タグ:アート ( 281 ) タグの人気記事

 

「アラン・フレッチャー:英国グラフィックデザインの父」@ggg

a0004752_922127.jpgギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)で、「アラン・フレッチャー:英国グラフィックデザインの父」と題した企画展が開催されていたので立ち寄ってみた。(写真は、ギンザ・グラフィック・ギャラリーのウェブサイトより)

ギンザ・グラフィック・ギャラリーのウェブサイトによると、アラン・フレッチャー(Alan Fletcher)の略歴は、次のように紹介されている。
1931年ケニヤ生まれ、2006年9月没。5歳でイギリスへ渡り、西ロンドンで育つ。ロイヤル・カレッジ・オブ・アート、イェール大学建築デザイン学部で学んだ後、ロサンゼルスのソール・バスの元で働く。イギリスへ戻り、1962年にフレッチャー/フォーブス/ギル社を設立し、ピレッリ、ペンギン・ブックス、オリベッティなどの仕事を手がける。1972年にペンタグラムを共同で設立し、ロイター、マンダリン・オリエンタル・ホテル・グループ、ヴィクトリア&アルバート美術館、ロンドン・ロイド社、ダイムラー・ベンツ、アーサー・アンダーセン&Co.など大規模なクライアントの仕事を手がける。1992年ペンタグラムから独立し、自らのスタジオを開設。また1994年以降、ファイドン・プレスのクリエイティブ・ディレクターとして、多様な美術書籍の出版に携わる。
a0004752_924358.gifさまざまな広告デザインを手がけていたようだが、展示を見て感じたのは、シンプルでありながらも斬新で、ほんの数本の線がこんなにいろいろな動きを醸し出してくれるのか!という感動に似た感覚。

左のポスター(ギンザ・グラフィック・ギャラリーのウェブサイトより)など、単なる○と△と□だけなのに、風船とカクテルグラスに見立てられ、なんだか楽しそうな雰囲気。

そういったものだけでなく、展示されているポスターのなかには奥が深い言葉が選ばれているものもあった。

地下に飾られていた"Love Is"と題された1988年の作品には、
Love is an irresistible desire
to be irresistibly desired.
という言葉が書かれていた。「愛とは抑えがたいほど求められたいと願う抑え難い欲求」といった意味だが、なかなか奥が深い。

ちょっと立ち寄った銀座のギャラリーだったが、とても充実していて、幸せな気分になった。

  by yoshinoriueda | 2008-05-31 08:00 | POP・movie・スポーツ | Trackback | Comments(0)

「『俺が、俺が』って自分の凄さを見せつけても、何も回らない。」by武田双雲

Presidentの2008.6.2号p.126-131に書道家の武田双雲氏の話が載っていた。「『売れない書道家』を人気者に変えた一言」という副題がつけられたその記事の中に、次のような一節があった。
何年かやっていくうちに、「相手への思いやりがないと儲からない」というのがわかってきた。「俺が、俺が」って自分の凄さを見せつけても、何も回らない。その気づきを与えてくれたのが、ストリートでお客さんに「ありがとう」って言われたことだと思います。相手を喜ばせるためには相手の立場になって、相手のことを考えなければいけないんだなと思い始めたら、少しずつ仕事がうまくいくようになった。...
NTTを辞めて道端で文字を書くようになった武田双雲氏がここまで注目されるようになったのは、確かに「ありがとう」の一言がきっかけだったのだろう。そして、それをきっかけに、「「俺が、俺が」って自分の凄さを見せつけても、何も回らない。」ということに気づいたというところが大きな成長のきっかけだったのだろう。

自戒をこめて、メモ。

  by yoshinoriueda | 2008-05-27 06:50 | 思うに・・・ | Trackback | Comments(0)

5月、シリコンバレー、雨

今朝のシリコンバレーは雨。数日の滞在のうち、初めての雨だった。時折激しく叩きつけてくる雨のなか、パロアルトからHW101を北に30分ほど走り、サンフランシスコ国際空港に到着。
a0004752_752042.jpg

アメリカでは三連休ということもあってか、チェックインカウンターはかなり混雑していた。お金を払ってでも足元が広い座席に変更してもらおうとしたのだが、生憎満席で、たとえお金を払ったとしても、ビジネスクラスにさえ変えてもらうことはできない状況だった(××)
a0004752_75334.jpg

搭乗口の上の壁に描かれた絵をみると、まるで、子供が道路に落書きしているかのよう(^^)
a0004752_754979.jpg

ちょっとしたシリコンバレーでの休日だったがとても楽しかった~♪

  by yoshinoriueda | 2008-05-24 09:00 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(2)

「千田彩子」というフォトグラファーと「まるせん」@溜池山王

ウェブの細道はいつになるのかな?」というエントリーで述べたように、「私塾のすすめ」(齋藤孝・梅田望夫著、筑摩書房)の帯に使われている写真は、著者らの表情をうまく捉えていると思う。本文の中の「はじめに」の前のページにも著者らの写真があるのだが、これを見ると、「写真(c)千田彩子」と書かれている。

ウェブで検索してみると、この千田彩子さんは、溜池山王にある「まるせん」というお店も経営しているようである。Yahoo!グルメによると、
厳選素材と諸国の調理法で生み出す創作和食
国内外を旅するうちに、各地特有の素材と料理に魅せられたという女性カメラマンが開いたお店。旬の素材と各国のスパイス、調理法によって生み出す、和食を基本とした創作料理が人気。日本酒はオリジナルの「まるせん」など7種。
とのこと。昔、よく溜池山王に行ってたのだが、また機会があれば訪れてみたい。

  by yoshinoriueda | 2008-05-10 14:46 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

今日のジュンク堂書店大阪本店の2階入り口は梅田さんの新刊一色!

昨日発売だった梅田望夫さん齋藤孝さんの「私塾のすすめ」を読んで、小林秀雄の「近代絵画」が梅田さんの座右の書として挙げられていたことから、どんな本なのだろうと思って、会社帰りにジュンク堂大阪本店に立ち寄った。

エスカレータを挙がると、検索端末の隣には、すべて同じ新書が並んでいた。
a0004752_2053327.jpg


一歩進むと、スグに、それが「私塾のすすめ」であることが分かった。帯の顔写真が目に飛び込んできたからだ。
a0004752_20534986.jpg


こりゃ売れる!?
a0004752_2054423.jpg


一番右の列には、梅田望夫さんの「ウェブ時代 5つの定理」や「ウェブ時代をゆく」、「ウェブ進化論」が並べられている(^^)
a0004752_20541539.jpg
ジュンク堂では、関連する本をこのようにして近くに並べてくれていることがあるので、いろいろ比較して選ぶことができる。というか、ついつい、いろいろ買ってしまう(^^;

それはそうと、お目当ての「近代絵画」は見当たらなかったので、うろうろして「小林秀雄 美と出会う旅」 (白洲 信哉 (編)、とんぼの本) というのを購入した。カラーの写真と絵が、小林秀雄の文章とともに紹介されていて、見ていて楽しかったからだ。

さてさて、週末はまた少しアートに触れる時間をもつとしようか...

  by yoshinoriueda | 2008-05-09 21:19 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(3)

組み木の五月人形

今日はこどもの日。

朝起きて、先日から飾られている組み木の五月人形を見ながら、どうか健やかに育って欲しいと願う。
a0004752_8451555.jpg

ちなみに、この五月人形、片付けるときは3段のお重にスッポリと収まる。楕円の木材を余すところ無く使ってデザインしているところが秀逸!
a0004752_8461384.jpg

  by yoshinoriueda | 2008-05-05 08:59 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

雨の高松。割烹ひらおかにて魚料理と地酒を堪能~♪

これまでにも何度か高松を訪問しているが、雨に降られたのは初めてだった。

打ち合わせの際、飲み物を注文することができるということだったので、メニューにあった「キャベツとパイナップルのミックスジュース」を注文した。注文したとたん、「期待を裏切らん奴だなぁ~」とのコメント。

確かに打ち合わせの時の飲み物コーヒーや紅茶、せいぜいミックスジュースといったところが無難な線だが、それでは面白くないぢゃないか!と思うのはどうやら私だけだったようだ。

聞くところによると、メニューには載っているが、これまで誰も飲んだことがなかったらしい。別にチャレンジするというほどのものではないと思うのだが、実際、これがなかなか美味しかった。ベースは、パイナップルというよりも、りんごのような気がする。さっぱりしていてカラダにもよさそう。

ちなみに、129kcalだか127kcalだかそんな数字が書かれていた。そのジュースが比較的低カロリーだったことも、注文した理由なのだが、それを言うと、また「細かいところまでよく見てるなぁ~」とのコメント。

普段、数字を見る仕事をしているだけに、つい、数字には目がいってしまう(^^;;

a0004752_1825317.jpgさてさて、仕事が終わり、懇親会まで時間が少し開いた。待ち合わせの場所は、「ドームの下」ということになっていたので、丸亀町商店街の紀伊國屋書店高松店で少し時間をつぶした。

紀伊國屋は、フロアが2箇所に分かれていたが、結構充実した品揃えで、ついつい見入ってしまった。そこで「美術検定」なるものを発見!

先日、「生誕100年記念 秋野不矩展@京都国立近代美術館」に行ってきたところでもあり、ついつい、「美術」という言葉に反応してしまった(^^;

(写真は「日本一の高さのアーケード・ドーム MARUGAME DOOM」(株式会社カミムラ) より)

a0004752_18162239.jpgひらおか」では、魚を中心とした料理を頂きながら、地元のお酒を堪能。

あまりに堪能しすぎて、危うく、岡山で新幹線に乗り遅れるところだった(^^;幸いにも新幹線が遅れていて、なんとか間に合ったという始末。

お酒はほどほどにしておかなければなりませんな~

(写真は割烹ひらおか@高松タウンより)

参考:がんばる商店街77選:高松丸亀町商店街@中小企業庁

割烹 ひらおか懐石・会席料理 / 片原町駅(高松)瓦町駅今橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


  by yoshinoriueda | 2008-04-16 23:59 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

生誕100年記念 秋野不矩展@京都国立近代美術館

a0004752_9502533.jpg生誕100年記念 秋野不矩展」を京都国立近代美術館に見に行った。

初期のころは、一般的な写実的な絵を描いていたようで、それはそれで素晴らしいのだが、インドを題材にした絵を描くようになってからの画風は特に面白い。

ガンジス川を渡る水牛の絵など、なかなか想像できない風景を描いているものは、「そんなふうに見えるのか~」と感心してしまうものがある。

今回印象に残った絵はいろいろあるが、絵の横に飾られていた写真が面白かった。それは、訪れたアフリカの砂漠のものだった。

空の色が、とても薄い水色でありながら、透き通っていくようでとてもきれいだった。それを見ていて、娘が薄い薄い水色が好きだと言っていたのをふと思い出した。

絵には、砂漠の上に広がる砂の文様が描かれていて、その上に男性と思しき人物が立っていた。それはそれで不思議な感じがするものだった。

驚いたのは、秋野不矩という画家が、90歳近くになってもまだインドやアフリカを旅して、絵を描き続けていたこと。若い頃から、新しい流派のようなものを作るといったエネルギッシュなところがあったようだが、それが後年までずっと続いていたことに驚かされれ、人間、好きなことをやれば、ここまでできるんだと感じ入ってしまった。

絵に対する好き嫌いは個人の感性によるところがあるため、なんともいえないが、そういった生き様を感じるにはオススメ~♪
a0004752_9505330.jpg

関連リンク:秋野不矩美術館

  by yoshinoriueda | 2008-04-11 23:59 | POP・movie・スポーツ | Trackback | Comments(0)

The Bar@Ritz Carlton

a0004752_22394023.jpgRitz CarltonのThe Barにて、少し一服。シングル・モルトのウイスキーを傾けながら、ピアノの生演奏の音に耳を傾ける...(写真は、Rits Carltonのサイトより)

といきたかったのだが、仕事の話をしなければならず、なかなかゆっくり聴けない(;;)

「Tears in Heaven」が流れたときには、こみ上げてくる悲しさのようなものがあって、最後に小さく拍手してしまったが...

せめてもの救いは、とても美味しいウイスキー。丸くて透明な氷もきれいだった。グラスの重さが手に馴染む。

ウイスキー1杯はピンからキリまで値段の差があるが、一人15,000円程度は必要となる北新地のラウンジやスナックなどに行くよりもかなりお値打ち~♪ また別の機会にプライベートで来たいものだ。

参考:
Eric Clapton - Tears in Heaven@Youtube
ティアズ・イン・ヘブン  エリック・クラプトン
ティアーズ・イン・ヘヴン@wiki

  by yoshinoriueda | 2008-04-10 22:45 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(2)

どっかで見た顔だなぁ...と思いきや、剣持さん!?

a0004752_1219461.jpgIT mediaの記事「初音ミク作品の“出口”は 「表現」と「ビジネス」の狭間で」の写真を見て、「どっかで見た顔だな~」と思いきや、それは、大学時代の研究室の先輩だった。
初音ミクで楽曲制作するクリエイターも「お金は求めていないが、名誉を求めている。名誉にお金が付いてくることには拒絶しない」(ヤマハの剣持さん)という。「作者に感謝の気持ちを贈るために、名誉や“ありがとう”の気持ちを数値化できないだろうか」(剣持さん)

自らも初音ミクの大ファンで「みくみくにしてあげる♪【してやんよ】」が好きだという剣持さん。「みくみく作者に、何とかして感謝を伝えたい」
ご無沙汰してますm(--)m いやー、お元気そうでなによりです。

剣持さんのサイト:
けんもちどっとこむ
飲み・食い・演奏・鑑賞ぱんこ(blog)

その他関連サイト:
初音ミク
「君が代」を楽しむ?!

  by yoshinoriueda | 2008-03-30 12:48 | POP・movie・スポーツ | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE