<   2012年 12月 ( 49 )   > この月の画像一覧

 

やはりソフトとハードのパッケージは有効。ただし、政策は市場を歪める虞があることに要注意。

日立メディコによるイラクでの超音波診断装置受注のニュースが報道されていたが、その背景には、日本政府による医療人材育成支援というお土産がついていたとのこと。
日立系が逆転受注 イラク向け、超音波診断装置 日本政府の支援奏功
2012.12.31 16:02

 日立グループの医療機器大手、日立メディコがイラク政府から超音波診断装置44台を1月中旬にも受注する見通しであることが30日、分かった。受注額は約5億円。当初は同装置で世界シェア1位の米ゼネラル・エレクトリック(GE)が受注競争をリードしていたが、日本政府がイラクに対して医療人材育成の支援を約束するなどして逆転した。日本政府が進める医療分野のインフラ輸出では初の成功事例となる。



 超音波診断装置はがん検査や妊婦の検診などに使われる。日本メーカーは画像処理の技術力が高く、世界市場で一定のシェアを獲得してきたが、欧米メーカーは病院建設などの支援を含む官民挙げた取り組みで先行。経済産業省によると、イラクでも発注を計画している超音波診断装置についてGEが独占受注する方向だった。

 ただ、日本政府は昨年9月、診療技術で評価が高い日本人医師を含む官民派遣団をイラクに送り、人材育成などの支援を提示。日本・イラク両政府は2月にも現地の医療人材を育成する医療センターの建設で協力文書を締結する見通しとなっている。

 その結果、派遣団に参加した日立メディコが逆転受注をほぼ確実にした。ほかにも、東芝メディカルシステムズががん検査などに使うコンピューター断層撮影(CT)装置7台(約5億円)、島津製作所もX線診断装置120台(約15億円)を受注する見込みが高まっている。


 イラクは戦争の影響で医療施設の整備が遅れており、建設が予定されている30病院の建設費や医療機器などの予算規模は約5千億円に上る。日本政府はイラクの医療センターに日本から医師を派遣し、現地の医師に機器の使い方などを指導することで“メード・イン・ジャパン”の普及につなげたい考えだ。

 民主党政権は新成長戦略の一環として、官民挙げて発電所や鉄道などのインフラ輸出を進めてきた。だが、原発輸出は東京電力の福島第1原発事故で失速し、重点分野を医療機器などにシフト。経産省はイラクのほか、アブダビ首長国などにも医療機器の売り込みをかけている。

 自民党も衆院選の政権公約で、インフラ輸出を経済成長策の一つとして明記。「日本発の革新的医薬品・医療機器の研究・開発を促進」と医療産業の充実も掲げており、政府は今後も医療機器の輸出を推進する。

a0004752_22102614.jpg
ハードとソフトをうまく融合しなければ、高度なハードの性能をフルに発揮できないため、宝の持ち腐れに終わってしまう。そのため、ソフト面での支援は必要不可欠になってくるといってもいいだろう。

一方で、政策的な支援は、市場を歪めてしまう。日本は医療が進んでいるというイメージがあるかもしれないが、現場はどうなのだろう。ノロウイルスによる被害は病院でもおきていて、それは特殊な事例なのかもしれないけれど、そんなに医療現場がバラ色だとは思えない。もし、医療の「競争力」がそれほどでもないにもかかわらず、国内での体制をないがしろにして、血税をメーカーの支援に回してしまうとすれば、本末転倒だろう。

政府は製造業を支援するために資産買取をするともいう。これも競争を歪めてしまわなければいいのだが...

公的資金で製造業支援 資産買い取り1兆円超
2012/12/31 2:01

 政府は電機メーカーなどの競争力を強化するため、公的資金を活用する方針を固めた。新法制定でリース会社と官民共同出資会社をつくり、工場や設備を買い入れる。企業の過去の投資に伴う負担を和らげるのが狙い。技術革新が速い半導体や液晶パネルなどをつくる企業が手元資金を増やし、機動的に新たな設備投資をできるようにして次世代の成長基盤固めにつなげる。

 政府は5年以上かけて官民共同出資会社による資産買い入れを進め、買い入れ額は累計で1兆円超を見込む。電機のほか、産業機械や炭素繊維のメーカーにも資産売却の要望があるという。政府は国内の雇用維持や空洞化を防ぐ効果を期待するが、公的資金の活用は経営のモラルハザード(倫理の欠如)との批判を招く恐れもある。

 公的資金を使った新制度は、新政権の日本経済再生本部が制定をめざす「産業競争力強化法」(仮称)の柱とする。新法の成立は来年の通常国会以降だが、予算措置は早ければ来年1月にまとめる今年度補正予算案にまず最大1000億円を盛り込む。

 国は財政投融資(財投)機関を通じて、民間リース会社と折半出資で特別目的会社(SPC)をつくる。財投機関として日本政策投資銀行などに出資業務を担わせるか、新たな政府系機関を創設するかは今後詰める。

 SPCは企業から工場や設備を買い取ったうえで、リース契約を結んで企業に貸し出す。企業はリース料を払えばこれまでと同様に工場や設備を使えるほか、売却代金を新規の設備投資や研究開発にあてることができるようになる。

 SPCはリース契約終了時に、リース料と資産の転売額から、財投機関とリース会社に出資分を戻す。資産価格の急減で当初の出資分を返せない場合、官民が負担を分かち合う。

政府が公的資金を使って製造業を支援するのは、製造業の雇用を支える狙いからだ。電機メーカーなどは雇用の裾野が広く、新規投資が滞って国内の製造拠点を維持できなくなると雇用が大幅に減りかねない。個人消費の低迷を通じて日本経済を悪化させる懸念があるため、政府は公的支援が必要との判断に傾いた。

 半導体や液晶パネルは技術進歩が速く、加工装置などの設備負担は年々増えている。米半導体受託製造大手によると、最先端の半導体を製造する工場の初期投資額は45億~65億ドル(約4000億~5500億円)と、2000年代半ばから倍増した。

 韓国や台湾などの海外勢と競うには、新規の研究開発や設備投資が必要。しかし、過去に投資した資産の減価償却負担が重いと、新たな投資を抑える一因となり、競争力の低下を招いた。政府はリース方式でこの悪循環を断ち切りたい考え。不振企業の財務改善にも効果が大きいとみている。

 一方、民間リース会社はこれまで、電機や産業機械、炭素繊維の製造装置をリースとして引き受けることに慎重だった。自動車と異なり、リース契約終了後に転売する中古市場がほとんどないうえ、資産価値が急激に目減りする可能性もあったからだ。公的資金はこれらのリスクを国が一部肩代わりする面もある。

a0004752_22234712.jpg


政府、資産買い取りに軸足 国民負担の恐れも
2012/12/31 2:01

 政府が公的資金を使って電機メーカーなどの資産圧縮を助けるのは、迅速な設備投資を促し、生産拠点の空洞化を防ぐためだ。一方、リース会社から買い取った資産価値が大きく目減りするなどして、政府が出資分を取り戻せない場合、国民負担が生じる「劇薬」でもある。

 政府は出資のほか、補助金も活用する。新製品をつくる設備や海外勢と競合する分野の最新鋭設備を導入する際、リース会社に売却したうえで借り直すことを前提に、リース会社に資産額の3分の1を補助する。

 政府はこれまで産業革新機構や企業再生支援機構を通じた出資で、企業再生をテコ入れしてきたが、政府系の経営参画に難色を示す企業も多い。公的資金を使ったリースの促進は、資産圧縮に照準を絞った限定的な関与にとどめ、設備集約型産業の競争力強化を促すのが特徴だ。

 政府はすでに大手電機メーカーなどと水面下で調整している。この制度を使って資産売却を進める企業としては、シャープなどが有力候補となりそうだ。

 だが、本来、民間企業が自助努力すべき分野で公的資金を活用することには、モラルハザード(倫理の欠如)との批判がつきまとう。

 半導体や液晶パネルは技術進歩の裏側で既存設備の陳腐化が速い。官民共同出資会社が買い取った資産の転売価格が想定を下回れば、国民負担が生まれる可能性がある。買い取る資産や企業の戦略などをしっかりと見極める目利きの力も求められそうだ。


  by yoshinoriueda | 2012-12-31 22:25 | 政治・経済・政策・地域開発 | Trackback | Comments(0)

不二家のペロペロキャンディが初音ミクとコラボ!ほれ、ぺろぺろしてみ~

不二家のペロペロキャンディ(ポップキャンディ)が初音ミクとコラボしていた。

a0004752_8553722.jpg


子供が、友達の家でクリスマスパーティに行ったときに、お菓子として出てきて、「パパに見せる」といって持って帰ってきてくれたもの。
淋しがりの貴方に。

ほれ、ぺろぺろしてみ?

prprスルヨー
と印字されていて、つい、ぺろぺろしちゃいそう(^^)

パッケージデザインは、こんな感じらしい。イイね~♪

a0004752_933044.jpg

  by yoshinoriueda | 2012-12-31 04:00 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

子供だけでなく多くの人が学習すべき絶対必要不可欠な9つのスキル

子供が学習すべき絶対必要不可欠なスキル9つ」という記事によると、
1.質問の仕方
それさえできれば、自分で学べるようになる。子供が質問したら、罰するのではなく褒める。

2.問題解決の仕方
子供に様々な問題に取り組ませ、その努力を褒めてあげる。

3.プロジェクトへの取り組み方
まず子供と一緒に取り組んで、やがて自分でやらせる。

4.情熱の発見方法
子供が夢中になって楽しめることを探すのを手伝う。

5.独立心
徐々になんでも自分でやらせるようにする。やがて、子供は自分で道を選べるようになる。

6.ひとりでも幸せになる方法
早いうちからプライバシーと一人の時間を与える。

7.人を思いやる心
誰かを幸せにすれば自分も幸せになれることを子供に行動で示す。

8.寛容な心
子供をあらゆる種類の人種、セクシュアリティ、精神状態の人々と交流させる。違いは称賛されるべきものであり、人生を素敵にしてくれるものだと伝える。

9.変化への対応の仕方
変化に怖がる必要はなく、適応可能であること、未知の新しいチャンスであること示す。
とのこと。これらは多くの人に当てはまるだろう。

いちばん難しいのは何だろうか。それは人それぞれかもしれない。

ただ、多くの人と接していて感じるのは、「9. 変化への対応の仕方」がいちばん難しいのではないかと感じる。現実の世界では、過去の経緯やしがらみにとらわれてしまうことが多い。以前と違うことを言ったりすると「ブレた」と言われたりすることになるかもしれないが、自分で考えていれば、何がどういうふうに変わったので、自分も変わらなければならないということを説明できるし、自分自身もそういうふうに変わることができると思う。

これを教えるという機会はあまりないというのも、難しさを増している要因かもしれない。変化しているというときでなければ分からないので、自分で修羅場をくぐりながら、変化への対応の仕方を身につけていくしかないというところもある。

年の瀬にそんなことに想いを馳せながら...

  by yoshinoriueda | 2012-12-30 06:30 | 思うに・・・ | Trackback | Comments(0)

家の窓 全部拭いたら 筋肉痛

師走も残すところ数日となり、自宅の網戸や窓を拭き掃除した。子供の頃から窓拭き担当だったので、もはや習慣ともいうべきものか。

そんなに広い家でもないのだけれど、全ての窓を拭いて、肩や背中、腕の筋肉を使うとともに、何度もスクワットをするので、太ももの裏側や腰まで筋肉痛になっていた^^;;

お風呂に入りながらストレッチしつつ一句:「家の窓 全部拭いたら 筋肉痛」

  by yoshinoriueda | 2012-12-29 21:27 | 思うに・・・ | Trackback | Comments(0)

四川一貫@神田にて辛めの麻婆麺ランチ

さくっとランチを食べたいと思い、探していたのがラーメン屋。本郷通りを歩きながらフラフラと路地に入って、見つけたのが「四川一貫」というお店。

中華だから、ラーメンはないだろうと思ったら、なんと、「麻婆麺」の文字が...

店構えは質素なのだが、実はおいしかったりするかも、と思っていると、品のある年配のご婦人が店内に入っていかれた。もしや!と思い、入ってみて、麻婆麺を注文。

店内はテーブル席で占められていて、ランチタイムを過ぎたのか、団体が1組、先ほどのご婦人が1人という感じ。

出てきたのは、こちら。

a0004752_9181599.jpg


辛いものはそれほど得意ではないけれど、この辛さならなんとか食べられるという程度の辛さ。コクがあっておいしい。

細麺にスープが絡まり、とてもいい感じ。

手軽にランチを楽しむにはいいかも~♪ ごちそうさまでしたm(--)m


四川一貫四川料理 / 小川町駅淡路町駅新御茶ノ水駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


  by yoshinoriueda | 2012-12-28 13:10 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

今年最後に見る富士山。今年もお疲れさまでした。来年こそはいい年になりますように~

今年最後に見る富士山。

今年は、温暖化政策の仕事から、エネルギー全般の政策に関連する仕事に移り、日々に追われながらいつのまにかもう年末。

上京するたびにさまざまな姿を見せてくれたけれど、いつもどっしりと構えていて、その稜線を目でなぞるのが楽しみだった。

a0004752_9241376.jpg


今日の富士山は、少し哀しそうだが、来年こそはいい年になりますように~

  by yoshinoriueda | 2012-12-28 09:24 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

薬は自分で飲めるけれど外科手術は自分ではできない

年末になって、恩師が手術から無事回復されているという知らせを聞いたり、同期が大手術を受けていたということを知ったりといったことが続いているのだが、病気になったカラダを治すのは、早いほうがいいということは言えるのだろう。

薬なら自分で飲めるけれど、外科手術までは自分ではできない。

これは何も病気に限った話ではない。企業も然り。早めに手を打つことで、大鉈をふるうことなく再生していくことができる。

自民党政権になって、株価も上がり、ようやくまともなところに戻ろうとしているのかもしれないが、無事、年を越せるのか、あるいは年度を越せるのかといったところがこれからの勝負になるというところもあるかもしれない。

来年は、もっと明るい年になりますように~(といってもまだ仕事納めではないのだけれど...orz)

  by yoshinoriueda | 2012-12-27 23:36 | 思うに・・・ | Trackback | Comments(0)

経済産業省地下のスターバックスでほっと一息~♪

経済産業省での打合せが終わり、少しほっと一息ということで、地下へ。本館と別館の連絡通路にあるスターバックスに入った。忙しい職員の憩いの場になっているのだろうか。来訪者にとってもこういうところがあるというのはうれしい。

とりあえず、手前のテーブルを囲んで座ることに。

小腹がすいている時間だったので、ドーナツに目がいったのだが、ここは、甘めのドリンクを補給することにして、キャラメルマキアートを注文。(ちょっと甘すぎ?!)

a0004752_10314365.jpg


連れ合いは、ザッハトルテに目がいってしまって、そちらをパクついていた。なんでも今日から発売開始だとか。(このお店で、ということかな?)

ホイップクリームを30円でトッピングして、ご満悦。

a0004752_10335088.jpg


感触が悪くない打合せだったから、こうやってほっと一息入れることができたのだが、いろいろと課題は山積。果たしてこれからどうなることやら。

スターバックスコーヒー 経済産業省店コーヒー専門店 / 虎ノ門駅霞ケ関駅内幸町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0
昼総合点★★★☆☆ 3.0


  by yoshinoriueda | 2012-12-27 17:26 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

石窯食堂@神田にてサクッとピザ&パスタのディナー~

仕事を終え、ホテルに向かっていると、神田警察通りに面したビルの1階に、雰囲気のある「石窯食堂」という店を発見。店頭に店員さんが出てきていて看板を動かしていたので、「もう店じまいですか?」と声をかけてみたら、11時まではオーダーできるとのこと。

石窯で焼くピザがウリだとか、親店舗がホルモン屋なので、そういうのがおいしいとか、寒い中、丁寧に教えてくれた。

早速、中にはいって、ピザとパスタを注文。背の高いスツールが、大きな木のテーブルの周りにあるようなお店で、団体客が1組、一人で飲んで食べている女性が一人、というところだった。夜も遅いので、そんなところなのだろう。

ピザは、マルゲリータ。500円だったが、かなりのボリュームでお得感満載。味も悪くない。ちょっと食べにくいけど^^;;

a0004752_1224682.jpg


パスタは、キャベツをトッピングしたペペロンチーノ。アツアツでガーリックが効いていて、とてもおいしい。湯で加減もアルデンテ。いい感じで胃袋が満たされた。

a0004752_1225663.jpg


団体客は、にぎやかにやっていて、なかなか楽しそう。おひとりさまの女性は、しっかりとアルコールを飲んでいたようだ。ホテルに帰って仕事があるので、飲まなかったけれど、今度は、飲めるときに訪れたいものだ。

ごちそうさま~

石窯食堂イタリアン / 神田駅淡路町駅小川町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


  by yoshinoriueda | 2012-12-26 23:53 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

上海台所 神田店にて宴席~♪

上海台所にて宴席。入り口は狭いのだが、奥にずっと続いている。団体客が結構入っていて、カップルの姿なども目にした。

アテとしてでてきたのは、豆。

a0004752_8434363.jpg


胡瓜の甘酢漬け、だったかな?!

a0004752_8453411.jpg


エビチリ。無難なところ。

a0004752_8455464.jpg


イカ。やわらかくてフワッとしている。まあまあおいしい。

a0004752_8461933.jpg


ホタテ。

a0004752_8494944.jpg


肉系。野菜と一緒に食べることができて、なかなかおいしい。

a0004752_8475188.jpg


a0004752_8484612.jpg


麻婆豆腐。八角が効いているので、好き嫌いはあるかも。少し辛め。

a0004752_8493092.jpg


チャーハン。大盛りとおもいきや、一人前。ボリュームもさることながら、味もいけてる。カップルも注文していたが、これはもしかして定番?!

a0004752_8501574.jpg


白玉団子。お湯の中に白玉。白玉の中にはごま団子の中に入っているような餡が入っていて、おいしい。これが一番印象に残ったかも。

a0004752_8503737.jpg


食べ飲み放題というのもあるらしいが、それにしてもリーズナブル。中華はやっぱり大人数でいくと種類をたくさん食べることができていいね~♪

ごちそうさまでした。

上海台所中華料理 / 小川町駅淡路町駅新御茶ノ水駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0



(12/30記)

  by yoshinoriueda | 2012-12-25 23:38 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE