<   2012年 08月 ( 52 )   > この月の画像一覧

 

5歳になった初音ミク、おめでとう〜♪

「サンクチュアリとしての初音ミク」 ミクと駆け抜けた5年、開発元・クリプトンに聞く」に記されているが、初音ミクがここまでメジャーになるのは、やはり、手探りで一歩一歩やってきたというところがあるようだ。
創作のうねりが広がり、波が大きくなる過程で、いくつものあつれきがあった。メディアがおもしろおかしく取り上げ、作り手やファンを傷つけたり、ミクで作った曲に関する著作権問題が浮上したり、創作文化を理解せず、強引に商品化を進めようとする企業が現れたり……。同社はその都度問題に向き合い、1つ1つ解決していった。同社にとって、すべてが初めての経験だった。

 「マインスイーパでもやってるような気分」と、初音ミクの企画・開発を担当した同社の佐々木渉さんは言う。「ここは大丈夫なんだろうか? と確認しながら、道を踏み外さないようにちょっとずつ、たどたどしいけど進んできた」。伊藤博之社長は振り返る。

記事の中で紹介されていたのは、メジャーになったきっかけ。
昨年末に世界で放送されたGoogle ChromeのCMは、人気キャラとしての初音ミクではなく、ミクを使って表現する草の根クリエイターの広がりをCM化することを同社から提案し、採用されたという。



初音ミクが作りだす世界がこれまでとは大きく違うのは、
「極端に言うと、世の中の営利企画の体質改善を促し、“お祭り感覚”などに代表される、体験感の強い古き良き共感イベントにもつながる」と、佐々木さんは期待する。
という意識の持ち方だろう。そういう意識が仲間意識を煽っているのか、FacebookのHatsune Mikuでは61万人以上が「いいね!」していたりする。また、MIKUBOOKという動きもある。
投稿サイト「ピアプロ」で公開されている人気イラストや、YouTubeのボカロ曲、Amazon.co.jpのボカロ商品などに英語タイトルを付け、Pinterestのようなユーザーインタフェースでまとめて見ることができる。各コンテンツで「FAVE」(お気に入り)をクリックすると傾向を学習し、似たコンテンツをレコメンドする機能を備え、日本のサイトからボカロコンテンツを探し出せない海外の人でも、多様なコンテンツに出会えるようになっている。開始から1年間あまりで、累計約130万以上のFAVEが付いた。

これからどう成長していくのか。まだまだ楽しみだなぁ〜♪

関連サイト
MikuStar.com
MIKUBOOK

"Rera"
MikuMikuDance Promotional Video Entry for the MMD Cup 9 Competition
Music & Lyrics: Daisuke-P, Animation: Raiku-P


ファミリーマートCM

[PR]

  by yoshinoriueda | 2012-08-31 21:55 | POP・movie・スポーツ | Trackback | Comments(0)

once in a blue moon...

a0004752_934393.jpg


Blue Moonについてイロイロ調べて説明しているサイト:ブルー・ムーン Blue Moon
[PR]

  by yoshinoriueda | 2012-08-31 21:33 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

PIECE of PEACE - World Heritage Exhibit Built with LEGO in Dojima River Forum

PIECE of PEACE レゴで作った世界遺産展part-2」が堂島リバーフォーラムで開催されていて、その最終日に覗きに行くことにしたのだが、普段閑散としているところから、溢れるように人が湧いてきているので、もしや...と思ったら、やはりこの行列^^;

a0004752_11181817.jpg


なぜかオトナの姿や、おひとりさまの姿もチラホラ。いや、あかん、というわけではないんだけれど、うちの子供のように朝飯前にレゴで何かを作っている「レゴきち」くんを優先させてもらいたいという衝動に駆られつつも、最後尾へ...





って、これ、ぐるっと回って川沿いのほうまで列がのびてますけど... さすがにこれは子供は待てないだろうと思いきや、どうやら待つ覚悟らしい^^;;



14時といういちばん暑い時間帯から炎天下で1時間近く待つことになるのなら、日焼け止めや暑さ対策をしてきたら良かった...orz



というわけで小一時間して中に入ると、レゴでつくられた世界遺産がずらり。行ったことがあるところも結構並んでいる。



スペイン・バルセロナのサグラダ・ファミリア。

a0004752_11183167.jpg


パリのエッフェル塔。

a0004752_11184243.jpg


インドのタージマハール。

a0004752_1118519.jpg


日本のモノでいえば、広島の厳島神社など。

a0004752_1119038.jpg


どれもなかなか上手に作られていて、見ごたえがあった。並んで待った甲斐があったというものかな^^;
[PR]

  by yoshinoriueda | 2012-08-31 11:37 | POP・movie・スポーツ | Trackback | Comments(0)

Is it a future 3D LSI?

a0004752_1113398.jpg

[PR]

  by yoshinoriueda | 2012-08-30 23:59 | テクノロジー・環境・ガジェット | Trackback | Comments(0)

バターナッツというカボチャでつくったプリン

先日の出張の戦利品のかぼちゃ「バターナッツ」でプリンを作ってくれた。

a0004752_22375150.jpg


色はともかく、味は抜群!とてもおいしい。これは売れるかも(^o^)/

参考:本日の戦利品 - バターナッツという名のカボチャ&アイスミルク他
[PR]

  by yoshinoriueda | 2012-08-29 22:40 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

紫陽花@三宮にてプチ送別会~♪

またもや三宮の紫陽花にやってきた。

今回は、昔からの知り合いではあるけれども間もなく転勤になるという同志のプチ送別会ということで、とっておきの「紫陽花」風の鱧すきをいただくことにした。

とはいえ、まずは生ビールで乾杯。

a0004752_21522735.jpg


そしてお造りの盛り合わせ。鮑はコリコリしておいしいし、しまあじも、鯛も新鮮そのもの。鱧は、梅肉でいただく。しょうゆをつけようとしたら、
「ちょっとまったー!」
コール...orz

ちなみに、隊長はさっさと先にしょうゆをつけて食べていた^^;;

a0004752_21552599.jpg


さんま。新鮮!

a0004752_21575222.jpg


いわし。酢でしめられていて、おいしい。

a0004752_21583280.jpg


さて、お待ちかねの鱧すき。まずは、卵の部分と肝から。これまたおいしい!

a0004752_21585044.jpg


そして、鱧。

a0004752_2159264.jpg


相変わらずおいしい。

さらに、てんぷら。塩がかなり味の濃いもので、なかなかおいしかった。

a0004752_215948100.jpg


稲庭うどんを入れてもらって...

a0004752_2202473.jpg


これで〆なわけもなく^^;; 前回食べなかった「あなごめし」を注文。

a0004752_22186.jpg


香ばしくてとてもおいしい。同じビルの違うフロアの飲み屋さんからも注文が入るくらいの大人気。食べればなぜ人気があるのかがよく分かる。これだけでも食べにくる価値アリ!

ごちそうさまでした~♪

参考:
紫陽花四姉妹(?)に囲まれて「すき焼き風鱧すき」を堪能@神戸三宮・紫陽花~♪
鱧(はも)の卵を使った玉子かけご飯を紫陽花@神戸三宮にて初体験~♪


紫陽花割烹・小料理 / 三宮駅(神戸市営)三ノ宮駅(JR)三宮駅(阪急)

夜総合点★★★★ 4.5


[PR]

  by yoshinoriueda | 2012-08-28 23:04 | 旅・風景・グルメ | Trackback(3) | Comments(0)

知らぬ間に ホーンテッド・マンション? タワー・オブ・テラー?

交渉しているうちに、いつの間にか自分が思っていなかったところまで高く上げられていて、その後、フリーフォール!

な〜んていう状況になっているのではないか?とか

という不安にとらわれかねない状況が身の回りにあるのではないか?とか...

ホーンテッド・マンション」や「タワー・オブ・テラー」のようなアトラクションならまだ「線路」があるからいいとして、本当にそんな状況になっていたら、「線路」もないわけで、地面に激突する---^^;

受け身とらないと!(っていうか受け身で済む問題か?!)
[PR]

  by yoshinoriueda | 2012-08-27 21:00 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

人生での出来事が凝縮されている「成功者の告白 5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語」(神田昌典)

a0004752_8194871.jpg「成功者の告白  5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語」(神田昌典)は、タイトルに「成功」とか、サブタイトルに「起業」といった言葉が入っているから、「自分には関係ないや」と思うビジネスパーソンが多いかもしれないが、内容は「ビジネスと家庭のバランス」をいかにとるかというところもあり、実は、多くの人に参考になる話が込められている。

著者も「ビジネスと家庭とのバランスをとりながら、いかに会社をスムーズに成長させるか」が本書で伝えたかったことだと言っているが、ビジネスに関連する人だけでなく今を生きる多くの人に読んでもらいたいと思う内容である。

何が「成功」なのかは人によってさまざまであるが、
成功に向かって走る人は、多くの人の犠牲と献身によって支えられている
ということに気付くこと、心底理解することがいかに大切かを問うているともいえる。

実際に起業したわけでもするわけでもなくとも、思い返せば、日々がむしゃらに頑張る中で、私自身、本書の内容のある部分にとても良く似た経験をしたことがあるので、余計によく分かる。もし、本書のタイトルだけ見て、先入観だけで拒否してしまうとすれば、とてももったいない内容であるとも言えるだろう。

***

さて、ストーリーは、青島タクというサラリーマンが起業して、「神崎」という人物のアドバイスにより、会社とともに成長していくというもの。
起業して成功するためには、何が鍵なんですか?
と問う青島タクに対して、
タイミングだよ。ビジネスで成功するためには、第一にタイミング、第二にタイミング、第三にタイミングだ。つまり、いつ市場に参入するかが鍵なんだ。参入タイミングさえ間違えなければ、順調に会社は立ち上がる。一度立ち上がってしまえば、あとはエスカレーターに載せられたように、自動的に売上があがっていく。
というアドバイスは、大企業のようにリソース(経営資源)が豊富な状況ではないベンチャーなどに特に有益なものである。また、
たいていの人は、好きなことをやるべきか、それとも儲かることをやるべきか、その間で揺れて、結局、何もできない。しかし儲かる仕組みと、誇りを持てる仕事というのは両立できる。情熱を傾けられる仕事をやるのは当たり前。そのうえで、ビジネスの仕組みをつくるんだ。その両輪をまわす必要がある。だから儲けることに真剣な経営者は、商品づくりにも真剣。自分の売っている商品を心から愛している。そして、その商品を世に広げていくビジネスを心から楽しんでいる。
というよくある疑問への回答も述べられている。さらに、
未来を予測するには、未来をつくりだすのがいちばん手っ取り早い
という言葉は、起業家が良く口にするもの。
収入はシンプルな法則で決まる。どれだけ多くの顧客に役立てるかだ。サラリーマンは、ひとりの上司にしか役に立てない。だから年収には限度がある。多数の人に役立てるシステムをつくりあげる起業家の収入は、青天井になる。自分の肉体、物理的時間を越えて、役に立てるようになるからね
といった考え方も参考になるかもしれない。

最近の日本の状況を描いている部分として、青島タクと神崎の対話も参考になるかもしれない。
神崎「全員が不倫するわけじゃないよ。ただわかりやすい議論のために一般化すると、社内の地位があがって責任が重くなると、精神的にも辛くなるため、そうしたケースがよく見られるよね...

それだけだったら、まだ痴話話だからいいけどね、現実に起こっていることはもっと悲惨だ。夫が会社でストレスを感じれば、妻にあたる。妻は子供にあたる。酷い場合には、気づかないうちに妻による子供の虐待にまで発展する。虐待するなんて想像すらできない、極めて知的レベルの高い女性たちが、無意識に虐待してしまうんだよ

タク「ということは、学校でのいじめも、母親の怒りが学校内で再現されているんですね?

神崎「そうなんだ。怒りというのは伝染する。怒りのキャッチボールを社会全体で行っているのが、現代という時代だ

タク「その怒りの原点が、経営者なんですね

神崎「そうだよ。だからこそ経営者には、しっかりとした家族観や哲学が必要になるんだ。
最近の反原子力の運動については、次のような一言が参考になるかもしれない。
知識がなければ、我々は感情の奴隷になり、パターンにはまりこむ
a0004752_8431736.jpg単なる成功マニュアルでもない。ノウハウ本でもない。読み込めばいろいろな示唆を与えてくれる一冊となっている。

最近は、単行本も出ている模様。物語仕立てで書かれているので、サラッと一気に読めてしまうところも手軽でいい。一度は手に取ってみても損はない一冊だと感じた。

<参考>
著者のサイトでの紹介(本書のプロローグを読むことができる!)
・ミュージカル“With You” 神田昌典の「成功者の告白」~舞台制作からビジネスを語る~(これを見たらちょっとあやしげに感じるかもしれないけれど^^;)

 
[PR]

  by yoshinoriueda | 2012-08-26 09:03 | VC・VB・イノベーション・mgt | Trackback(2) | Comments(2)

アメリカン・フットボールに見るリーダーシップ育成をめぐる矛盾

Diamond Harvard Business Reviewの9月号にある「リーダーとマネジャーの大いなる相違」(How Managers Become Leaders)という記事の中で、リーダーシップ育成をめぐる矛盾が、アメリカン・フットボールを例として紹介されていた。
ブロックとタックル(つまり実践的な技量)に秀でることにより、人々は上級レベルへの昇進を果たすが、戦略的素養を持つ社員は細部をあまり重視しないため、下位レベルの仕事で苦労する可能性がある
例えば、細かい経理的処理を理解していても、大局的な絵を描くのが苦手とか、またその逆とか、確かによくある話ではある。

これは、
多くのマネジャーは、問題解決能力を買われてシニア・レベルに昇進する。しかし事業リーダーになると、問題解決よりも、組織がどの問題に取り組むべきかを決めることに集中しなければならない。
という記述からも読み取れるし、「兵士から外交官へ」という言葉にも現れているように思える。

ちなみに、この記事を読んでいると、組織のアーキテクチャーを考えることの大切さや、組織の外交官として交渉、説得、コンフリクト管理、アライアンス構築などを使いつつ、戦略目的達成にむけた外部事業環境を作るとか、リーダーの果たすべき役割がマネジャーよりも多く、次元が高いこと、強いて言うなら、全く違う存在であるということを述べているようにも見える。まさに、日本語の記事タイトルのいうとおり「大いなる相違」なのかもしれない。
[PR]

  by yoshinoriueda | 2012-08-25 23:28 | 思うに・・・ | Trackback | Comments(0)

Jizo-bon Festival

On August 24th, Jizo-bon Festival is held in Kansai area to show our gratitude to Jizo who is the protector of children.

a0004752_22451829.jpg

[PR]

  by yoshinoriueda | 2012-08-24 23:02 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE