「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

 

西低東高

最近なんだかバタバタと忙しい。今日も午後から大阪ベイエリアにて打ち合わせが入っていたのだが、とある会合傍聴のため、東京に出張。今日の東京は、ポカポカ陽気。花粉の飛散が気になってしまった(^^;
a0004752_2125180.jpg

傍聴していた会合が予定より少し長引いたため、予定していた飛行機に乗れるか微妙な時間となってしまったので、バタバタと都心を走っていると、スッカリ汗だくになった。

結局、予定していた飛行機を乗り過ごしてしまった(;_;)

というわけで、仕方がないから、腹ごしらえ(^^; おこわ米八の「米八五色おこわ」を買いこんだ。これが、なかなかの美味~♪量もこれくらいでちょうど良かった。
a0004752_2127184.jpg

伊丹空港に到着後、遅れを挽回するために、タクシーに飛び乗ったら、なんと、メルセデスベンツのタクシーだった!運転手の機転も功を奏し、なんとか午後の打ち合わせにも間に合った。

打ち合わせが終わって外に出ると、すっかり夕暮れ。冷たい雨が降っていた。

東日本は暖かく、西日本は寒い一日だった。

参考リンク:おこわ米八ブログ「米八便り」
[PR]

  by yoshinoriueda | 2008-01-31 21:40 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

100%子会社との「自己取引」について

仕事上、自己取引に関する話題があり、ちょっと調べたので、メモ。
親会社が子会社の株式を100%所有している場合には、実質的には同一会社であるから、自己取引の問題は起こらない。[出典:「現代会社法<新訂第九版>」(河本一郎著 商事法務)p.476]

[PR]

  by yoshinoriueda | 2008-01-30 19:38 | 思うに・・・ | Trackback | Comments(0)

Ducati 1098R

Ducatiの1098Rの話がどこかの新聞に掲載されていた。昔から憧れがあったDucati。

ちょっと気になったのでメモ。
a0004752_21454913.jpg

[PR]

  by yoshinoriueda | 2008-01-30 08:07 | POP・movie・スポーツ | Trackback | Comments(0)

「きんてん」って?

仕事の関係で文書を読んでいて「きんてん」という言葉に出会った。

「均霑」あるいは「均沾」と書くようだが、gooによると、「等しく利益にうるおうこと」ということらしい。
「快楽は家人の-する所にして/福翁百話(諭吉)」という言葉と共に紹介されていた。

あまり馴染みのない言葉だったので、メモ。
[PR]

  by yoshinoriueda | 2008-01-29 19:02 | 思うに・・・ | Trackback | Comments(0)

確かにロックフェラーはいないよなぁ...

2008年1月25日付の日経産業新聞のコラム「眼光紙背」に「ロックフェラーがいない日本」と題して次のような話が掲載されていた。
 松下電器産業が社名をパナソニックに変える。その陰で創業家である松下家の資産管理会社だった松下興産が昨年、ひっそり清算された。ソニーの創業家、盛田家の資産管理会社レイケイも昨年、解散している。三洋電機の井植家、ダイエーの中内家、西部グループの堤家。戦後、日本の産業史を彩った数々の創業家がこの数年で表舞台から姿を消した。
 企業の始まりには必ず創業者がいる。多くの場合、創業者は会社を所有し、かつ経営する。だが株式を上場し持ち株比率が下がると所有権は徐々に外部の株主に移り、経営も株主が選ぶ専門的経営者に委ねられていく。創業家の退場は歴史の必然であり、欧米の大企業も同じ道を歩んできた。
 違うのは「その後」である。欧米の場合、株式上場で莫大なキャピタルゲインを得た創業家は「資本家」に純化し、経営ではなく「投資」や「寄付」という形で社会に関与する。このお金が新しい企業を育て、社会を潤すことで、資本が循環していくのだ。ロックフェラー家やロスチャイルド家がその典型であり、ビル・ゲイツ氏もその方向に踏み出した。
 日本にはロックフェラーがいない。創業家の脇の甘さも一因だが、彼らを無謀な不動産投資などに引きずり込み、資本の循環を断ち切った金融機関の罪は重い。創業家が尊敬されない国でいくら企業を促しても、若者たちはリスクを撮らない。(蹴球)
コラム自体には、「経営も株主が選ぶ専門的経営者に委ねられていく」とか「欧米の場合、・・・」といった記述には違和感を感じざるを得ないが、「確かに日本には、創業者として莫大なキャピタルゲインを得た後、「資本家」的な役割を果たす人は少ない。そんなロールモデルも少ない。成功者は、尊敬されるというより、妬まれるという雰囲気がある。・・・」などなど共感できる部分も多いのでとりあえずメモ。
[PR]

  by yoshinoriueda | 2008-01-25 22:24 | 思うに・・・ | Trackback | Comments(0)

もうすでに飛び始めているのでは???

「<花粉>東日本は昨年の1.5~3倍、西は昨年並み 飛散量」という記事によると、
 環境省は24日、今年のスギ・ヒノキ花粉の飛散量予測を発表した。東日本は昨年の1.5~3倍になり、平年並みか多め。西日本はほぼ昨年並みで、平年並みか少ない。特に埼玉、山梨両県は昨年の3倍を超す見通し。飛散開始は例年より5~10日早く、一部地域では今月末にも始まりそうだという。

 近年では05年春の大飛散に次ぐ飛散量になる見通し。飛散開始からすぐにピークを迎え、昨年より長く飛散が続きそうだという。同省は2月1日から、花粉観測システムのホームページ(http://kafun.taiki.go.jp)で飛散状況を速報する。
とのこと。ピークはまだかもしれないけれど、もうすでにかすかに飛び始めているのでは???と思う今日この頃...(;_;)
[PR]

  by yoshinoriueda | 2008-01-24 22:33 | 思うに・・・ | Trackback | Comments(0)

「CHECK PC!」キャンペーン

経済産業省がH20.1.16~H20.3.31の間、企業や個人向けに一般的なインターネット利用に関するセキュリティ対策意識の啓蒙、意識向上、知識の普及徹底を目的とした「CHECK PC!」キャンペーンを実施中。

本当に初歩的な話が多いけれど、まずはここからという感じかな。これくらいのリテラシーはやっぱり今となっては必要かも。
[PR]

  by yoshinoriueda | 2008-01-21 22:20 | テクノロジー・環境・ガジェット | Trackback | Comments(0)

変わっちまったのか...な?ま、それも人生。感謝、感謝。

ウブでピュアな(*^^*)大学の頃から私を知る人と、昨夜久しぶりに話をした。こちらは特に変わったというつもりも気持ちもなく話をしていたのだが、
随分以前と変わったなぁ。
と言われた。

そりゃぁここ数年の人生の変化の早さは人並みではなく(ドッグイヤー並み?)、公私ともどもいろいろ経験してきたから、多少は変わったかもしれない。乗り越えなければならな試練もたくさんあった。

良かったのか悪かったのかは別にして、それが人生というものなのだから、「だって、人生はすべてを含んでいるものでしょう?」とすべてを受け容れ、せめて前向きに生きていくしかないないんだと思う。

ただ、そう前向きに生きていくことができるのも、支えてくれる人応援してくれる人たちがいるからこそ。あらためて感謝の念を抱いた夜だった。
[PR]

  by yoshinoriueda | 2008-01-20 13:35 | 思うに・・・ | Trackback | Comments(0)

こりゃスゴイ!MacBookAir

そろそろMacか...と思ってからもうどれくらいの年月がたつだろう。と、ふと目にしたのが江島健太郎さんの「MacWorld Expo 2008の真打ちはApple TVだった」で紹介されていたMacBookAir

うーん、こりはスゴイかも。欲しいかも。
[PR]

  by yoshinoriueda | 2008-01-19 12:44 | テクノロジー・環境・ガジェット | Trackback | Comments(0)

お江戸ですかぃ?!

渡辺千賀さんのblogで「東大理1の真実:ドラゴン桜」というエントリーを読んだ。その下のほうに過去の関連エントリーがリンクされていて、「中3を家庭教師した頃の話」というのを読んで大笑いしてしまった。
・・・
私 「私は東京に行く、って英語でなんていうかわかる?」

生徒 「I go to Tokyo」
(えー、アルファベットができないからといって、文章が作れないわけじゃなかったりする。ひとかたまりとして文章を丸ごと覚えてるんですね。正しい言語習得の方法ではある。)

私 「そそ、よくできました。じゃ、それ過去形にしてみて。」

生徒 「か、か、過去形っ?????」
(顔が恐怖に引きつる。「過去形」という文法用語に拒否反応。)

私 「うん。じゃね、日本語でいいから、言ってみて。『私は東京に行く』を過去形にするの。」

生徒 「・・・・・・」
(そもそも「文法」がどういうものか皆目わからないので、何を聞かれているかわからない。)

私 「『私は東京に・・・・』。これに続けて過去のこととして言ってみて。」

生徒 「私は東京にいきますでしょう。」 
(完全に惑乱。)

私 「いや、そうじゃなくてね、昔したこと。今じゃなくて前のこと。」

生徒 「・・・・私は江戸に行く。」
(↑実話。)
・・・
うーん、時制でなく時代を過去に遡るとは、実はこれスゴイかも。江戸時代というのを知らなければこれは答えられないハズ。ただ、これも日本だからできる話で、アメリカだったら、なんて答えるのかな???○○大統領の時代、とか、ゴールドラッシュのころ、ということになるのだろうか。それにしても
お江戸ですかぃ?!
そりゃスゴイ!(渡辺さん、いいネタありがとうございましたm(--)m)
[PR]

  by yoshinoriueda | 2008-01-19 09:13 | 思うに・・・ | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE