<   2012年 02月 ( 39 )   > この月の画像一覧

 

朝から日経新聞の記者の勉強不足にあきれる

2012.2.5の日経新聞の記事「エネルギーを問う 第4部 東電公的管理(2) 「火力」売却の胸算用 競争促進、燃料調達が壁」によると、
電力やガス会社が個別にLNG供給国と契約する日本の調達価格は欧米より割高。長期契約もガス市況の低迷局面ではスポット価格より高くなるリスクがあるが、競争相手のいない地域独占の下で価格上昇分は電気料金に転嫁することで高コスト構造は守られてきた。
と記されているが、読者に誤解を与えてしまう記述となっている。他の新聞なら間違ったことを書くと叩かれるが、日経新聞は、間違った記事を書いても叩かれない。だから記者のレベルがどんどん落ちているのかもしれない。メディア関係者は、どんな小さな媒体であっても、国民に与える影響が大きいことを肝に銘じ、報道に際しては、過去の経緯をしっかり調べて書いてほしいものだ。

そもそも燃料費調整制度は、1996年に導入されたヤードスティック査定と同時期に導入されたものであり、事業者を査定する行政側が定めたものである。

ヤードスティック査定では、電気事業者の経営効率化の努力が及ばない部分を外出しにすることで、電気事業者の経営効率化の努力自体を評価できるようにするということもあった。これは、消費者が、地域独占の形態をとる電力会社から、適正な価格で電気を購入できるという仕組みである。最近見直された燃料費調整制度についても、消費者団体からは評価がなされている。(参考:総合資源エネルギー調査会電気事業分科会料金制度小委員会(第4回)-議事要旨 平成21年1月13日(火)

しかし、燃料費調整制度が導入された背景はそれだけではない。当時、原油価格は、1バレルあたり20ドル前後を推移していた。その安さの恩恵を望む消費者の声にこたえるという意味もあった。「1999年のアジア経済危機後の世界経済の回復を期に価格は上昇基調に転じ」ており、当初の『安さの恩恵』を享受することはできなくなったが、それは、この制度の「電気事業者の経営効率化の努力が及ばない部分を外出しにする」という目的がきちんと働いた結果となっている。
a0004752_9392714.jpg

(『日本のエネルギー2010』より)


「燃料費の高騰を価格転嫁できることで高コスト構造を守ってきた」というのは間違いであり、メディアがそういう報道をするから、経緯を知らない多くの人が片面だけの影響を見て勘違いをすることになる。報道関係者は、きちんとした説明を心がけるべきだし、国民も冷静に情報を判断すべきだろう。といっても、刹那的な考え方しかできないポピュリズムが蔓延した世の中では、なかなか難しいのかもしれないが...


食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ

にほんブログ村 企業ブログ 電気・ガス・水道・熱供給へ
にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ

  by yoshinoriueda | 2012-02-05 09:48 | エネルギー・環境 | Trackback | Comments(0)

正しく伝えられていない諸外国の再生可能エネルギー導入の実態

先日の青山繁晴氏の講演会で、デンマークでの再生可能エネルギー導入の話があった。ポイントは、海外で先行する再生可能エネルギーの導入の実態が、日本には正しく伝わっていないということ。
デンマークは風力を主力の電源として選択したので、今は困っているとのこと。その第一は、自然破壊。いたるところに風車が立ち並んでしまっていて、見ていると頭がおかしくなりそうになる。

また、次に問題なのは低周波騒音による被害。特に女性、子供を産む年齢くらいの女性に多い。しかし、一旦風車が回り始めると止められない。低周波騒音の問題は、人によって聞こえたり聞こえなかったりする。つまり、誰に聞こえて、どういう脳だったら聞こえないのかが分からない。問題が解決されるまでは影響が出続ける。

デンマークは人口500万人の国。1億3千万人を抱える日本が、風力でエネルギーを賄えるはずがない。しかも、デンマークは農業国。それでもスウェーデンから電気を買っている。日本は工業国。再生可能エネルギーで、エネルギーが賄えるはずがない。

こんなふうにきちんと説明をしても、日本から来る政治家やメディアは皆、『デンマークは素晴らしい。デンマークに見習うべき』と言って帰っていく。
最後は本当に吉本新喜劇みたいなオチ^^; さすがに吉本興業もデンマークではやってないだろうけど。

風車の下に立って、上を眺めてみれば気付くのだが、あの大きさには圧倒される。こんなものが台風で倒されたり、吹き飛ばされたりすると、大変なことになるのではないかという不安にかられる。低周波音による被害についてはなんともいえないが、いずれにしても、近くにあってほしい設備ではないだろう。

環境省は、陸域において、基本シナリオのシナリオ1-1で「2437万kW」の導入を想定している(参考資料[pdf])が、果たしてそんなにうまくいくだろうか?

再生可能エネルギーを進めること自体は反対はしないが、その影響をしっかりと認識した上で進めるべきだろう。それが分からないのに、世の中の流れや今の与党がその方向を示しているからそうするんだというのでは、あまりにも無責任だ。能力のある人が、そんなところに労力を割いているのは本当に嘆かわしい。

政府も関係者も、今一度、きちんと先行する諸外国の再生可能エネルギーの実態を国民に知らしめるべきだし、国民も、イメージだけでヨシとするのではなく、きちんと知った上で判断すべきではないだろうか。

といっても、政府ももはや信頼されていないし、電力会社はなおさら信頼されていないし、風力ファンドをやっている人たちはもっと信頼できないし、誰も信頼できないという状況...  ( ゚д゚) さあどうする?!

  by yoshinoriueda | 2012-02-04 18:25 | 思うに・・・ | Trackback | Comments(0)

2011年の日本の地震 分布図 Japan earthquakes 2011 Visualization map

2011年の日本の地震 分布図 Japan earthquakes 2011 Visualization map



3.11以降、いかに東日本沖が揺れているかがよく分かる。地震活動が活発化し、当面収まらないのかも。

  by yoshinoriueda | 2012-02-04 05:58 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

節分ということで

子供が幼稚園で鬼のお面をつくったようで、朝から豆まきの話題で持ち切りだったのだが、仕事から帰ってみると、巻き寿司がズラリ。鰯の梅干し巻きもあったりして、なかなか力作がそろっている。

IMG_2224
IMG_2224 posted by (C)yoshinori

ご飯の後は、待望の豆まき〜 

鬼のお面をかぶったとたん、いきなり始まってしまって、収拾がつかなくなった^^;;

外に向かって「鬼は外」とやっていると、犬をつれて夜の散歩をしていた人に当ててしまいそうになった^^;

IMG_2232
IMG_2232 posted by (C)yoshinori

子供の頃は、たくさん豆を食べることができるオトナがうらやましかったけれど、最近は、食べても食べても減らない数になってしまった^^;;

これにて本日の行事はおしまい〜♪

これからも健康で過ごせますように。

  by yoshinoriueda | 2012-02-03 23:59 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

草間彌生のオブジェの展示@大阪中之島リーガロイヤルホテル

草間彌生のオブジェが、大阪中之島のリーガロイヤルホテルに展示されていた。

RIMG0168
RIMG0168 posted by (C)yoshinori

4月初旬まで国立国際美術館で「永遠の永遠の永遠 Eternity of Eternal Eternity」という展覧会が開催されていることにあわせたものだろう。

RIMG0169
RIMG0169 posted by (C)yoshinori

それにかこつけた(?!)メニューも登場。かわいらしくていいのだけれど^^;;

  by yoshinoriueda | 2012-02-03 21:39 | POP・movie・スポーツ | Trackback | Comments(0)

道頓堀 今井 リーガロイヤルホテル店でハリハリ豚そば♪

大阪中之島のリーガロイヤルホテルの地下にある「今井」でハリハリ豚そばをいただいた。店内は、テーブル席がずらり。明るい雰囲気のお店で、席の数も多い。遅めのランチタイムということもあってか、店内はそれほど混雑していなかった。

器は、ふちが少し曲げられていて、なんだかおもしろい。

テーブルにあった七味をかけてみたのだが、これがなかなかいい香り。味もいい。

そばの出汁はとても味わい深く、おいしかった。そば自体は普通だが、上品な感じ。水菜のシャキシャキ感と対照的でなかなかおいしかった。

RIMG0167
RIMG0167 posted by (C)yoshinori

外は寒かったが、すっかりカラダがあたたまった。ごちそうさま〜

道頓堀 今井 リーガロイヤルホテル店うどん / 中之島駅新福島駅福島駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


  by yoshinoriueda | 2012-02-03 21:32 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

改めて「自己責任の意味」「命の意味」を考えさせられた青山繁晴氏の講演会

独立総合研究所の所長であり、「ぼくらの祖国」の著者・青山繁晴氏の講演会は、
「講演は『問題提起』であり、考えるための『きっかけ』である」
ということで始まった。内容は、エネルギー・環境問題に関係した講演会だったが、久しぶりに、本当にいろいろと考えさせられ、また、いろいろと感じるところがあるものだった。
日本人はみな日本国の唯一の「主人公」。戦後、一貫して「主権在民」と教えられている。しかし、「最後に責任をとるのは誰か?」は教えられていない。
最後に責任をとらなければならないのは、我々一人なのだろう。「自己責任」とはよく言われるし、そのような言葉を聞かされながら育ったと記憶しているが、その本当の意味に気づいたのは、恥ずかしながら、大人になってしばらくしてからだった。

そのせいか、いまだに、テレビを見たり新聞を読んだり、何気ない議論をしている中で、「政治が悪い」、「企業が悪い」、「あの人はダメだよね」...などと他人のせいにばかりしているのを聞くたびに、「じゃあ、どうするのか」と問いたくなる。そして、「自分はどうしよう」と問いかけ、自分で自分に答えを出す。今となっては、その問いかけと答えを出すことを繰り返すことの大切さが身にしみる。

もう一つ、大切なメッセージを投げかけてくれた。それは、
「他人のためにできないと、人ではない」
ということ。人は、他人に貢献してはじめて価値があるのであり、命は、自分のためだけに使うのではなく、次の命に引き継いでいくことが大切であるということ。それを、2011年4月23日、南三陸町に入り、骨組みだけになった防災対策庁舎に白や黄色の花がたむけられていることを目にしたという話を例に挙げて説明されていた。

「南三陸町 防災無線」と打ち込んで検索すると、「キャンピングカーで放浪の旅」というサイトの記事が出てきた。防災対策庁舎の建物は、こんな感じだったのだろう。

a0004752_21404726.jpg


手向けられた花は、最後の最後まで防災無線で避難を呼びかけた遠藤未希さんらに向けられたものだったとのこと。沖縄の「白梅の塔」は、終戦の年の1945年6月、沖縄で日本軍の看護に従事した若き女性たちの多くが、米軍の猛攻を受けて命を落とした場所に立てられたものであることを紹介し、「命で命をつないでいく」、「人のために生きる」ということは、あの頃の沖縄から南三陸町にまでつながっているという話をされていた。


講演を聞いて、改めて、自己責任と生きる意味を自分自身で問い直した。


と同時に、日本の愚かな政治家や、間違った方向にその能力を使ってしまいがちな官僚たち、現実を直視せず、他人の言うことをスグに信じてしまう大衆のことを思い出し、暗澹たる気分になった。


例えば、福島第一発電所の事故対応に追われる東京電力を国有化するかどうかという議論や発送電分離の議論は、電気が不足するという事実を解決することにはならないし、自由化して競争原理を導入すれば電気料金が下がるという議論も、エネルギーのほとんどを輸入に頼っているという事実と、その中で原子力への依存を減らしていこうという流れの中ではありえない話だが、そういうことをいくら言っても、耳を貸す人はほとんどいない。

民主党の議員などは、「電力会社憎し」という怨念のようなものがあるのかもしれない。信念があっても怨念には勝てない。怨念の強いモノが最後まで生き延びるから...


このブログを通じて、専門的な知見と様々な人の話を聞きながら、今起こっている事に警鐘をならすようなことを述べているのは、これまでの仕組みがいいからそれを温存すればいいとか、変えたくないという思いがあるからではない。そうすることが多くの人のためになるから言っているだけなのだ。そして、あきらめずに言い続ける。それは、自分のためでもなんでもない。人のためになると思うから。


a0004752_21351624.jpgそんなことを思いながら帰路につき、本屋で、「ぼくらの祖国」を手に取った。そこには、講演会で話されていたことが書かれていた。面白そうなのは、やはり「手にとる希望の章」だろうか。週末にゆっくり読もうと思う。


***


でも、もしも本当に最後の最後になったら...


もう振り返らずに去ることにする。
お先に失礼~♪
と言って、耳を貸さない人から離れることにする。自分と自分の大切な人を守り、生き延びることを考える。それまでに、できるだけ大切な人たちを増やしていこう〜♪そして、そんな日が訪れないことを願いつつ、今、自分にできることを精一杯やっていくことにしよう。

  by yoshinoriueda | 2012-02-02 21:57 | エネルギー・環境 | Trackback | Comments(0)

吹雪の大阪

RIMG0171
RIMG0171 posted by (C)yoshinori

  by yoshinoriueda | 2012-02-02 15:00 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

「量」にするか「率」にするか、そんなことは問題ではない。問題なのは...

企業のCO2減、効率か総量か 京都不参加で設定悩む」という記事によると、
日本は京都議定書の第2約束期間に参加せず、2013年以降、自主的な削減目標による温暖化対策に移行することがほぼ確実になった。温暖化ガス削減の自主目標は、原子力発電所事故に伴うエネルギ-政策の見直しに伴い、今夏をメドに国際公約の「20年に1990年比25%削減」を見直す可能性も高い。

国内温暖化対策が不透明ななか、企業は温暖化ガス削減目標の設定に悩んでいる。「総量削減」を掲げるのか、工場や製品の「エネルギ-効率向上」を採用するのか、という指標を巡る議論だ。

温暖化政策でも2つ考え方が混在している。省エネ法は、原単位あたりのエネルギ-使用量という効率目標。地球温暖化対策推進法は排出総量の報告を義務付けている。

京都議定書が発効した05年以前は、原単位あたりの削減目標を掲げる企業が多かったが、日本が課された90年比6%削減を意識し、総量削減を掲げる企業が徐々に増えてきた。さらに政府が国連で国際公約した同25%削減を考慮し、ここ数年、中長期的に挑戦的な総量削減目標を打ち出す企業も出てきた。

花王が15年度に総量で同22%削減を、レンゴ-が20年に同32%削減を掲げるのは、国の25%削減を意識したからだ。ソニ-が15年に00年比30%削減、50年に排出ゼロを打ち出したのも、総量削減を重視する流れに沿ったものだ。

一方、13年以降、日本に課される法的な削減目標がなくなる方向になったことで、自社事業所から直接排出する総量の削減より、エネルギ-効率の高い自社製品の販売や製品の効率向上による削減効果を「削減貢献量」としてアピ-ルし、目標に掲げる方が重要との考え方が出てきた。

パナソニックや日立製作所、東芝、富士通など電子機器メ-カ-のほか、神戸製鋼所や東レ、TDKなど素材・部品メ-カ-にも広がっている。

削減貢献量とは、新型製品のエネルギ-効率を、旧型製品などと比較して二酸化炭素(CO2)削減量を算出したもの。効率を上げた製品を売るほど大きくなる。「削減量」として表示するが、効率目標の変形といえる。

効率目標の改善値は、その意義が消費者に分かりにくいが、それを「削減量」に換算すれば、アピ-ルしやすいという利点もある。メ-カ-にとって効率改善は、工場や製品設計の現場で従来から取り組んでいるテ-マで、全社目標にもなじみやすい。

効率目標から総量削減目標に傾きつつあった流れが、「削減貢献量」という形で効率ベ-スに戻ってきたとも言える。

総量削減と比べたときの削減貢献量の課題は、企業によって前提条件などが違い、信頼性を判断しにくいこと。計算方法にしても、「ライフサイクルアセスメント(LCA)」を応用した手法と、既存製品を新製品に置き換えた場合を想定したベ-スライン方式の2つある。

素材メ-カ-はLCAの考え方で、素材がもたらす製品の省エネ効果などを算出する。軽量で強度が高い鋼板が自動車の燃費向上に貢献するといったイメ-ジだ。一方、電機メ-カ-はベ-スライン方式を採用することが多い。

そんな中、国際電気標準会議(IEC)と国際通信連合標準化部門(ITU―T)では、日本企業主導で削減貢献量の算定を標準化する動きが出てきた。将来的には、共通した基準に従い算定し、第三者による監査を受けるべきとの意見もある。

総量削減か、効率改善か、または両方の指標を併用するのか。政府の温暖化対策が定まらない中、削減目標を巡り企業の対応が分かれそうだ。
と、「量」にするか「率」にするか、悩む企業の姿が報じられている。

はっきり言って、そんなことはどちらでもよい。

効率のよい製品を作り、それが普及することによって、長い期間に亘り、温室効果ガスが削減されるなら、モノを作るときに二酸化炭素が排出されるのは仕方がない、というか、その排出以上の効果をもたらすことになるのだら、堂々と製造活動をすればよい。

製造業にとっては、まず、技術開発に邁進することで、製品の効率を高めることが大切。同時に、製品製造の過程で使用するエネルギーをできる限り少なくすることで、エネルギーコストを削減することが大切。その結果として、二酸化炭素が排出される量が削減されるなら、それはそれでよし。効率のよい製品の生産量が増えて、二酸化炭素が排出される量が増えるなら、それはそれでよし。

そんなことよりも、競争がグローバルに展開される中で、生き残っていくことのほうが大切。そのためには、技術を磨き、経営を磨くことのほうが大切。二酸化炭素の「量」か「率」かを悩む前に、グローバルな競争の中で勝ち残れる力をつけることのほうがどれだけ大切か。企業はそれを忘れることなく、社会の役に立つことができる喜びをかみしめてほしい。

  by yoshinoriueda | 2012-02-01 21:43 | エネルギー・環境 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE