<   2009年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

温暖化で金儲けしようと煽る企業はCSR上、逆効果なのでは?

朝日.comに2009/7/31に掲載されている記事「低炭素社会は「ビジネスチャンス」 大手5社が連携」によると、
イオン、東京海上日動火災保険、富士通、三菱東京UFJ銀行、リコ-の5社は30日、低炭素社会の実現に向けて連携する企業ネットワ-ク「日本気候リ-ダ-ズ・パ-トナ-シップ」を結成した。会員企業を増やして、温室効果ガスの排出を減らす事業展開や政策のあり方について情報発信する。

同ネットは、温室効果ガスの排出を抑える社会へ向かうことは「ビジネスチャンスであり、経営の最重要課題の一つ」としている。企業活動から排出量を減らすほか、省エネ技術の開発、二酸化炭素(CO2)を吸収する森林や海の保護を目指す。

温室効果ガス削減の政府目標について、日本経団連は「負担が増える」として、厳しい数値になることに反対していた。同ネットの結成は、日本の産業界にも温暖化対策に積極的な企業があることを国内外にアピ-ルするねらいもあるとみられる。
とのこと。「日本の産業界にも温暖化対策に積極的な企業があることを国内外にアピ-ルするねらいもある」といってしまうと、日本の産業界は、温暖化対策に消極的な企業がほとんどであるということが前提となっているような印象を読者に与えかねないと感じるが、果たして、そのような朝日.comの認識は正しいのだろうか?

実際、イオンや富士通、リコーといったところは、別に、温室効果ガスを大幅に削減するノウハウを持っているわけでもなく、また、排出量が格段に多いというわけでもない。ましてや、東京海上日動火災保険や三菱東京UFJにしてもしかり。

そんなところが温暖化対策を声高に叫んだところで、「どうせ、温暖化で金儲けしたいんだろ」という程度の捉えられ方にしかならないのではないだろうか。「エキサイトの同じような記事へのコメントでも、そんなコメントが多いような気がする。

マスコミや金融機関などは、温暖化というキーワードで煽りたいのだろうが、賢明な国民は、そんなことでは踊らされないと思う。踊らされているのは、聡明でない人たちなのではないだろうか。上から目線で申し訳ないが、本当にカワイソウ...

Caplio愛用者としては、リコーがこんな行動をとっていることを残念だと感じる。また、振り込み手数料が、他行に比べて格段に安い三菱東京UFJ銀行にしてもしかり。CSR上、逆効果じゃないのかなぁ~

参考:日本気候リ-ダ-ズ・パ-トナ-シップ(Japan-CLP)
 

More エキサイト・ニュース記事
[PR]

  by yoshinoriueda | 2009-07-31 12:59 | エネルギー・環境 | Trackback | Comments(0)

書家・紫舟(ししゅう)さん、来年の大河ドラマ「龍馬伝」の題字を担当!

NHKの番組「沸騰都市」や、美術番組「美の壺」の題字を書く書家・紫舟(ししゅう)さんが、今度は、来年の大河ドラマ「龍馬伝」の題字を書くことになったとのこと。「書家紫舟(仕事)」のページによると、
書(字)を書くというよりは、激動の時代に生きた若い志を描きました。身分差別や理不尽の時代から、個々の志や夢が権力によって踏みにじられることの決してない新しい世をつくる、龍馬の芯の強い志を書にしました。

「龍」には龍馬や主演:福山雅治さんの風貌(長身のシャープ感)を、
「馬」には時代や天空を駆け巡った龍馬の動を、
「伝」では北辰一刀流剣の達人でかつ人をあやめなかった龍馬の刀(寸止め)の軌道を表現しています。


(上の文章は「書家紫舟(仕事)」のページより。)
a0004752_8564338.jpg

とても精力的に活動されている紫舟さん。作品の一つ一つに魂が込められているというか、よく練られているというか、作品に触れるたびに勇気みたいなものをもらっているような気がする。(「いっつもありがとう」ございますm(--)m)

そもそも、来年の大河ドラマが坂本龍馬の話だったとは知らなかったし、福山雅治氏が主演だということも知らなかったが、紫舟さんのご活躍の様子を知り、つい、大学のころ没頭して読みふけった司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読み出してしまった...(^^;; 

今から来年が楽しみだ~♪



でもその前に...



エコポイントで大画面の薄型テレビを買わなきゃ!


(って、無理か。買ってエコポイントがもらえるわけだから...)


お後がよろしいようで...テケテンテンテン


参考:NHK「龍馬伝」 | 2010年の大河ドラマは坂本龍馬の生涯を描きます

参考:「理」だけでなくて「利」もなけりゃ。「徳」だけでなく「得」もなけりゃ。
[PR]

  by yoshinoriueda | 2009-07-30 22:10 | POP・movie・スポーツ | Trackback | Comments(0)

「政党政治の精神」を考える(佐々木毅)

元東大総長の佐々木毅氏の「『政党政治の精神』を考える」というコラムが公研2009.7号に掲載されていた。ふふん、と納得できる点もあれば、正直、良く分からないところもあったが、面白いと思ったところを2箇所。
官僚制の基本的な問題点は、彼らは「間違った」とは絶対言わないことです。全部成功したことになっていて、その結果ひどいことになっている。・・・「あの先輩がこれやった」ということで、政策を否定できないのです。だから、だんだん、上っ面の現状認識で済まそうという体質が働く可能性が高いことは認識しておく必要がある。・・・絶対誰も間違えない、素晴らしい政策をやってきました、と。
ある、ある。まさに官僚体質。民間企業でもありがちで、この体質が蔓延すると、経済合理性の判断が軽視され、政治的判断という名のゴリ押しや派閥争いが繰り広げられるようになる。キタナいものですな~

もう一つはこちら。
思想信条と政策は無関係では在りません。しかし、思想信条が政策そのものだというのは、私は基本的に反対です。政治家は政策をやるもので、思想信条を表明するために政治家になったわけではない。
日本の政治家に、法律の条文を書く能力がある人がどれだけいるのか。政治的判断や裏工作ばかりしていて、国の仕組みを考え、それをプログラムを書くように法律の条文に落とし込んでいける人がいるとは思えない。

結局、利害関係者である民間企業と、官僚の言いなりになる御用学者と、官僚がよってたかって調整し、国益や政策目的が曖昧になった法律や規制が出来上がっていく。官僚は、自分の判断による結論に責任を負わないので、御用学者にその責任を負わせる。

こうやってもたれあいの体質が出来上がっていく。こちらも、キレイとは言い難いところがあるような感じ...

もうすぐ選挙。果たして、この国の政治はどうなるのか。行政は?そして、私達の未来は?
[PR]

  by yoshinoriueda | 2009-07-29 21:21 | 思うに・・・ | Trackback | Comments(0)

六角や 京都駅前店にてプチ晩ご飯

a0004752_21295775.jpg京都に出張。会議が終わり、蒸し暑さに負けて、一杯ビールを飲んで帰ろうと、連れ合いとふらりと京都駅付近を探索。

下京区役所から京都タワーを目印に少し歩いていると、京町屋風の飲み屋が何軒か並んでいた。ちょっと奥まったところに提灯が光っていたのに誘われて立ち寄ると、なんだか美味しそうな雰囲気~♪

六角や」と書かれた白い暖簾をくぐって店に入ると、カウンター席やテーブル席が見えた。通されたカウンターの中には、美味しそうなおでんがクツクツ。

とりあえずビールを流し込みつつ、漬物の盛り合わせと名物どて焼きを注文。お店の枕詞に「京味噌」というのが入っていたので、それがウリなのだろう。


a0004752_2133595.jpg連れ合いは、おでんを注文。おでんにも味噌がかけられて出てきた。ちなみに味噌は、京都丹波の京丹味噌だとか。なかなか美味しそうだった。( ̄¬ ̄) ジュル

どて焼きは3本セットだったが、用意されているのを横目で見た連れ合いが、
「この年になってケンカはせーへんと思っていたが、そうやって出てくるなら、ケンカになるかもしれんから、4本にして~」
と注文変更(^^;; 

3本以上なら、何本でも用意してくれるというきめ細かさがうれしい。

a0004752_21401789.jpg早くも、連れ合いは、爽やかそうな炭酸と、さっぱりしそうなレモンが入っているハイボールを飲み始めた。

それを見ていると、あまりに美味しそうでもあり、また、目の前に「女将も大好き」というなので、つい、つられて、こちらも注文(^o^)/

久しぶりに飲んだ気がするけれど、懐かしくもあり、また、美味しくもあり。ついついピッチがあがってしまった(^^;;

最初は軽く食べて帰るつもりだったけれど、家には晩ご飯が用意されていないことを携帯メールで知り、急遽、「牛とろ丼」を注文。

a0004752_2143811.jpg上に乗っているのは凍っていて、ご飯と混ぜることで、少しトロけはじめる。口の中に入れると、シャリシャリとした食感と、それが口の中で溶ける感覚を味わうことができ、絶妙の美味しさ。味は、山葵醤油なのだが、これはクセになるかも!

女将いわく、女性の場合は、1杯を2人で分けるようオススメするとか。私の場合は、ペロリと平らげてしまったのだが...(^ー^)

いろいろと細かい気が利く美人女将との会話も楽しく、ちょっと立ち寄ったつもりが、なかなか気に入ってしまった(^o^) 

ブログの記事を書きながら知ったのだが、このお店は、先斗町にある串かつ料理の「こぱん」というお店と同じ系列の模様。ちなみに、「こぱん」もなかなか美味しいところだった。 

a0004752_21503738.jpg美人女将のお許しを得て、後姿をブログにアップしてもいいということになったので、一枚パチリ。御顔のほうは、是非、お店を訪ねてご確認のほどを~
m(--)m 

お手頃価格で、ほっと一息。京都に行ったら、また立ち寄りたいお店ができた。

【参考】六角や
 京都市下京区東塩小路町693
 075-354-3789
 17:30~24:00(L.O.23:30) 無休

公式サイト:京味噌旬菜 六角や
ぐるなび:京味噌旬菜 六角や 京都駅前店
食べログ:六角や 京都駅前店 (居酒屋 / 京都、五条、七条)★★★★ 4.0
[PR]

  by yoshinoriueda | 2009-07-28 22:04 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

またもや「個室の和座 舞月(まいげつ)」にて、OECDの会議の打ち上げ~♪

京都大学の桂キャンパスにあるローム記念館で開催されたOECDの会議「Measuring and Fostering of the Progress of Societies: Key issues for the Asia-Pacific countries (OECDアジア太平洋地域における社会進歩指標に関する京都会議)」にて「Toward a Low Carbon Society」と題して、英語にて講演した際の関係者が集まり、「個室の和座 舞月(まいげつ)」にて宴席。3月から4ヶ月も経っているが、まあ、それはご愛嬌(^^;;

個室の和座 舞月(まいげつ)」は、営業関係の仕事をしていた頃にも来たことがあり、それなりに満足した経験があったのだが、今回は、コース料理を楽しんだ。梅おろしぶっかけうどんが出てこなかったような気がするが、これは、ちょっとビール飲みすぎたかな?!

社内のメンバーが集まったので、異業種ならぬ「異業務」交流会となったが、それはそれでなかなか面白かった。というわけで、かどういうわけか、OECD同窓会を半期に一度継続することに~♪ (なら、次は年明け前後?!) またの機会を楽しみにしたい。
[PR]

  by yoshinoriueda | 2009-07-27 22:46 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

もはや避けては通れない「総量による排出量取引」

エキサイトニュースの記事「民主公約、20年までに25%減 温室ガス削減目標90年比」によると、
 民主党が衆院選マニフェスト(政権公約)に盛り込む地球温暖化対策の概要が26日、明らかになった。日本の温室効果ガス排出削減の2020年までの中期目標を「1990年比25%減」と明記。政府の「8%減」(05年比では15%減)を大幅に上回る。民主党は削減方法に関し、企業ごとの排出量に上限を設けて企業間で排出枠を売買する排出量取引制度「キャップ&トレード」の創設を打ち出した。
とのこと。排出量取引制度「キャップ&トレード」は、それ自体では、排出量を下げることにはつながらないが、キャップを厳しくしていくことで、見かけ上 or 実質的に、排出量が減るようになる可能性はある。


ただ、もはやこの流れは止められないのだろう。


となれば、あとは、企業がどのように負担するかという問題が持ち上がってくる。やはり、全量オークションになるのか。あるいは、過去の実績に応じた形で無償の排出枠を付与する形になるのか。

財源を確保するなら、環境税の導入に加えて、オークション方式のキャップ&トレードを導入することも視野に入ってくるだろう。


もう一つの論点は、「真水」だけではないということだ。排出権のようなもので、排出量をオフセットすることが認められることを利用することは大いにありえるだろう。つまり、90年比▲15%までは、「真水」いわゆる国内対策でやって、残りの10%分は、排出権を買ったりすることで賄うのかもしれない。

もちろん排出権を買うことによって、国富は海外、特に途上国に流出していく。ちょっと虚しいけど、民主党の政策が現実のものになるならば、この仕組みは外すことはできない。もちろん、日本という国の力を衰退させるのならば、話は別だが...

とりあえず、具体的な政策の中身の提言を待つとしよう。
[PR]

  by yoshinoriueda | 2009-07-26 18:09 | エネルギー・環境 | Trackback | Comments(0)

黄色い花が一輪

曇り空の下、黄色い花が一輪咲いているのを見つけた。
a0004752_1529551.jpg

[PR]

  by yoshinoriueda | 2009-07-26 11:28 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

天神祭宵宮の夜に

a0004752_085021.jpg天神祭宵宮の夜、少し早めに出て、夜の宴席へ。新福島駅の近くの神社では、屋台が出て、お祭り気分を盛り上げている。

そんな風景を横目に、交差点を渡り、先日のタヴェルナ ポルチーニの筋を入って、少しいったところにある町屋風の店「かたちく。」に到着。

a0004752_14204033.jpgすごい生ビールがあるという看板に期待して、2階へ。いただいたのは、ぐるなび限定コース
・お造り3種盛り
・冷やしトマでん
・小海老天と茶そばのサラダ
・若鶏の一口カツ りんごソース
・炙り茄子と和牛のタタキ 
・とうもろこししんじょう
・特製ちらし寿司
・季節のフルーツのパンナコッタ
を中心に、少し一品料理も追加。いろいろな話に花を咲かせたため、写真を撮るのを忘れていた(^^;; ただ、和牛のタタキと特製ちらし寿司の美味しかったことだけは覚えている。

それだけでは飽き足らず、白木屋で飲み直し。かなり大量におつまみが出て、食べきれない状態に…

ともかくもお疲れさまでした~

【お店情報】
旬の地野菜と直送鮮魚 町家酒場 かたちく。
 大阪市福島区福島5-11-6
 06-6455-7758
 17:00~24:00(L.O.23:00) 

白木屋福島駅前店
 大阪市福島区福島5-8-14 福島吉紹ビル5F
 06-6344-0488
 17:00~3:00(金・土・祝日前 17:00~5:00)

[PR]

  by yoshinoriueda | 2009-07-24 23:59 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

「太陽光発電、全世帯で負担 料金に転嫁、来年4月から」

Excite エキサイト : 社会ニュース 太陽光発電、全世帯で負担 料金に転嫁、来年4月から」によると、
 経済産業省は23日、総合資源エネルギー調査会の小委員会で、電力会社が家庭の太陽光発電の余剰電力を買い取るためのコストを全世帯の電気料金に転嫁できる新制度を提示した。来年4月からの実施で、各世帯の電力の使用量に応じて、電気料金に上乗せする仕組み。上乗せ額は、導入当初は標準家庭で1カ月当たり約30円、導入10年目は最大で100円程度になる見通し。
とのこと。太陽光発電設備を設置することができる人たちだけが、設置することができない人たちを踏み台にして、コスト回収する制度、スタート。

電力会社は単なるコスト徴収業者に成り下がり、太陽光発電関連事業者だけが焼け太りするのか。シャープは大阪湾に新しい太陽光発電パネル工場を建設しているようだが、ちゃんとした製品が出てきて、コストが下がるのは、もっと先の話か。これまでもさんざん補助されてきたパネルメーカーだが、数年先に価格が半額にならなければ、もう完全に狼少年になるだろう。

この騒ぎに便乗しているのが、ダブル発電を掲げるガス会社。詐欺まがいのことでもガス会社ならば許されるというのは、イメージ戦略が上手だからか、それとも、ガスだから圧力をかけるのがうまいからか?(これがシャレだって分かりませんよね(^^;;)

ともかくも、騙されているのはだれか?善良な市民か、それとも単なるコスト回収業者に成り下がる紳士な電力会社か?あるいは、おバカな政治家か?煮え湯を飲まされる大口需要家か?(参考:太陽光発電、買い取り費を電気代上乗せ 企業負担、最大年1700億円@FujiSankei Business i)

イノベーションを起こすのは、こんな固定買取制度ではない。ドイツのマネをしていたら、そこで終わってしまう。新たな技術開発やビジネスモデルに挑戦したものに報いる社会の気風と、起業家の根性・努力・才能・運、それを支える専門家やお金の力こそが、イノベーションを起こすのだ。

日本は、はたしてどこに行くのか?
[PR]

  by yoshinoriueda | 2009-07-23 21:45 | エネルギー・環境 | Trackback | Comments(0)

台湾産マンゴー

昨年に引き続き、今年もいただいた台湾産マンゴー~♪
a0004752_21275435.jpg

濃厚な味を堪能いたしましたm(00)m

ありがとうございました!とってもおいしかったです。
[PR]

  by yoshinoriueda | 2009-07-23 21:30 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE