バケツをひっくり返したような雨は避けることができない。そんな雨と同じように仕事が降ってくる(;_;)

そんな中、社名を挙げれば「天下の○○」と呼ばれるようなとあるお客さまとの交渉に臨んだのだが、結果として、短い時間の中で、非常にインパクトのある内容となった。

その理由は、これまで前提としてきた「基準」のようなものを、全く違うものにしようという提案が出てきたためである。

基準がずれると、これまで膠着していた議論が一気に進展し、双方の立場を納得させることができる「落としどころ」が見えたのである。ちょっとした発想の転換で、事態が進展するとはまさにこのこと。雨雲がたちこめた空に青空が見えたような気がした。

降ってきたり沸いてくる仕事のほとんどは、「どうしよう...」と悩むようなものばかりで惨憺たる気持ちになるものが多いが、このように少し晴れ間が見えるようなこともあり、それはそれで面白いものである。

今週も今日で終わり。来週は、どんなことが起こるのだろうか?!
[PR]

  by yoshinoriueda | 2007-07-20 23:59 | 思うに・・・ | Trackback | Comments(0)

どうやって売るか

07/7/19付けの日経金融新聞でKKRのヘンリー・クラビス氏の言葉が紹介されていた。
どんなバカでも企業を買うことができる。ファンドの成果が分かるのは、すべて売却できたときだ。
確かに、買うのは容易。高く値付けすれば、買えるモノは広がる。カシコい人は、いかに安く買うかというところに心を砕く。

ただ、おっしゃるとおり、「どうやって売るか(=どうやって"exit"させるか)」というところは、さらに難しい。これこそファンドのキモとなるところ。企業という「商品」を魅力溢れるものにして買ってもらうということは、買い手を適切に選び、その買い手がどんなところに魅力を感じるかを熟知していなければならない。

ある意味、本質を突いた言葉だと思った。
[PR]

  by yoshinoriueda | 2007-07-19 22:08 | 思うに・・・ | Trackback | Comments(0)

開催予告:Second Lifeで同窓会やります~♪(?!)

中学・高校の同期の仲間とは、オリンピック・イヤーに同窓会を開催しようと言っていたように記憶していて、それなりに開催されてきたようだが、残念ながら、これまでに出席できた記憶がない(^^;

同窓会開催の呼びかけだけ担当して、当日は、ハチ高原でスキーを教えていたといったこともあった(^^;

もともと、呼びかけだけ担当する話になっていたはずなのだが、同期から「なにやってんねん?」と携帯電話に連絡をもらって、レッスン中に往生した経験が...(汗)

それはともかく、来年は2008年北京オリンピック。同窓会開催の年。というわけで、2008年の同窓会は、
Second Life内で開催しま~す
ということにしたらどうだろう?!

Second Lifeも徐々に日本語化されてきているようで、敷居も低くなりそうだし...

そしたら、国内でバラバラになっている仲間も、海外にいる仲間も、時差だけ合わせて参加できるぢゃないですか!

そしたら、太ってしまった体も、薄くなってしまった頭も、シワが増えてきたお肌も気にすることもないぢゃないですか!

スバラシイ!


・・・

といってついて来てくれる人が何人いることやら...

親友なる人にメーリングリストなるものを立ち上げてもらって、同期の半分ぐらいには連絡できる状態となったが、そのメーリングリストもいまや閑古鳥さえ寄ってこない状況...(;_;)

メーリングリスト管理者に負担をかけるのも気がひけるので、mixiGREEに移行させよう~!と言ってみたものの、こちらも試験運用のまま止まっていて、ぜんぜん進んでいない...(;_;)

とはいえ、本日、また一人、新たな参加者が増えたりして、たまに懐かしい雰囲気を味わっているのだが(^o^)/

・・・

いや、まてよ。もしかして、誰がどのアバターだか分からないかも...

うーん、やっぱりまだSecond Lifeでの同窓会開催はちょっと遠いかな...(^^;;;
 
[PR]

  by yoshinoriueda | 2007-07-16 17:04 | 思うに・・・ | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE