<   2008年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

 

工学部離れとはいうけれど...

「賃金低い、出世しない」 「工学部離れ」で志願者4割減」というエキサイトニュースの記事によると、
大学工学部の志願者が、ここ5年で4割も減少している。この「理系離れ」について、専門家は、工学部出身者が会社内で不遇なことも一因とみる。・・・

 文系・理系の生涯賃金格差が5000万円「エンジニアが下積みになっています。親や先輩、友人の父親を見て、生涯賃金のことが分かるので、インセンティブが小さいんですよ」

「理系の経営学」などの著書がある東大大学院工学系研究科の宮田秀明教授は、理系離れと言われる現状をこう嘆く。

理系、特に工学部離れは、確かに顕著なようだ。文部科学省の学校基本調査によると、2008年度入学の大学入試で、工学部の志願者数は、前年度比1割近く減の24万人余。これが5年前に比べると、なんと4割も減っているのだ。予備校の調査では、ここ1、2年は学校側の対策もあってやや持ち直しているという。しかし、ピークだった1992年からの下落傾向に歯止めがかかったとまでは言えないようだ。

工学部離れの理由について、宮田教授は、高度な技術が要求されるにもかかわらず、エンジニアの賃金が安く、幹部に出世しにくいことを挙げる。

「今はプログラミングやITの知識が要求されるなど、昔より守備範囲が広く技術が難しくなっています。きちんと学ぼうとすれば、医学部のように6年かかります。しかし、難しいことをしても、それに比例した見返りがありません。日本では、マイクロソフトのビル・ゲイツのような成功例が出てこない。理系離れは、好き嫌い、モチベーションより、構造的な問題ですね」

低賃金については、衝撃的なデータがある。日経ビジネスの8月25日付サイト記事によると、大阪大大学院の松繁寿和教授は、文系・理系両出身者の生涯賃金格差が5000万円という10年前の調査が、今も当てはまることが再調査で分かった、と言うのだ。特に、文系が多い金融・商社と理系が多い製造業の間にある産業格差が、そのまま賃金格差に表れたという。また、理系出身者の方が課長になるのが遅いなどの昇進格差も関係しているとしている。

工学部のうち、特に、電気・電子系の人気が落ちているようだ。

学校基本調査によると、2008年度入試で、電気通信学部の志願者数は、5年前より5%減の3968人。日経ビジネスの08年8月19日付サイト記事では、東大工学部の3年次における進学振り分けで、電気・電子系が5年連続で「底割れ」したと伝えている。07年度の進振りでは、電気・電子系3コースのうち2 コースで定員に達しなかったというのだ。

その背景として、半導体やディスプレーの開発で韓国に遅れを取るなど、電気系産業の厳しい状況が挙げられている。前出の宮田教授は、「(株価暴落の)ソニーショックで始まりました。情報システム系もそうですが、仕事がきついのに給料が安く企業に魅力がないのが原因でしょう」と分析する。

とはいえ、電気・電子系の技術は、自動車産業や重工業でも必要とされるようになっている。「車は今や、コンピューターのようなものだからです。重工業でも、飛行機の開発が始まっています」と宮田教授。

ところが、新技術開発を担う大学院でも、志願者が減っているというのだ。日経ビジネスの8月26日付サイト記事によると、京大工学部では、博士課程の定員 200人に、京大生は120人ほどしか集まらず、留学生を入れて埋めているという。その背景に、経済的なメリットが少ないことがあるとしている。

宮田教授によると、こうした状況があって、東大でも工学部から金融・証券の会社に就職する学生が増えている。「私の研究室でも、10年以上前は20~30%に過ぎなかったのが、今や100%にもなるんですよ」。

「まず、産業界を改革しないといけません。そうしないと、賃金がすぐ倍になる外資系に、いい人材が行ってしまいます」と宮田教授。さらに、船舶工学系の4専攻を改編して東大でシステム創成学科を立ち上げた経験から、「時代に合わせて、大学も会社と同じように変わらなければいけません」と話している。
5年前くらいだったか、10年前くらいだったか、若い世代に理系の世界に興味を持たせようということで、さまざまな取り組みがなされていたが、「お金」という現実的な問題に行き当たる現状を考えると、宮田教授がいうように、なかなか一足飛びに理系不人気の問題は解決しないようだ。

とはいえ、かく言う私も、中小企業診断士などの資格を取得し、デリバティブや証券化、ベンチャーキャピタルといった仕事をしてきているので、電気工学を専攻してきたとはいえ、科学技術に直接的に貢献している度合いはかなり少ない(^^;;

ただ、工学を専攻していたことで、仕事の上で困った場面に直面することが少ないような気がする。契約書の条文を考えるときには、プログラムを書くようにすれば済むし、複雑な計算式が出てきても、偏微分方程式をワークステーションで解かせるほどの問題はビジネス上ほとんどないし、技術に関する込み入った話題でも、工学系の思考パターンを適用すれば、それほど難しい問題はない。

でも、も、もしかして、単純作業労働者的な仕事しかしてこなかったから、あまり苦労した感がないのだろうか...(汗、汗)

  by yoshinoriueda | 2008-08-30 21:41 | エネルギー・環境 | Trackback | Comments(0)

これは買いか!?:チョコレート麦芽を使った「ビアショコラ」

a0004752_2185987.jpgエキサイトニュースによると、
「チョコ」が決め手 大人の黒ビール 濃厚でやわらかい味わい

キリンビールは、ビターチョコのような味覚を楽しめる黒ビール「ザ・プレミアム無濾過〈ビアショコラ〉」を2008年12月3日から数量限定発売する。

"チョコ味"の秘密は、カカオ風味の麦芽「チョコレート麦芽」を一部使用しているため。

熟成したビールをろ過せず、そのままびん詰めすることで、うまさを余すところなく封じ込めた。

330ml。価格は260円前後。
とのこと。これは買いでしょう!でも、この時期、きっと日本にいない...(;_;)

  by yoshinoriueda | 2008-08-30 21:12 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

江戸堀「きんちゃく」にて「肉吸い定食」

a0004752_239563.jpgこの一週間はとても長かった。昼休みにまで仕事が食い込むことも往々にしてあったのだが、そんな遅めの時間帯に向かったのが、江戸堀「きんちゃく」。本業はおでん屋のようなのだが、そのおでんから取ったダシに、玉子・トック・お肉が入った肉吸い定食を食べた。(写真はホットペッパーのサイトより)

ダシの味がほどほどに調整されていて、脂っこい感じもする割りには、結構飲みやすい。肉もたっぷり入っていて、ガッツリ食べた感じがした。

食べはじめたころに女性のおひとりさまが来店。ギャル風のお姉さんのオーダーは焼肉定食~横目で見た感じでは、なかなか美味しそう。

食べ終わるころに、2階から続々と会社員風の男女が降りてきた。1階のカウンターは8人くらいしか座れないようだが、2階にも席がある模様。

蒸し暑い夏に食べると汗を一杯かいてしまったが(^^;;冬のおでんは美味しいかも。お酒もずらりと並べられていた。次は冬かな...(^^;

お店の公式サイト:きんちゃく

食べログサイト:

きんちゃく 江戸堀 (きんちゃく えどぼり) (おでん / 肥後橋)
★★★☆☆ 3.0


  by yoshinoriueda | 2008-08-29 23:11 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

ニュースクリップ:排出権取引対策小委員会、国内排出量クレジット(VER)が2種類に

電気新聞 8/28 
 自民党 排出権取引対策小委員会(環境部会or環境調査会の下に設置?)
  「投機筋が入り込んでマネーゲームにさらされることを防ぐ」ことが主な狙い。

 環境省 温室効果ガスの国内排出量クレジット 用途別に2種類に区分
  c-VER:国内排出量取引制度に適用可能
  v-VER:市場取引されずオフセットにのみ利用可能

  by yoshinoriueda | 2008-08-28 11:35 | エネルギー・環境 | Trackback | Comments(0)

地球温暖化問題に関する講演

社内の会議ではあるが、久しぶりの講師役。お題は「地球温暖化問題の動向」。

地球温暖化問題については、いろいろな視点があり、トピックスも多いので、「浅く広く」となってしまう。100枚程度のスライドの要点のみを50分程度で説明。ニュースなどで得られる断片的な情報を国内外の大きな流れにそって再構成したつもりだが、うまく伝わっただろうか。

帰りは大阪モノレールの彩都線に乗車。モノレールの営業距離が世界一で、ギネス認定されているとか。万博記念公園駅に向かって下っていくところは、なかなかの見ごたえがあった。

帰りは、講師陣とともに千里中央の「ひゃくばん 千里の台所」でちょこっと打ち上げ。おつかれさま~

  by yoshinoriueda | 2008-08-27 22:25 | エネルギー・環境 | Trackback | Comments(0)

あさりおこわ弁当@東京駅by日本レストランエンタプライズ

東京での会議が終わって、N700系で帰阪。窓側A席を確保し、モバイルPCで議事メモを作成。

新幹線のゲートをくぐる前に買った「あさりおこわ弁当」はなかなかおいしかった。

参考リンク:東京都・東京駅・季節のおこわ駅弁(ウェブサイト「駅弁資料館」)

  by yoshinoriueda | 2008-08-26 23:43 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

焼肉弁当@老舗板前弁当 神楽坂三代和食や

東京にて会議。ランチは、老舗板前弁当 神楽坂三代和食やの焼肉弁当。ボリューム満点!

これで午後の会議もガッツリ議論しろ!ということか?!という冗談も出ていたが、議論は白熱。

確かに夕方までおなかが減りませんでした。ガッツリランチ、大切ですな。

  by yoshinoriueda | 2008-08-26 23:40 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

ニュースクリップ:「排気量」から「CO2排出量」へ 経産省が自動車税制の変更検討

産経 2008/8/24
経済産業省が平成21年度の税制改正で、エンジン排気量の大きさを中心に税額を決めている自動車税制を見直し、走行1km当たりの二酸化炭素(CO2)排出量を基準に税額を決める方式への変更を検討していることが23日、わかった。同様の仕組みは欧州各国が取り入れ始めており、地球温暖化を防ぐグリ-ン税制の目玉にしたい考えだ。しかし、これまで優遇されてきた軽自動車の税負担が大幅にアップするため、自動車メ-カ-などの反発は避けられず、調整は難航しそうだ。

現行の自動車税は、排気量1L以下のリッタ-カ-の自家用乗用車で年額29,500円、最高の6L超で111,000円など、排気量に応じて税額が定められている。排気量660cc以下の場合は税金が優遇される軽自動車税となるため、年額7,200円に抑えられている。

経産省では地球温暖化対策の一環として、こうした自動車税制の見直しに着手する。1L当たり2,300gのCO2が排出されているガソリン消費の削減に向け、CO2排出量そのものを基準にした自動車税制への転換を目指す。すでに同省では自動車メ-カ-とも協議を始めており、21年度税制改正要望で、CO2排出量を基準とする税制の検討方針を盛り込む。

ただ、CO2排出量を基準とした税制になると、排気量が大きい大型車が不利になるほか、これまで優遇されている軽自動車の税額が重くなる見通し。自動車メ-カ-の今後の商品ラインアップに大きな影響を与えるほか、軽自動車ユ-ザ-などからの反発も予想される。

地球温暖化対策を進める欧州では、すでに英国やフランスがCO2を基準にした自動車税制を導入している。来年1月から導入するドイツではCO2排出量を基準として、排出量が少ないほど税金が安くなる仕組み。走行1km当たりの排出量が100g未満の自動車には、自動車税を免除し、燃費のよい中小型車やハイブリッド車への移行を促す計画だ。

日本でも燃費向上を促すため、グリ-ン税制が導入されており、排気量などをもとにした目標燃費を15%以上上回る自動車には自動車税などの軽減措置を講じている。しかし、経産省ではCO2排出を削減するには自動車税の抜本的な見直しが必要と判断し、今後、関係方面との協議を急ぐ方針だ。
「炭素経済」のはしりか?!

  by yoshinoriueda | 2008-08-24 08:43 | エネルギー・環境 | Trackback | Comments(0)

ニュースクリップ:電気代いくら節約、家電買い替え時試算、セコムが来春サービス

2008/08/23 日本経済新聞 朝刊 P 12
 セコムは2009年春をめどに、冷蔵庫などの家電製品を買い替えた時に電気代をいくら節約できるかを試算するサービスを始める。警備の契約家庭が対象で、新規契約時や機器のメンテナンス時に無料で引き受ける。

 付帯サービスを充実させて、新規契約の獲得につなげる狙いだ。 顧客の希望に応じて、警備員が冷蔵庫、洗濯機、電子レンジなどの型番号を記録。セコムのデータベースと照合して各製品の電気の使用量や二酸化炭素(CO2)の排出量を調べ、「冷蔵庫を最新の製品に買い替えることで年間5千円を節約でき、CO2を30%削減できる」といった報告をする。
CO2をどのように活かすか、企業の工夫次第、といった時代になりつつあるということか?!

  by yoshinoriueda | 2008-08-23 13:45 | エネルギー・環境 | Trackback | Comments(0)

ニュースクリップ:東京都、家庭での太陽熱給湯など節約分買い上げ 排出量取引で

日経 2008/8/22
東京都は太陽熱給湯器などの利用で一般家庭がエネルギ-使用を節約すれば、その節約分に応じた金額を家庭に支払う制度を2009年度に創設する。買い取った都は二酸化炭素(CO2)排出量に換算して、排出量取引制度の中で企業に売却する。家庭と企業双方の環境対策促進を狙った制度で、地方自治体では初の試みという。

都の計画では、住宅やマンションに設置した太陽熱利用の暖房・給湯機器などが対象となる。化石燃料との比較で節約できたエネルギ-量について都が「グリ-ン熱証書」を発行。証書は都が買い上げる。買い上げる金額などについては今後検討を進める。
これは太陽熱給湯器をつけている人にとっては朗報なのかも?!

  by yoshinoriueda | 2008-08-22 08:46 | エネルギー・環境 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE