<   2010年 02月 ( 36 )   > この月の画像一覧

 

お昼に富鶴(とみづる)@大阪・京橋で焼肉&てっちゃん鍋を堪能~♪

お昼に大阪・京橋の富鶴(とみづる)で焼肉&てっちゃん鍋を堪能。
a0004752_21482514.jpg

a0004752_2148664.jpg

a0004752_21481232.jpg

久しぶりに来たけれど、やはり美味しかった~♪

参考:京橋・富鶴で反省会...

富鶴 (焼肉 / 京橋、大阪ビジネスパーク、鴫野)
★★★★★ 5.0

@食べログ

  by yoshinoriueda | 2010-02-28 21:51 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

久しぶりに結婚式に出席。いゃぁめでたい~♪

雨が上がり、晴れ間が見えた神戸。久しぶりに結婚式に出席。
a0004752_1824754.jpg


場所は大阪ビジネスパークにあるホテルモントレ ラ・スール
a0004752_18265434.jpg


新郎、新婦とも楽しそう~いゃぁめでたい~♪

***

タラバ蟹のカクテルを包んだマリネサーモンと白インゲン豆のサラダ添え
a0004752_21392422.jpg

活帆立貝のオーブン焼きとラタトゥイユ添えプロヴァンサルの風にのせて
a0004752_21393027.jpg

マッシュルームクリームスープカプチーノ風

鱸(すずき)の高温スチーム季節の野菜とノイリー酒風味のクリームソース
a0004752_21394056.jpg

仔牛フィレ肉のステーキと茸入りサフランリゾットのグリルを添えてアンディブのキャラメリーゼとシャスールソース
a0004752_21394924.jpg

パッションフルーツムースとマンゴーソース
a0004752_21395813.jpg


どれも美味しかった~♪

おめでとうございます。お幸せに~♪

  by yoshinoriueda | 2010-02-27 23:59 | エネルギー・環境 | Trackback | Comments(0)

「経営力」と聞くとマネジメント層だけの問題のようにとらえがちだが...

競争する意思のない日本の太陽光発電業界を応援する必要があるのか?」や「CCT国際研究会ワークショップ参加報告」というエントリーに関連することで、グロービスの堀さんがご自身のblog「起業家の風景」で示唆に富む発言をされている。
僕は、あえて言いたい。「日本企業は、ものづくり神話を捨てて、経営力を磨くべきだ」、と。「日本企業は、ものづくりをすべきではない」とは、言っていない。日本の強みの一つは、ものづくりなので、継続すべきだ。ただ、「ものの品質さえ高ければ勝てる」というような神話にすがることは、もう止めよう、と言っているのだ。現実は、それほど甘くない。ものづくりで勝っても、経営力で負けているケースが山ほどあるからである。「経営力」、それが今後の企業の優位性を決める尺度になるであろう。…

「経営力」とは、何か。それは、必要な改革を行い、戦略を描き、実行する力だと考えるとわかりやすい。…

改革、戦略、実行面で不断の「経営力の強化」をやってきたかどうか。それが、会社の勝ち負けを決めるのである。それ以上でもそれ以下でもない。そして継続的にその努力をし続けた会社のみが、世界の舞台で優位に立つのである。…
国家を挙げて戦略を立て、実行している例は、堀さんが紹介されているように、まさに韓国なのかもしれない。エネルギーの分野の話ではあるが、「世界で82基の原子力発電所を運転する仏EDFをも破る韓国電力、あらためて恐るべし」や、「 「日の丸原子力」という勘違い」というエントリーを書きながらその一端を感じていたので、とてもしっくりくる。まさに、もはや「ものの品質さえ高ければ勝てる」という世界ではないということなのであろう。

ちなみに、つい先日、飲みながら話をしている中で、こんな意見を聞いた。
これまでの人材の流動性の低さが、日本人のビジネススキル・ホワイトカラーの生産性を向上させようというインセンティブを阻害している。流動性が高い状態では、ビジネスパーソンのスキル向上は必須。それは結果として日本の競争力の源泉になっていく。日本の経営者側にはそのような意識が希薄であり、ビジネスパーソンのスキル向上を評価しないことが多いのではないか。
どちらが原因でどちらが結果なのかは別にして、確かにこんな一面はあるのかもしれない。日本人の人口が減少する中で、日本が成長するためには、組織の力も必要だが、それを支えるのも、引っ張るのも個人の力がベースになる。

「経営力」と聞くとマネジメント層だけの問題のようにとらえがちだが、実は、ビジネスパーソン一人一人がその力を発揮すべきものである。そんな自覚を持って前に進んで行きたいものだ。

  by yoshinoriueda | 2010-02-26 12:56 | 思うに・・・ | Trackback | Comments(0)

今日も富士山はきれいだったけど...

昨日に続き、今日も温かい。東京2泊の後、帰阪。
a0004752_22173734.jpg

富士山が今日もきれい。

しかし、花粉症にとってはとっても辛い(;;)

本当にイヤな季節。早く夏にならないかな~(^^;;

  by yoshinoriueda | 2010-02-25 22:20 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

CCT国際協力研究会ワークショップ参加報告

CCT国際協力研究会ワークショップが品川プリンスホテルで開催された(参考:開催案内(pdf))。

主催は(財)石炭エネルギーセンターで、国連CDM理事会の黒木理事をはじめとして、IEAや、融資を行なうアジア開発銀行(ADB)世界銀行(World Bank)、電源開発(J-Power)や三菱重工業といった石炭発電技術を持つところなど、顔ぶれが豪華。

石炭火力発電は価格面で優位性があるため、貧困・開発の観点から必要な技術であるとともに、先進諸国にとってもエネルギーセキュリティ面で優位性があり、重要なものである。その部分については、参加者すべての間で認識は一致している感じ。

米国は、世銀の石炭火力に対する融資ガイドラインとして、「炭素オフセット」を要求するといった案を提示。中国やインドはこれに猛反発しているようで、論争が巻き起こっているとか。世銀内では、今後、民間石炭火力への融資を控えるべきという意見も出始めている模様。

日本の石炭課力発電技術を担う電発や三菱重工は、ちょっと泣きが入っている感じのプレゼン。超々臨界圧火力発電(USC:Ultra Super Critical)を普及させるには、二国間スキームなどを構築し、公的資金が必要だとか、中国では、3大メーカ(東方、上海、ハルビン)が力をつけてきており、日本メーカによる参入は困難であるとか、アジア諸国も、中国メーカとの競争が激化しており、政府の資金援助が不可欠であるとか、そういった内容のプレゼンになっていた。

高い技術にそれなりのコストがかかるのは理解できるが、マーケットはそれをその価格で欲しているのかといえば、ちょっと違うかもしれない。

世銀からのプレゼンでは、日本の技術は最先端であるものの、途上国などに持っていく場合、補機動力をどうするか、高温側だけでなく低温側がきっちりと低温に落ちているか、といったとこが最適化できていないことがあるといった指摘がなされていた。ちなみに、世銀のClean Tech Fundでは、0.795kg-CO2/kWhを境に融資条件を変え、この排出係数よりも低くなる技術(USC等)がより普及しやすいような配慮をしているのだとか。数値レベルを何にするかは別にして、これはある意味、賢い方策だと感じる。

CCSについてはいろいろな議論がある模様。COP15では、CCSについて
he importance of carbon dioxide capture and storage in geological formations as a possible mitigatin technology, ...
と位置づけられ(参考:Further guidance relating to the clean development mechanism)、今後、SBSTAで議論がなされていくことになるようだが、安全性、永続性、他のメカニズムとの比較など、課題は山積。

ちなみに、アジア開発銀行(ADB)によると、CCSを入れることで、石炭消費量が6~12%増加するという試算があるのだとか。

いずれにせよ、現時点では、石炭というエネルギーの重要性が一般的に正しく認識されていないということが浮き彫りとなっていることが明らかになったような感じ。「クリーンコール」という呼び名もなんだかイマイチのような気もするが(^^;;

(2010.2.26記)

  by yoshinoriueda | 2010-02-24 23:30 | エネルギー・環境 | Trackback | Comments(0)

HACHI HACHI 神田店でたっぷりと焼肉を堪能~♪

HACHI HACHI 神田店にて宴席。神田の西口商店街を抜け、右手に見えるのが、壁一面インパクトのある店の面構え。ガラス張りで、明るい感じのお店である。
a0004752_2242996.jpg

a0004752_2244565.jpgテーブルは、横に長いのだが、煙を吸うパイプがあり、その下に七輪が置かれる。

普段いろいろとお世話になっている人たちを囲んでの宴席なのだが、普段はメールがベースになっており、顔を合わす機会はそれほど多くない。

にもかかわらず、身近に感じてしまうのは、なぜだろう...(^^)?

本当にありがたいことだ。

それはともかく、肉、肉、肉と、肉肉攻撃が開始されると、もう止まらない!

なかなか美味しいのだ、これがまた。
a0004752_2245715.jpg

a0004752_2252792.jpg

a0004752_2254044.jpg

肉にはツヤがあり、ユッケなんかもとても美味しい。若手はどんどん注文して食べていた。

仕上げは、冷麺と石焼ビビンバ。
a0004752_2255455.jpg

a0004752_226672.jpg

どちらも美味しかった。

おかげさまで、楽しく、そしてたっぷりと焼肉を堪能。アレだけ食べて、なかなかリーズナブル。こりゃ、いいお店だ。

ごちそうさまでしたm(--)m

HACHI HACHI 神田店 (焼肉 / 神田、淡路町、小川町)
★★★★ 4.0


 

  by yoshinoriueda | 2010-02-24 23:01 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

銀座のコリドー街のTHROUGH (スルー)でカリフォルニア料理を堪能~♪

久しぶりにカリフォルニア料理を食べるか~!ということで、やってきたのは銀座のコリドー街の「THROUGH (スルー)

場所は、パシフィック銀座ビルの2階。店を入ると右側には大部屋があり、コンパらしき団体が入っていた。奥に進むと、女性のグループや、合コンらしき団体、おじさんの団体など、客層が面白い。お店は満席で大ハヤリ~ 店員さんは礼儀正しく、なかなか行き届いている。流行るわけだ。

前菜は、軽めに、しかし、カリフォルニア風に、という感じでチョイス。
a0004752_21465474.jpg

a0004752_2147544.jpg

ジンファンデルの赤は、少しヌルめだった(^^;ので、クーラーに入れてもらったところ、ちょうどいい感じになっていった。

メインは、鶏と鴨。
a0004752_21471452.jpg
a0004752_21472263.jpg

どちらもカリフォルニアらしい感じがして、大満足。とくに鴨にかかっていたベリーのソースは抜群~♪

お店の雰囲気もよく、ついつい長居してしまったのだけれど、とても居心地がよかった。満足、満足。

THROUGH (カリフォルニア料理 / 銀座、日比谷、内幸町)
★★★★ 4.0


 
(2010.2.25記)

  by yoshinoriueda | 2010-02-23 23:41 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

もはやエコではなくエゴになった環境省...

環境省の自主参加型国内排出量取引制度第3期の評価報告書(pdf)は、環境省のエゴの塊のような報告書になっている。エコ(eco)ではなく、もはやエゴ(ego)!例えば、
キャップ・アンド・トレードの本格導入が現実のものとなった今・・・(p44-45)
などというまだ決まってもいないことをあたかも決まったかのようにして既成事実化しようという魂胆がミエミエの記載、また、
景気動向等に応じた活動量の変化にも対応しやすく、成長産業についても過去の実績に縛られない発展を確保(p46)
といった無責任な記載、さらには、
国際的には、排出枠を事前交付する方式が一般的であり、事後清算では排出枠の取引量・取引期間に制約をかけることとなり、市場メカニズムが十分に機能せず、効率的な排出削減がなされないおそれがある(p52)
といった海外事例を挙げればひれ伏すだろうというある種の権威主義的な記載、はたまた、
製鉄業(鉄鋼業)、パルプ製造業・紙製造業(紙・板紙・パルプ製造業)等、エネルギー多消費型の事業所の参加を得ていくべきである。また、有機化学工業製品製造業(化学工業)のうちエチレンプラント等を持つ事業所、セメント・同製品製造業のうちクリンカ製造装置を持つ事業所等、複雑な排出源を持つと考えられるような事業所についてこれまでまったく知見が得られていないため、重点的に参加を募るべきである。また、移動排出源に関するバウンダリの考え方等につき知見が不足しているため、道路旅客運送業や道路貨物運送業、水運業等、運輸部門についても参加を得ていくべきである(p55)
という「自主参加」を掲げながら、半ば「強制」するかのような記載など、問題点が満載だ。

補助金を出すことにより、設備投資を促し、それによって削減を進めるわけであるから、削減されるのは当たり前だ。これで減っていなければなんのために税金が使われているのか分からない。

経済産業省や国土交通省はどうして黙って見過ごしているのか?もしや便乗したいのか?それとも、気づいていないのか?いや、優秀な官僚がたくさん目を光らせているはずなので、さすがに認識はしているだろう。

環境省は亡国の使徒の集まりか?民主党に振り回され、あるいは悪乗りして、いい加減なことばかりやってると、そのうち行政訴訟になるのではないか?そうなる前に、まずは他の省庁のチェックがちゃんと効くことを願うばかりだ。

  by yoshinoriueda | 2010-02-23 17:35 | エネルギー・環境 | Trackback | Comments(0)

いよいよCOP16に向け始動?!3月1-2日に東京で非公式会合~♪

30カ国・地域が温暖化対策会合 都内で3月1日から」というニュースによると、
 外務省は22日、日米欧や中印など約30カ国・地域が参加し、地球温暖化対策を話し合う非公式会合を3月1日から2日間の日程で都内で開くと発表した。昨年12月の第15回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP15)以降、まとまった国の交渉担当者が集まるのは初めてで、今後の交渉の進め方を話し合う。

 「気候変動に対するさらなる行動」非公式会合は、日本とブラジル政府の共催で、今年で8回目。外務省の古屋昭彦地球環境問題担当大使とブラジル外務省のマシャド環境問題特別局長が共同議長を務める。
とのこと。日本でやるとは!いよいよCOP16に向け始動ですかねぇ~

そんなことより、密室で進みつつある地球温暖化対策基本法、どうなってるんだ?!?!中長期ロードマップは?!?!

  by yoshinoriueda | 2010-02-22 21:53 | エネルギー・環境 | Trackback | Comments(0)

気持ちいい神戸の青空~

神戸は朝から快晴。青い空が気持ちいい。
a0004752_1336112.jpg

椿の蕾も赤く色づいている。
a0004752_13361160.jpg

もうすぐ春?!

でもその前に・・・花粉症の季節 (>ω< )

  by yoshinoriueda | 2010-02-21 13:38 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE