<   2008年 05月 ( 38 )   > この月の画像一覧

 

「アラン・フレッチャー:英国グラフィックデザインの父」@ggg

a0004752_922127.jpgギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)で、「アラン・フレッチャー:英国グラフィックデザインの父」と題した企画展が開催されていたので立ち寄ってみた。(写真は、ギンザ・グラフィック・ギャラリーのウェブサイトより)

ギンザ・グラフィック・ギャラリーのウェブサイトによると、アラン・フレッチャー(Alan Fletcher)の略歴は、次のように紹介されている。
1931年ケニヤ生まれ、2006年9月没。5歳でイギリスへ渡り、西ロンドンで育つ。ロイヤル・カレッジ・オブ・アート、イェール大学建築デザイン学部で学んだ後、ロサンゼルスのソール・バスの元で働く。イギリスへ戻り、1962年にフレッチャー/フォーブス/ギル社を設立し、ピレッリ、ペンギン・ブックス、オリベッティなどの仕事を手がける。1972年にペンタグラムを共同で設立し、ロイター、マンダリン・オリエンタル・ホテル・グループ、ヴィクトリア&アルバート美術館、ロンドン・ロイド社、ダイムラー・ベンツ、アーサー・アンダーセン&Co.など大規模なクライアントの仕事を手がける。1992年ペンタグラムから独立し、自らのスタジオを開設。また1994年以降、ファイドン・プレスのクリエイティブ・ディレクターとして、多様な美術書籍の出版に携わる。
a0004752_924358.gifさまざまな広告デザインを手がけていたようだが、展示を見て感じたのは、シンプルでありながらも斬新で、ほんの数本の線がこんなにいろいろな動きを醸し出してくれるのか!という感動に似た感覚。

左のポスター(ギンザ・グラフィック・ギャラリーのウェブサイトより)など、単なる○と△と□だけなのに、風船とカクテルグラスに見立てられ、なんだか楽しそうな雰囲気。

そういったものだけでなく、展示されているポスターのなかには奥が深い言葉が選ばれているものもあった。

地下に飾られていた"Love Is"と題された1988年の作品には、
Love is an irresistible desire
to be irresistibly desired.
という言葉が書かれていた。「愛とは抑えがたいほど求められたいと願う抑え難い欲求」といった意味だが、なかなか奥が深い。

ちょっと立ち寄った銀座のギャラリーだったが、とても充実していて、幸せな気分になった。

  by yoshinoriueda | 2008-05-31 08:00 | POP・movie・スポーツ | Trackback | Comments(0)

東京宿泊ならホテルヴィラフォンテーヌ

今回の東京出張では、「ヴィラフォンテーヌ」というホテルチェーンの上野の近くにあるホテルに宿泊した。

上野といえば、霞ヶ関や大手町からは少し外れたところにあるが、日比谷線1本で霞ヶ関まで出ることもできるし、山手線御徒町駅からもそれほど遠くないので、そんなに不便さは感じなかった。

広いダブルベッドがゆったりした部屋におかれていて、周囲の部屋の音も聞こえず、寝るだけにしては上出来だった。お風呂もビジネスホテルにありがちな小さいものではないし、アメニティーグッズも充実しているし、無料の朝食と新聞もついている。部屋は清潔だし、吹き抜けの周りに配置された部屋は、ちょっとオシャレなマンションといった雰囲気さえある。

翌朝、ロビーで朝食をとっているときに気づいたのだが、女性も結構宿泊しているようだ。

ここはこれからも利用したいと思うので、メモ。

  by yoshinoriueda | 2008-05-30 21:59 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

WA-SHOKU hana 丸の内東京 (波奈 わしょく はな)

午前中の霞ヶ関での会議が終わった後、一緒に出席していた同僚と有楽町方面に向かった。会議の復習がてら、国際ビルにある「WA-SHOKU hana 丸の内東京 (波奈 わしょく はな)」でランチすることにした。

2階の入り口から3階のフロアに続く階段の照明は、ほどよく落とされていて、少し気分が落ち着く感じ。窓際の席はすべて埋まっていたので、真ん中のテーブル席に案内された。

店内はゆったりとしていていい雰囲気で、窓から見える木々の緑が鮮やかできれいだった。

同僚は松華堂膳、私は御刺身膳を堪能した。松華堂膳は見た目に美しく、また、御刺身膳では新鮮な刺身を堪能することができた。ありがたかったのは、あさりのお味噌汁。二日酔い気味のカラダに染み込んだ。プリンのデザートも食べて、東京のランチを満喫~♪

強いて言えば、にぎり寿司がもう少しお手頃な値段で食べられたらウレシイのだが...(^^;;

参考リンク:
波奈グループ
WA-SHOKU hana(波奈)丸の内東京@ぐるなび
波奈 marunouchi-TOKYO@Hanako-Net

  by yoshinoriueda | 2008-05-30 21:37 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

多佳津(たかつ)で「ねばとろ」~♪

翌朝の会議に備え、夕方から東京に移動。

雨上がりの大阪は晴れ渡っていた。
a0004752_2104973.jpg

東京は霧のような雨が降っていた。久しぶりの東京宿泊で、接待といった仕事もないことから、久しぶりに東京にいる親友と会うことにした。
a0004752_2121841.jpg

新橋の駅の周辺は、会社帰りの人たちで溢れかえっていた。

親友が蕎麦を食べたいというので、行きつけの店に連れて行ってくれた。「多佳津 (たかつ)」というその店は、新橋の駅からほど近いところにあった。

鯵の刺身をつつきながら、政治の話、経済の話、仕事の話、恋愛の話、家族の話、中学・高校時代の話...など、いろいろな話題に花が咲いた。
a0004752_2123796.jpg

シメは、「ねばとろ」
a0004752_2133100.jpg

自分で摩り下ろしたわさびが、山芋&納豆と絶妙のハーモニーを醸し出し、コシのある蕎麦とからまって、とっても美味~♪ 本当に美味しかったでございまする。ごちそうさまでしたm(--)m

  by yoshinoriueda | 2008-05-29 23:59 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

幸せな時間を作ってくれる一杯のコーヒー

北海道洞爺湖サミット(G8サミット)なんて関係ないと思っていたが、急遽その関係で昨日中に仕上げなければならない仕事が、夕方になって舞い込んできた。そのせいで、結局、昨日は遅くまで仕事をする羽目になった(××)。

幸い今日は急ぎの仕事がなかったため、今朝は少しゆっくり目に起き出すことにした。フレックス勤務というのはありがたいものだ。

妻が淹れてくれたPeet's CoffeeのFrench Roastは、とてもいい香りで、朝の眠気をすっきりと覚ましてくれる。うちにはコーヒーメーカーはなく、口が細くなったコーヒー用のやかんを使ってドリップするのだが、それを見て、ふと、2008年5月28日付け電気新聞のウェーブに掲載されていた西水恵美子さんのコラムを思い出した。

西水さんが本拠としている英領バージン諸島では電気料金が高いらしい。そのため、西水さんは、多くの電化製品を使わなくなったとのこと。コーヒーも手でドリップしているそうだが、「コーヒー党の夫がこんなに美味しいものだったかと感激した」のだとか。

普段コーヒーメーカーを使わないから、違いがよく分からないが、確かに、喫茶店によっては、やかんとフィルターを使って手でドリップするところがある。高校時代を過ごした大阪の寺田町の駅の近くにある喫茶店もそうだった。当時、入り浸っていた柔道部の仲間のひとりは、若くてきれいな女性店長にかわいがられていて、コーヒーを淹れさせてもらったりしていた。ドリップした後の豆がきれいな形を描くように湯を注いでいくのがおいしいコーヒーの淹れ方だとその女性店長は言っていた。

友人は、器用にコーヒーを淹れていた。コーヒーを淹れさせてもらえるその友人がうらやましかったのか、あるいは、その女性店長にかわいがられているということがうらやましかったのか、なんだかよくわからないが、友人がコーヒーを淹れているのを見ながら、コーヒーの香りとたばこの匂いが交じり合うような複雑な気持ちが胸をよぎったことをいまでもおぼろげに覚えている。

シリコンバレーで仕入れてきたコーヒー豆は、コーンシェイプ状のフィルターに合うように挽かれていた。そのせいか、あるいは、妻が上手に淹れてくれたせいか(^o^)/、とても美味しかった~ 朝の一杯のコーヒーが、ほんの少しではあるけれども、幸せな時間を作ってくれた。

参考リンク
G8エネルギー大臣会合及び5カ国エネルギー大臣会合の開催について(PDF形式:27KB)
西水恵美子 (コンサルティングフェロー@経済産業研究所)

  by yoshinoriueda | 2008-05-29 12:21 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

4th gradeでは遅すぎる?!

シリコンバレーを訪れた際、4th gradeの先生をしている人が興味深い話をしていた。4th gradeは、日本の小学校でいえば、だいたい4年生くらいである。生徒は、9歳とか10歳といった年頃だ。

学年の始めの時点で勉強があまりできない生徒は、その学年の終了時点でも、相変わらず勉強ができず、また、学年の始めの時点から勉強がよくできる生徒は、その学年の終了時点でも、相変わらず勉強がよくできていたとのこと。教師として、勉強ができない子供を精一杯フォローしたつもりだったけれど、成績の序列を変えるには至らなかったらしい。

話してくれた人の分析によると、そのような結果になったのは、大きく二つの要因があるのではないか、とのこと。一つ目の要因は、「missing skill」。勉強をする上で必要不可欠なスキルが欠如しているため、すぐにつまづいてしまう。勉強をする上で必要不可欠なスキルというのは、具体的には、それぞれの学年に応じた計算や読み書き能力などが挙げられる。

二つ目は「性格」。幼い頃の学習に対する性格というのは、いわば「習慣」といってもいいだろう。幼い頃から適度なプレッシャーをかけられ、勉強する習慣が身についていれば、そのうちに勉強の面白さを理解し、内的な動機付け、すなわち、自分で勉強しようという気持ちが形成される。内的な動機付けがなされていなくとも、なんらかのインセンティブを与えれば勉強する、といったところまで来ていれば、とりあえずは合格だそうだ。なぜなら、教師や友達からの何らかのインセンティブによって、勉強するようになるからだ。

勉強する習慣が身についていない子供は、往々にして、親がそれほど熱心に勉強させないことが原因らしい。親自身が勉強に対して意味を見出していない場合、子供にも「勉強しろ」とは言わない。それが結果として、子供の性格の形成に影響を与えているようである。

この話がどこまで一般化できるかどうかは分からないが、もし概ね正しいとすれば、小学校の低学年、1年生や2年生のうちに、勉強する習慣を身につけさせ、ある程度しっかり勉強をみてやることが必要だということ、つまり「鉄は熱いうちに打て」ということかもしれない。

  by yoshinoriueda | 2008-05-28 21:00 | 思うに・・・ | Trackback | Comments(0)

「『俺が、俺が』って自分の凄さを見せつけても、何も回らない。」by武田双雲

Presidentの2008.6.2号p.126-131に書道家の武田双雲氏の話が載っていた。「『売れない書道家』を人気者に変えた一言」という副題がつけられたその記事の中に、次のような一節があった。
何年かやっていくうちに、「相手への思いやりがないと儲からない」というのがわかってきた。「俺が、俺が」って自分の凄さを見せつけても、何も回らない。その気づきを与えてくれたのが、ストリートでお客さんに「ありがとう」って言われたことだと思います。相手を喜ばせるためには相手の立場になって、相手のことを考えなければいけないんだなと思い始めたら、少しずつ仕事がうまくいくようになった。...
NTTを辞めて道端で文字を書くようになった武田双雲氏がここまで注目されるようになったのは、確かに「ありがとう」の一言がきっかけだったのだろう。そして、それをきっかけに、「「俺が、俺が」って自分の凄さを見せつけても、何も回らない。」ということに気づいたというところが大きな成長のきっかけだったのだろう。

自戒をこめて、メモ。

  by yoshinoriueda | 2008-05-27 06:50 | 思うに・・・ | Trackback | Comments(0)

「はい、オアシス」

社内で、「『はい、オアシス』の精神」と題したマネジメント層のメッセージが流れていた。本文中には、「・・・『はい、オアシス』の精神が大切である・・・」ということだけが書かれていて、「はい、オアシス」というのが何なのか説明がなかった。

常識として知っている人にとってはいまさら説明の必要もない言葉であるが、意味を知らない人に対して「・・・『はい、オアシス』の精神が大切である・・・」というだけでは、何のことだか分からないだろう。組織を動かすのは、熱意かもしれないが、「言葉」も大切な要素である。

組織には、共通の言語というものがあって、本来であれば、それらは普段の仕事の中で埋め込まれていくものである。例えば、日本企業では、一時、QC活動が盛んであった時代があり、製造業も、サービス業も、QCに取り組んだ時期があった。

最近は、「QCは当たり前」となっているせいか、以前ほどの「ブーム」はなく、QCの世界の共通言語も、忘れられていることがある。例えば、5Sといえば「整理、整頓、清掃、清潔、躾」を指すが、そんなことさえ知らない人も出てきている。

人間、モノを忘れるということは、ある意味、大切な能力であり、辛いことや悲しいことを忘れることで、今を生きていくことができるという側面があるが、大切なことは、忘れないよう繰り返すしかない。

ちなみに、「営業力向上が人生を変える」というブログの「挨拶のマナーを大切にしよう」というエントリーでは、以下のように紹介されていた。
「ハ」・・・はい!
「イ」・・・いらっしゃいませ!
「オ」・・・おはようございます!
「ア」・・・ありがとうございました!
「シ」・・・しつれいいたします!
「ス」・・・すみませんでした!
先週後半からオフに入っていたので、この週明けからは、また気分新たに、「はい、オアシス」の精神を忘れず頑張るぞー!

  by yoshinoriueda | 2008-05-26 07:00 | 思うに・・・ | Trackback | Comments(0)

満席の機内から眺めた青空

a0004752_764862.jpg

  by yoshinoriueda | 2008-05-25 15:00 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

5月、シリコンバレー、雨

今朝のシリコンバレーは雨。数日の滞在のうち、初めての雨だった。時折激しく叩きつけてくる雨のなか、パロアルトからHW101を北に30分ほど走り、サンフランシスコ国際空港に到着。
a0004752_752042.jpg

アメリカでは三連休ということもあってか、チェックインカウンターはかなり混雑していた。お金を払ってでも足元が広い座席に変更してもらおうとしたのだが、生憎満席で、たとえお金を払ったとしても、ビジネスクラスにさえ変えてもらうことはできない状況だった(××)
a0004752_75334.jpg

搭乗口の上の壁に描かれた絵をみると、まるで、子供が道路に落書きしているかのよう(^^)
a0004752_754979.jpg

ちょっとしたシリコンバレーでの休日だったがとても楽しかった~♪

  by yoshinoriueda | 2008-05-24 09:00 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE