<   2011年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

焼肉ジャンボ本郷店にて宴席〜♪

東京大学本郷キャンパスで打合せをした後、焼肉ジャンボ本郷店にて宴席。消防署の前の道をまっすぐ進むだけですぐに分かるという立地。店内は、木目調で落ち着いた感じもあり、また、オープンな感じもあり、といったところ。

まずは、ビールで乾杯。

RIMG2667
RIMG2667 posted by (C)yoshinori

少しつまみながら、肉をまつ。

RIMG2668
RIMG2668 posted by (C)yoshinori

RIMG2669
RIMG2669 posted by (C)yoshinori

肉は、薄めにスライスされている。それぞれの肉をどの程度の時間、火を通せばよいか、ひとつずつ説明してくれる。

RIMG2670
RIMG2670 posted by (C)yoshinori

短いものであれば、片面4秒!

RIMG2672
RIMG2672 posted by (C)yoshinori

乗せたらスグに裏返して食べるという感じ。半生に近いが、これがなかなか美味しい。

合間にスープで口直し。

RIMG2673
RIMG2673 posted by (C)yoshinori

「しんしん」というお肉と「ミスジ」といういわゆる肩ロース。お店の大将が解説してくれた。

RIMG2674
RIMG2674 posted by (C)yoshinori

塩とタレの両方の味を堪能でき、うまく焼けた肉は、口の中でとろける。

RIMG2676
RIMG2676 posted by (C)yoshinori

お店の大将が、焼いた肉をみて、「上手に焼けている」という評価をいただいたので、焼き方も悪くなかったのか、とても美味しい。「しんしん」はレモンをぎゅっと絞ると美味しさが引き立ったような気がする。「ミスジ」のほうは、そのままでも十分美味しい。

〆は、秘伝の塩味「塩カルビうどん」

RIMG2677
RIMG2677 posted by (C)yoshinori

「カルビクッパ」

RIMG2678
RIMG2678 posted by (C)yoshinori

「野原焼き」なるすき焼き風の料理もあるようだが、これは次回のお楽しみに〜♪

ごちそうさまでしたm(--)m とてもおいしかったです〜♪

焼肉ジャンボ 本郷店焼肉 / 本郷三丁目駅湯島駅水道橋駅

夜総合点★★★★ 4.0


[PR]

  by yoshinoriueda | 2011-08-31 23:59 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

スパバレイ枚方南の食事処旬菜庵にてランチ~♪

津田サイエンスヒルズの見学会の合間に、スパバレイ枚方南でランチをいただいた。入り口は、スパと同じなので、まずは下駄箱に靴を預ける。というわけで、裸足になり、その足で、レストランのほうに向かう。なんだか不思議な感じ。

スーパー銭湯というだけあって、温水プールのような匂いが漂っていたが、レストランの「旬菜庵」では、それほど気にならなかった。

テーブル席とお座敷席があり、お座敷席は、掘りごたつ式。

ゆったりと座って、和食膳をいただいた。

RIMG2656
RIMG2656 posted by (C)yoshinori

お味のほうはといえば、思っていた以上においしかった。ご飯がおいしく、てんぷらもかりっと揚げられていて、お造りも新鮮な感じ。

ラーメンや蕎麦もあるようで、お客さんはみんなそれぞれにいろいろなものを食べていた。家族でお風呂にはいった後、という雰囲気の人たちが多く、子供連れもちらほら。

基本的には、お風呂に入った後、ゆったりと食事をするという感じなのだろうけれど、津田サイエンスヒルズで見学をして、ここでご飯を食べるというのも悪くない。

ごちそうさまでした~♪

食事処 旬菜庵 自然食 / 藤阪駅津田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


[PR]

  by yoshinoriueda | 2011-08-30 23:00 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

美しいオーロラ&星空の映像〜♪

Facebookで下のような映像が紹介されていた。

a0004752_21334248.jpg


小学生の頃、上出洋介氏の「オーロラを追いかけて」を読んで、オーロラを見に行くのが夢のひとつだったことを思い出した。

その他に、星空が奇麗なこんな映像も見つけた。

a0004752_21411716.jpg


星空を眺めていると、普段の生活にきゅうきゅうしているのがどうでもよくなる^^;;

今日は、facebookの友達検索機能を使って、友達リクエストを何人かに送ってみた。そうこうしているうちに、リクエストが承認され、初チャットに〜♪

なかなか手軽なツールですな〜(会社ではブロックされてて使えないけど... ^^;;)
[PR]

  by yoshinoriueda | 2011-08-29 22:18 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

ご近所さんが住吉川に集まって、海外赴任するご家族の送別会を開催〜♪

今日は、ご近所さん7家族が集まり、海外赴任するご家族の送別会。午後からみんなでいろいろと持ち寄って住吉川の河原に集まることになった。

昨日の不安定な天気もおさまり、朝から快晴。夕方から少し雲が出始めた感じ。参加者の奥様が「私、晴れ女なんです〜♪」とおっしゃっていたが、本当にいい天気でよかった。

というわけで、うちでは、朝から、パンづくり〜 息子も小さな手でパンをこねていた。

RIMG2643
RIMG2643 posted by (C)yoshinori

河原には、午後の遅い時間帯からみんな続々と集まりはじめ、子どもたちは川で水遊び。

そして、テーブルには、奥様方が腕によりをかけて作ってくださった美味しそうな料理がずらり(^0^)/

RIMG2646
RIMG2646 posted by (C)yoshinori

久しぶりに食べたのが、生のとうもろこし。新鮮なものをもって来てくれた人がいて、それを剥いて、小さな包丁でカットしていただいたのだが、これがとても甘くてジューシーで美味しい。

RIMG2645
RIMG2645 posted by (C)yoshinori

そうこうしているうちに、おなかがすいた最年少の参加者が、アメリカンドッグをパクリ(^^;

RIMG2647
RIMG2647 posted by (C)yoshinori

おなかがふくれたのか、子どもたちは子どもたちだけで遊びはじめた。オトナは、女子会が先にスタートし、その結果として、男子会がスタート(^^;

自動車関係の仕事をしている方が、仕事を終えて駆けつけられたが、その頃でもまだ宴たけなわだった。最近は自動車業界は木・金が休みということで、土日は仕事をされているとのこと。ご苦労様ですm(--)m

なんだかんだといろいろな話題があり、あたりが暗くなっても電気で明かりを灯し、なかなかの盛り上がりをみせていた。こんなご近所さんとのおつきあい、大切にしていきたいと思う。
[PR]

  by yoshinoriueda | 2011-08-28 21:42 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

ブラックホールが星を吸い込んでいるというニュース、やっぱりスゴい〜!

この1週間で一番印象に残ったのは、「星がブラックホールに…瞬間を世界で初めて観測」というニュース。記事によると、
地球から39億光年離れた巨大ブラックホールに星が吸い込まれる瞬間を、国際宇宙ステーション(ISS)にある日本実験棟「きぼう」と米国の衛星が世界で初めてとらえることに成功した。25日の英科学誌ネイチャーに論文が発表された。

 宇宙航空研究開発機構によると、今年3月28日、きぼうのX線観測装置「MAXI(マキシ)」と、米国の衛星スウィフトが、X線を出していなかった場所から、突然強いX線が約10分間ほど放射されたのをほぼ同時に検出。それが数回観測された。

 観測結果を分析すると、星が巨大ブラックホールに破壊されながら吸い込まれる際、ブラックホールの周囲に渦ができ、垂直方向に強いジェット(ガス噴流)が出ていることがわかった。強いX線を出すジェットが、地球の方向を向いていたため、検出できたらしい。

a0004752_22495688.jpg


ブラックホールの近くを通った星が破壊されながら、吸い込まれる様子(左)星がブラックホールに吸い込まれた際、垂直方向に強いジェットが出ている想像図(NASA提供)
とのこと。そんなことが分かるなんてスゴいと思うし、また、実際にブラックホールが存在して、星を飲み込んでいるのかと思うと、それもまたスゴいと感じる。

そんなことを感じることで、日本のおかれている破滅的な状況から少しばかり離れることができたような気がする。逆に言えば、だから印象に残ったのかもしれない(^^;;

参考:JAXA 「きぼう」に搭載された全天エックス線監視装置(MAXI:マキシ)と米国スウィフト衛星を用いた観測による成果論文の英科学誌「ネイチャー」への掲載について - 巨大ブラックホールに星が吸い込まれる瞬間を世界で初めて観測 -

参考:巨大ブラックホールの位置を国立天文台などの研究チームが突き止めた@映像プレーヤー(日本経済新聞)
[PR]

  by yoshinoriueda | 2011-08-27 23:02 | テクノロジー・環境・ガジェット | Trackback | Comments(3)

山形を食べる:日本海産ホタルイカ姿干

山形県アンテナショップで買ってきたお土産をいただいた。

RIMG2635
RIMG2635 posted by (C)yoshinori

もちろんにごり酒とともに〜♪

RIMG2641
RIMG2641 posted by (C)yoshinori

なかなか美味しい。イカ好き息子もこれは気に入ったみたいで、頭からパクリ^^
[PR]

  by yoshinoriueda | 2011-08-26 22:38 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

ルヴェ・ソン・ヴェール 駒場 (Lever son Verre)にてランチ~♪

東京大学駒場キャンパスにて少し打ち合わせをした後、構内にあるルヴェ・ソン・ヴェール 駒場 (Lever son Verre)にてランチ。

1階と2階があって、1階のほうは、カジュアルな感じの趣。食堂といった雰囲気。テーブルクロスなどは明るくて、雰囲気は全体的に明るい感じ。

客層は学生風の人もいれば、先生、カップル、主婦連れなど、さまざまな感じ。それがまたカジュアルな雰囲気を出しているのかもしれない。

ランチコースは、肉 or 魚 or パスタということで、魚を選択。

a0004752_21331277.jpg


パリッと焼けた皮とふわっとした身、ソースは濃厚でありながら、野菜の旨味もでていて、なかなかおいしい。

これにパスタがついてくると文句ないんだけど、ま、そこまでは求めすぎか (^^;

ごちそうさまでしたm(--)m

ルヴェ・ソン・ヴェール 駒場フレンチ / 駒場東大前駅池ノ上駅神泉駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


[PR]

  by yoshinoriueda | 2011-08-25 21:25 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

銀座のヤマガタ サンダンデロにてイタリアンを堪能~♪

銀座一丁目の駅のスグそばにある山形県のアンテナショップおいしい山形プラザの2階にある「ヤマガタ サンダンデロ」にて宴席。

山形をはじめとして東北地方をよく知る方が、「渾身のチョイス」ということで、選んでくださったお店。(いろいろとご配慮いただきありがとうございましたm(--)m)

a0004752_20374193.jpg


アンテナショップには、おいしそうなものがズラリ。店の中の階段からも上がることができるし、また、外にあるエレベーターでも上がることができる。

店の前には、かわいらしい椅子。なかなか座り心地がよい。なんでも工業デザイナーの奥山清行氏の作品だとか。

a0004752_20403014.jpg


店の入り口には、「サンダンデロ」のフロアマット。

a0004752_20403695.jpg


店の中には、また奥山氏のコートかけ。

a0004752_2041827.jpg


もみじのデザインのカーペットが林に置かれた写真がかざられていた。

a0004752_20412341.jpg


店内は、30席くらいだろうか。すべて満席。

まずは、山形の白ワインで乾杯。

a0004752_20375218.jpg


「サンダンデロ」というのは、イタリア語ではなく、「山形県産なんでしょう~♪」というのを方言でいうと、最後のところが、「だんでろ」となるので、それをお店の名前にしたのだとか。そんな楽しい話をウェイターの方が教えてくれて、笑いで宴席はスタートした。

a0004752_203815.jpg


一皿目はコチという魚のお刺身。お皿が夜空のようで、そこに塩が星のように飾られていて、お刺身と一緒に食べる。塩が独特のおいしさを持っている。

このお店をプロデュースした「アルケッチャーノ」というお店のシェフ・奥田政行氏は、「アル・ケッチァーノ奥田政行のちゃちゃっとイタリアン 素材を生かす塩使いマジック 塩を楽しむ」という本を書いているように、塩にこだわりがあるとみた。

次は、秋刀魚(さんま)となすと麩。麩がパリパリした食感、なすがふにゃっとした食感で、口の中で交じり合って面白い。

a0004752_20381072.jpg


カッペリーニと自家製リコッタチーズ with 沖縄の塩。

カッペリーニがおいしいだけでなく、リコッタチーズの臭みのないこと!豆腐みたい。味が薄いので、塩を混ぜると、さらにおいしくいただける。リコッタチーズは、カッペリーニに混ぜてもおいしい。

a0004752_20381984.jpg


次は、苦味のある一皿。それぞれの塊りが少しずつ違う苦味をもっている。さざえの食感がふにゃふにゃしていて面白い。と同時に、ビールが飲みたくなる(^^;

a0004752_20383251.jpg


アイスでちょっと口直し。

ただし、これはただのアイスではない。

きゅうりはからしに漬けられていて、アイスはマスタード味!確かにマスタードの風味で、一口食べると、笑いがこみ上げてくる。(^o^)/ こんな変化に飛んだコースはなかなかないかもしれない。

a0004752_20383895.jpg


2本目のワイン。白。

a0004752_20384511.jpg


だだちゃまめがはいったリゾット。稚鮎は切ってほぐして一緒に全部食べる。なんという贅沢。口中調味を楽しむことができる。苦味があって、ビールも合いそう~♪

a0004752_20385238.jpg


ズッキーニとイカとタイ。

a0004752_2039020.jpg


ワイン三本目。赤。ぺースが上がってきた?!

a0004752_203965.jpg


パスタ。この弾力のあるパスタは、もっとオカワリ~といいたくなるほどのおいしさ(^^)

a0004752_20391359.jpg


サラダ。

a0004752_20391935.jpg


肉。この付け合せのようについてる野菜をご飯にかけて食べるそうだが、お肉にも合う。

a0004752_2039257.jpg


最後は、塩のシャーベット。

a0004752_20393311.jpg


半分ほどたべて、さっぱりしたところで、桃のエキスをかけていただく。これまたおいしい~♪

a0004752_20394377.jpg


〆は焼き菓子とプリン。

a0004752_20395150.jpg


だだちゃまめのプリンは、これまた絶品。いくらでも食べたくなる。

a0004752_20395914.jpg


ところが、これにあるものをかけると、またとても風味が引き立つというか、上品な甘みが出るというか。




そのあるものとは...




「本みりん」




たしか、岐阜の白扇酒造のものを取り寄せているのだとか。



どれもこれもとても楽しく堪能することができた。

というわけで、すっかり山形ファンになってしまった(^^;



とてもおいしかったです。ごちそうさまでしたm(--)m


ただ、思い返すと、このお店のすごさは、それだけではなかったような気がする。何がスゴいかというと、店員さんとの楽しいコミュニケーション。料理の説明にしても、山形の話にしても、どれも興味深く語ってくださる。

まさに食が「人と人をつなぐ」という感じ。その感覚が余韻として残っているので、なんだか、お店自体がより印象深くなる。

うーん、おそるべし「山形産だんでろ」〜♪

ヤマガタ サンダンデロ イタリアン / 銀座一丁目駅有楽町駅京橋駅

夜総合点★★★★★ 5.0


参考:ヤマガタ・サンダンデロ@小学館
[PR]

  by yoshinoriueda | 2011-08-24 23:59 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

紫舟さんの「アーティスト for 日本一心」プロジェクトのライブ 8/30開催~♪

紫舟さんが「日本一心」というプロジェクトを立ち上げられている。8/30にイベントがあるようなのでお知らせ~♪
> < 8月30日(火) ライブ決定!
>     「アーティスト for 日本一心」vol.2! >
>
>
> 震災後、多くの人たちが心をひとつにすることができれば
> きっと日本は成し遂げられると信じ「日本一心プロジェクト」を
> 立ち上げました。
>
> 前回動画>>>http://www.youtube.com/watch?v=-9FjqBvV0-U
>
>
> 今回も、
> 関わってくださった全員が力になれます!
> 紫舟と高橋陽一氏(キャプテン翼)と小原宏貴氏(小原流家元)
> 3名によるライブパフォーマンスを披露!
> 制作過程を披露し完成コラボ作品はその場でオークション!
> 参加者は入場料をチャリティー、アーティストは作品を!、
> 集まった入場料+作品落札価格は全額復興支援に寄与されます。
>
>
> たくさんの人に関わっていただき、集っていただき、
> 出来る最大のことを傷ついた方々に送りたいです。
> そのためにも、どうかお越しください。参加ください。
>
>
> ○日時 8/30(火) 19:00~21:00 入場料@2,000-
> ○会場 六本木ヒルズ森タワー52F「マドラウンジスパイス」
> ○参加 紫舟、高橋陽一(キャプテン翼)、小原宏貴(小原流家元)
> ○主催 日本一心プロジェクト
> ○詳細 http://www.e-sisyu.com/NIPPON/main.htm

[PR]

  by yoshinoriueda | 2011-08-23 23:59 | POP・movie・スポーツ | Trackback | Comments(0)

固定買取制度による太陽光発電大量導入は大幅な国民負担増!という現実...

2011.8.22の電気新聞に再生可能エネルギーに関する記事が掲載されていた。「再エネ買取法による太陽電池の大量導入は国民負担を上回る利益をもたらすか?」という問いに対して、「太陽電池輸出に伴う利益」と「国民負担」が比較され、その問いにNoという答えが示されていた。記事は電力中央研究所の朝野賢司主任研究員によるものである。

この試算によると、2010年に1kW設置する場合、59万円/kWかかるそうだが、それから電力価値と環境価値の合計14万円/kWを差し引き、国民負担は、

59-14=45

というわけで、45万円/kWになるとのこと。2010年の国内の導入量は107万kWだそうなので、約4,700億円の国民負担になっているという試算になる。

「なら、もっと太陽電池を輸出すればいいやん~♪」という意見に対して、1kWの太陽電池を輸出すると利益が4万円/kWなので、輸出量は、国内の11倍以上(=45/4)であればいいということなのだが、まったくそのレベルに達していない。

その理由として、太陽電池が叩き売られている状態(?)で、価格がかなり下がっているため、高価な日本製は競争力がないということが挙げられている。

というわけで、結論として以下のように述べられている。
今、日本が国内に太陽電池を大量導入することは、輸出利益を得ることが困難であるため、いたずらに国民負担を増大さえる。国内メーカー支援が政策目標ならば、再エネ買取法ではなく、研究開発補助金や法人税の優遇などの選択肢を検討すべきである。
至極真っ当なご意見だと思うのだが、こんなふうに取り上げることができるのも、電気新聞という業界紙だからなのだろうか。通信会社の社長が田んぼを使って発電しよう~なんて言ってるのを真正面から取り上げるのではなく、こういった正しい意見をきちんと取り上げるのが、報道としてのあり方ではないだろうか。ま、フツーの新聞記者や報道関係者には、こんなことすら理解できないのかもしれないけれど...^^;
[PR]

  by yoshinoriueda | 2011-08-22 22:49 | エネルギー・環境 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE