今日の #アサガオ #青紫 #水色

今日の #アサガオ #青紫 #水色_a0004752_06403519.jpg


毎朝いくつか咲いていて、しかも色が違う。

今日の #アサガオ #青紫 #水色_a0004752_06423108.jpg


6つ種をまいて、3つに絞ったようだが、花の色はすべて異なっていた模様。

いくつも立派に咲くから、朝見るのが楽しみ~☆

  # by yoshinoriueda | 2020-08-04 06:10 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

久しぶりに移動オフィス~単身赴任者風モード☆

久しぶりに移動オフィス~単身赴任者風モード☆_a0004752_06195987.jpg

  # by yoshinoriueda | 2020-08-03 06:15 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

アサガオがキレイに咲いている

子供が学校で育てていたアサガオ。

今日からようやく夏休みということで、昨日持って帰ってきたのだが、朝からきれいに咲いている。

アサガオがキレイに咲いている_a0004752_16485716.jpg


アサガオがキレイに咲いている_a0004752_16485857.jpg


とてもきれいな色だし、大きくのびのび咲いている。

さあ、8月!

ようやく暑い夏が始まる☆彡

  # by yoshinoriueda | 2020-08-01 06:15 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

#ウェブ会議 を通じて #知 のやり取りがなされるようになってくると学びはどう変わっていくのか?

Twitterにも投稿したが、これだけウェブ会議をやっていると、実はリアルな場で会っているよりも忙しいという状況になる
多忙な一日 重複あり(汗
9:00- #webinar #innovation from #SiliconValley
11:00- #web会議 #innovation with #SiliconValley
12:30- #リアル会議 #大阪大学
14:00- #webinar #mobility
15:10- #webinar #innovation
16:30- #web会議 #mobility
19:00- #webinar #digital
20:00- #web飲み会 #京都大学

隣で子供が別の #webinar を受けている...
こちらも #digital q(^^)p

親子それぞれが、同じ部屋にいて、それぞれの #ブレイクアウトセッション で話をしている... #zoom
単に聞いているだけ、見ているだけ、チャットしているだけならば、まだしも音声を使っていると、お互いの声が邪魔になり、「やっぱり個室がいるかもな...」と感じたりもした一日だった。

携帯電話を使えば、移動中も参加できるし、パソコンやタブレットも総動員すれば、内容の理解度や会議への貢献度はともかく、複数同時に参加するということもできる。

会議中に、個別でチャットを送れば、特定の人と直接メッセージを送り合うこともできるし、zoomのブレイクアウトセッションという機能を使えば、少人数で別の話ができたり、講義で分からないところを個別に指導したり(してもらったり)することも可能。

議論を交わしたり、疑問を解消したりすることは、リアル以上にやりやすいところもあるかもしれない。

電気工学や情報通信工学を教えておられる先生方は、ウェブ会議など難なくこなされているようだけれども、今日のウェブ会議の中でも、「講義中にチャットで質問を直接送ってこられると、それに回答しているだけで、授業が終わってしまう」といった話をされている先生がおられた。

実際、リアルの講義であれば、授業終了後に、分からないところを聞きに来る学生がいるかいないかというところだそうだが、ウェブ会議では、分からないところをどんどんと質問してくるらしい。リアルでは、「こんな質問したらバカだと思われるんじゃないか」みたいな恥ずかしさを回避しているのだろうと分析されていたが、「こんな質問で時間を割いてもらうのは申し訳ない」みたいな遠慮もあるのかもしれない。いずれにしても、バーチャルになれば、他人に知られることなく質問できるし、遠慮という気持ちも薄れるかもしれない。

ともかくも、「雰囲気」や暗黙的な知、体得しなければ分からない感覚などは伝わりにくいところがあるかもしれない一方で、形式的な知は伝わりやすくなる側面もあると、最近は特に感じるようになっている。

ただ、ウェブの世界は、アンケートやA/Bテストをやってみたりすることがあるように、ほとんどが形式的な知に変換されていくところもあって、そうなってくると、この部分はある程度まで「遠隔」であってもそれなりの深さまで行くことができるような気もする。

これは裏を返せば、ウェブによる学びや知のやりとりができない人とできる人の間では、そこでやり取りできる情報については、大きな格差が生まれてくる可能性がある。センスも知識の集合体だと考えると、センスのよい発想も、ベースの「知」がヘタってくると、生まれてきにくくなるかもしれない。

リアルは「プレミアム」に変わっていく。バーチャルなところは徹底的に使いこなして、プレミアムをより充実させるようにしていかなければ、差はどんどん広がっていくだろう。

このような問題とは別に、いや、関連するかもしれない問題として、「ウェブ会議で得た知見などを共有していくことの難しさ」というものがある。これだけウェブ会議やセミナーに出ていると、簡単なメモを作ったとしても、細かいところを他の人と共有していくのはほぼ不可能となる。なぜなら、同じくらいの時間が必要となるからだ。

解決策の案としては、自分が講義やセミナーを企画して、再現するということが考えられるのだが、これもまたそれ以上に時間がかかる。最終的には何らかの「成果」が出ればいいのかもしれないが、後進育成なんかは、個人個人にゆだねていくしかないのかもしれないと思いつつ、まだ具体的かつ効果的な解決策が見いだせないがゆえに、もう少し試行錯誤する日々が続きそうである。

  # by yoshinoriueda | 2020-07-31 23:31 | キャリア・生き方・教育 | Trackback | Comments(0)

だそうです...:「足裏には全身の #反射区 が集まっていて、60~70もの #ツボ ( #反射区 )が!」 #足つぼ #マッサージ #東洋医学

なんで天気予報のサイトに足つぼの反射区に関する図があるのか不思議だが、重宝しそうなのでクリップ☆彡

だそうです...:「足裏には全身の #反射区 が集まっていて、60~70もの #ツボ ( #反射区 )が!」 #足つぼ #マッサージ #東洋医学_a0004752_17163760.jpg

足裏には全身の反射区が集まっていて、60~70ものツボ(反射区)が!

  # by yoshinoriueda | 2020-07-26 17:20 | 思うに・・・ | Trackback | Comments(0)

ブルピカくん完成披露パーティー☆彡 #おうち #サイエンス #ラボ #ロボット #robot

いつの間にか、かわいらしいロボットができていた☆彡

説明によると、以下のとおり。

ブルピカくんは、でんきをつかって、うごく
ロボットです。リモコンをつかってうごかします。

リモコンには、2つのスイッチがあります。

ロボットをうごかすスイッチとでんきをつける
スイッチがあります。

まめでんきゅうは、かたにつけました。(注:その後、頭に...)
 
うごかすスイッチは、モーターがうごいて、
ブルピカくんがうごきます。したにはブラシが
ついているので、うごくときに、ブルブルします。

かざりつけをしたらすごくかわいくなりました。
どんなかざりつけをしたかというと、
みどりのまるいシールをきってはっぱのかたちにして
こんのまるいシールをちいさくきってはっぱとはっぱ
のあいだにこんのシールをはったら,かわいくなったよ。
こんのまるいシールをいろんないろにしてもかわいよ。

ブルピカくん完成披露パーティー☆彡 #おうち #サイエンス #ラボ #ロボット #robot_a0004752_17244097.jpg


本来であれば夏休み。いろいろと工作するようなこともあるんだろうけれど、まだ来週も学校に...

いずれにしても、楽しく取り組めたようでよかったね~☆彡
 

  # by yoshinoriueda | 2020-07-25 15:30 | テクノロジー・環境・ガジェット | Trackback | Comments(0)

EV/PHV向け自宅充電用ポイント制度「eチャージポイント 」が関東・中部・関西にて展開~ by 東京電力

EVやPHVを持ってる人たちは、東京電力の電気の契約にして、自宅で充電すれば、年間 3600円安くなる?!by eチャージポイント

対象エリアは、関東 だけでなく関西や中部も。

なかなか面白い取り組み~

EV/PHV向け自宅充電用ポイント制度「eチャージポイント 」が関東・中部・関西にて展開~ by 東京電力_a0004752_20212612.jpg

  # by yoshinoriueda | 2020-07-24 20:21 | エネルギー・環境 | Trackback | Comments(0)

『バムとケロのそらのたび』に出てくるグラタン~☆

『バムとケロのそらのたび』に出てくるグラタン~☆_a0004752_13154008.jpg

  # by yoshinoriueda | 2020-07-23 18:30 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

「変態」だなんて!私のことではありません...

「変態」だなんて!私のことではありません..._a0004752_18013521.jpg



恐るべし「京都水族館

  # by yoshinoriueda | 2020-07-22 18:04 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

同じ空の下で...

同じ空の下で..._a0004752_18013185.jpg


同じ空の下 same sky

どうしてるのかな 大切な人たちは

そんなことを思い出した阪急大阪梅田駅の広告☆彡
タグ:

  # by yoshinoriueda | 2020-07-21 18:01 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

「EV充電インフラに脚光 スタ-トアップ投資過去最高」ってどこの国の話かな?と思いきや... #EV #充電 #スタートアップ #投資

EV充電インフラに脚光 スタ-トアップ投資過去最高」という話があるらしいが、ハテ、どこの国か?

日本じゃないのね...^^;

まあ、それなら話は分かるけど...


More

  # by yoshinoriueda | 2020-07-20 12:35 | VC・VB・イノベーション・mgt | Trackback | Comments(0)

乗り心地抜群の奈良交通のゴージャス観光バス「青龍」☆彡

先日のバステクフォーラムに奈良交通の「青龍」が参加していた。

「プチぜいたく」を満喫! 奈良交通からバスツアー専用豪華バス第2弾「青龍(せいりゅう)」がいよいよデビュー」なんて書かれ方をしているが、超ゴージャスな気分になれた。

乗り心地抜群の奈良交通のゴージャス観光バス「青龍」☆彡_a0004752_15125635.jpg


精悍な外観もいいのだけれど、座った感じがまた良い。

乗り心地抜群の奈良交通のゴージャス観光バス「青龍」☆彡_a0004752_15125684.jpg


シートの肌触りがいいというか、包み込まれるような座り心地がよいというか。

乗り心地抜群の奈良交通のゴージャス観光バス「青龍」☆彡_a0004752_15125628.jpg


腰の部分のクッションもあったり、コンセントが完備されていたりと、至れり尽くせり。

乗り心地抜群の奈良交通のゴージャス観光バス「青龍」☆彡_a0004752_15125668.jpg


会場におられた奈良交通のお姉さんがいうのは、キトラ古墳の壁画にあった四神のうちの一つであり、すでに運行を開始している「朱雀」のほか、あと2台を導入するとのこと。

こういうバスで観光ができるなら、きっと一味違う旅行になるんだろうなぁ...

バス自体にあまり興味はなかったけれど、こういうものに触れると、少し興味がわいたような気がする^^;;



More

  # by yoshinoriueda | 2020-07-14 18:10 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

日本からの米国向け小包やEMSが停止されている?!経済が閉じている... #新型コロナウイルス #遅延 #国際郵便

アメリカに小包を送ろうと郵便局に持っていったら、

アメリカ向けには送れません

とのこと。

確かに、「米国宛て国際郵便物の一時引受停止について」と出ていて、扱いは、以下のとおり。
2020年4月23日

新型コロナウイルス感染症の世界的まん延に伴う航空機の減便・運休による米国宛て国際郵便物の大幅な遅延の状況をお知らせしてきたところです。

航空会社および米国郵便事業体と協力の上、速やかに発送できるよう最大限努めてまいりましたが、航空機の更なる減便・運休に伴い、輸送力が著しく減少したことから、米国宛ての一部の国際郵便物について発送の目処が立たなくなりました。

つきましては、4月24日(金)から当分の間、米国宛ての以下の国際郵便物※についてはお引き受けを一時停止いたします。
(※)対象郵便物等
一時引受停止する郵便物の種別

EMS郵便物
小包郵便物 ※航空扱い(SALは既に停止済み)
通常郵便物(小形包装物および印刷物) ※航空扱い(SALは既に停止済み)

引受けを継続する郵便物の種別

小包郵便物 ※船便扱い
通常郵便物(書状、郵便葉書、盲人用郵便物) ※航空扱いおよび船便扱い
通常郵便物(小形包装物および印刷物) ※船便扱い

引き続きお引き受けする郵便物についても大幅な遅延が見込まれます。

なお、これまでお引き受けしました対象郵便物については、順次、残余の航空便で発送いたしますが、例えばEMS郵便物について、現在の輸送量では発送までに最大4か月程度の期間を要することが見込まれます。このため、郵便物の取り戻しを希望されるお客さまについては、郵便物を差し出された郵便局へお問い合わせください。

お客さまにはご迷惑をおかけしますが、あらかじめご理解、ご了承くださいますよう、何とぞよろしくお願い申し上げます。
さらに、「国際郵便物の一部引受再開等について(6月30日更新)」というページでも、
米国宛てについて、引受停止前にお引受けした郵便物の発送は近日中に完了する見込みですが、未だ十分な輸送力が確保できないことから、引き続き一部の郵便物を除き引受けを一時停止しております。
とのこと。経済が閉じていることを身をもって経験...

早く再開されるといいな...

  # by yoshinoriueda | 2020-07-13 20:30 | 政治・経済・政策・地域開発 | Trackback | Comments(0)

#Mizno の新 #スニーカー #Enerzy は #アスリート のためだけにとどまらない価値と魅力を持っているのではないだろうか?! #スポーツ

ミズノの新スニーカー、ジャンプ力がおかしい」という記事に出ている動画は、確かに誇張されすぎている^^;

シューズの写真に、この記事の中で紹介されていたもう一つの動画をリンク付けしておいたが、ミズノの人はアスリートのために開発しているという。
#Mizno の新 #スニーカー #Enerzy は #アスリート のためだけにとどまらない価値と魅力を持っているのではないだろうか?! #スポーツ_a0004752_18503611.jpg

しかし、このシューズの可能性は、トップアスリートのためだけのものではないと思う。こんなシューズがあれば、運動が苦手な人でも楽しくなるのではないだろうか。

反動をうまく活かすことができれば、疲れにくくなるし、今までに感じたことがない感覚を楽しむことができる。体を動かすのが楽しくなる要素が増えるのだ。だから、運動が苦手な人でも、楽しめる要素があるのだと思う。

ボコボコしたソールの外見が個性的すぎるというか気色悪いというかそういったところはあるものの、一度は履いて試してみたいものだ。

タグ:

  # by yoshinoriueda | 2020-07-12 19:00 | POP・movie・スポーツ | Trackback | Comments(0)

#企業価値 #新型コロナ で一変? #日経 #株式時価総額ランキング

企業価値、コロナで一変 リーマン以来の順位激動」 という記事によると、
世界の株式時価総額ランキングに「地殻変動」が起きている...

時価総額の逆転現象の代表が米テスラ。電気自動車の量産体制が整って損益も黒字化し、コロナ禍での勝ち組を探すマネーが集まった。トヨタ自動車を抜き業界トップになった。8日には半導体の米エヌビディアが同業のインテルを抜いた。人工知能(AI)計算などに使うデータセンター向けの半導体は、コロナが追い風になる。中国では白酒大手の貴州茅台酒が高級化路線で成功し、食品最大のネスレ(スイス)に迫る。
とのこと。例として挙げられていた米テスラがトヨタを抜いたのは、新型コロナウイルスが原因なのかどうか、という気もするが、時価総額で見れば逆転現象が生じているのは事実であり、あのインテルさえエヌビディアに、またディズニーさえネットフリックスに、バンカメさえペイパルに抜かれるというのは、時代の変化を認識せざるを得ない。
一方、DX(デジタルトランスフォーメーション)により、うまくDigitalを取り込めたところが残っているというのもまた事実だろう。(”なんちゃってDX”では足元にも及ばないということが如実に現れる気がする)

ちなみに、貴州茅台酒がコカ・コーラを抜いてネスレに迫るというのも面白いけれど^^;マオタイの本物は高くて、かつなかなか手に入らないというが、そのような希少化・高級化が時価総額を押し上げているのか、マーケティングのすごさを感じる。しかもこの半年で...

#企業価値 #新型コロナ で一変? #日経 #株式時価総額ランキング_a0004752_11140206.jpg
ただ単に、余ったお金が次のテーマとなりそうな「DX」や「脱炭素」に流れているだけなのかもしれないが、評価されるということは大切な要素。

こういうダイナミックな時代にいるということをしっかりと認識しておきたい。

More 参考:各業界で時価総額の逆転や接近が起きた

  # by yoshinoriueda | 2020-07-12 18:44 | 政治・経済・政策・地域開発 | Trackback | Comments(0)

いつもは穏やかな #住吉川 、勢いのある #濁流 へ…

いつもは穏やかな #住吉川 、勢いのある #濁流 へ…_a0004752_14511171.jpg


溢れてないけど、えらい勢いでした…
タグ:

  # by yoshinoriueda | 2020-07-11 12:55 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

#バステクフォーラム @舞洲 #電気バス #ev

雨の中、舞洲へ。

バステクフォーラムというマイナーなフォーラム…と思いきや、意外とバスファンって多いのね…って感じ。

#バステクフォーラム @舞洲 #電気バス #ev _a0004752_15002637.jpg


お目当ては電気バス。Alfabusは、形もカラーリングも、京都市営バスやんか…

#バステクフォーラム @舞洲 #電気バス #ev _a0004752_15002796.jpg


ちなみに、日本では非常口が必要ということで、天井に設置。海外では普通、窓ガラスを割って脱出するので、ハンマーが装備されているのが普通らしい。このバスにも装備されていた。

#バステクフォーラム @舞洲 #電気バス #ev _a0004752_15002748.jpg


オノエンジニアリングが持ってきた本邦初公開の電気バス。空港のターミナル間移動に用いられている感じ。

#バステクフォーラム @舞洲 #電気バス #ev _a0004752_15002792.jpg


小型の電気バスは、コミュニティバスにいいかも。

#バステクフォーラム @舞洲 #電気バス #ev _a0004752_15002788.jpg


乗り心地や加速は悪くない。

#バステクフォーラム @舞洲 #電気バス #ev _a0004752_15114580.jpg


オノエンジニアリングのコンパニオンのお姉さんたち。気さくに撮影に応じてくれた。

最初は、どうかな…と思っていたが、やはり乗ってみて初めて分かることもあるものだ。

なかなか有意義なフォーラムだった~☆




  # by yoshinoriueda | 2020-07-10 14:30 | テクノロジー・環境・ガジェット | Trackback | Comments(0)

世界観に裏付けられた「信念」や「思い」があるからこそ、批判や非難があろうとも前に進んでいける

イノベーションが生まれないのは「信念」がないから」という記事には、当たり前だけれど、忘れがちなことが書かれている。
ユーザーの声を聞きすぎるとイノベーションは起こしにくいのです。ユーザーは手にしていないものを評価できません。
加えて、記事のタイトルになっているように「信念」の重要性を述べている。
「これ」が実現されればこんなメリットがある、という確信。...「自分の企画は絶対に会社のためになる」「社会のためになる」という信念があってこそ理論武装できるのです。...ユーザーは、新しいサービスのあら探しが得意です。そして「あら」のない新商品はありません。新商品はあらよりも大きなメリットを持っていなければなりません。そのメリットを信じ切れるかどうかは開発者の信念によります。
「信念」はいわゆる「世界観」だな。これがあって、それを信じているからこそ、批判があっても乗り越えられる。なんにしても、「思い」というのが大切だということだ。

  # by yoshinoriueda | 2020-07-08 12:46 | 思うに・・・ | Trackback | Comments(0)

#台湾 #マスク の #奇跡 を起こした #唐鳳 @audreyt 氏にとっても親近感が湧いたお話

台湾の天才IT担当大臣オードリー・タンに訊く、新型コロナウイルスの先にある未来の国家とは」という記事が興味深い。
新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を抑えるべくマスク・マップの普及を進めたことで日本にもその名を轟かせた台湾のIT担当大臣オードリー・タン(唐鳳)氏。1981年生まれの39歳にして、既に台湾でIT担当大臣のキャリア4年も務める人物です。

学校に馴染めず中学を中退、同時に学んでいたPerlにのめり込み、19歳でシリコンバレーの企業、Appleとも契約していました。前述の通り、台湾での感染拡大防止や市民サービスにテクノロジーで素早い対応をしたことが世界で話題となり、東京都の新型コロナウイルスに関するウェブサイトへGitHubを通じて協力したことをご存じの方多いことでしょう。

そのほかにも2005年から女性への性転換を始めたこと、「鳳」の英語読みを日本語の「おおとり」から取ったことなど、話題は尽きません。そんなオードリー・タン氏にリモートでのインタビューを行う機会が得られたので、新型コロナウイルス対策について、自身のキャリアについて、そして台湾の未来像について、じっくりとお話を伺ってみました。
という書き出しからして面白いのだが、
生涯続く学びの中で、私の好奇心を駆り立てているのは、「なぜ人々は、実際に顔を合わせるよりも簡単にオンライン上で信頼し合うのか」ということです。この問いに答えるには、7つの異なる分野の知識を学ばなければならず、それらの異なる分野から自分の分野を作り上げることに他なりません。
というところはさらに興味深い。

今日も、オンラインで、かつ、初対面であるにもかかわらず、顔も合わさずに打合せをしたが、一定の信頼関係が成立していたが、それはなぜなのか?あまり深く考えたことはなかったが、「7つの異なる分野」を融合させて、新たな分野を創る!だなんて発想、なかなかユニーク!

ちなみに、
現在ハッシュタグは、もっとも新しい社会的イノベーションに参加する方法になりつつあります。より早く、公平で、楽しい方法と言えます。そして誇るべきことは、そのハッシュタグが自然発生的で誰も管理しておらず、しかも少しずつ改変して誰でも進化を加えられることです。これはオープンプロジェクトのようなものと言えるでしょう。
という感覚は、普段からハッシュタグを使って慣れ親しんでいないと分からないかもしれないものだろう。

昔はTwitterくらいしかなかったが、今や、instagramなんかでもハッシュタグ文化になっているし、ハッシュタグがあるからこそ、いろいろと探せるというものも出てくるので、とても便利だったりする。

天才かつ台湾の要職に就いておられて、とても遠い存在なのだが、個人的にはタン氏にとっても親近感がわいた記事だった。(松村太郎さん、ありがとう!)

  # by yoshinoriueda | 2020-07-07 20:30 | いろいろ読んで考える! | Trackback | Comments(0)

イノベーションを運任せにしないための必読書:『ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム』

大学院生向けのメンタリングのために『ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム』(クレイトン・クリステンセン)を改めて読んだので、読書メモ。

イノベーションを運任せにしないための必読書:『ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム』_a0004752_16021024.jpg


人は、なぜ「ミルクシェイク」を買うのか?そこに「片づけるべきジョブ」があるからだと本書では述べられている。顧客が、彼・彼女にとって重要なジョブが満たされていないときに、それを解決するために「雇用」する。明確に見えているニーズとは異なり、ジョブは「見つけ出すもの」であり、それには直観がものをいうとのこと。また、「動詞と名詞で表現できる」とのこと。

無消費についても言及されており、何を探し、何と戦うべきかを示してくれる。最近は、UX(ユーザーエクスペリエンス)という言葉で語られるが、「イノベーションの成功の秘訣は、顧客のジョブスペックに対応する体験を創造し、届けること」と述べ、体験の重要性がきちんと認識されている。

イノベーションを運任せにせず、きちんと見据えていくためには、最低限知っておくべきことが、ここに書かれている。イノベーションや新規事業に従事する人にとっては必読書だろう。また、指導する立場としては、しっかりと読み込んで、体得しておくことが必須となると感じた。改めて読み直してよかった~☆彡
 

  # by yoshinoriueda | 2020-07-06 18:00 | キャリア・生き方・教育 | Trackback | Comments(0)

#新型コロナ の影響を受け 「最後の #暗黒大陸 」と称される #物流 にはどんな影響が出ているのか?

不安増す宅配網 外出増で再配達じわり」という記事によると、
宅配大手が物流網の維持に苦心している。在宅勤務拡大に伴う「巣ごもり消費」でネット通販が急増。各社は配置転換や置き配などで急場をしのぐが、減少傾向だった再配達も一転して増え始めた。「宅配クライシス」の再燃が懸念される。

「1日に運ぶ荷物は体感で1.5倍以上」。ある中小事業者の男性トラックドライバーはネット通販経由の大量注文にため息をつく。3月以降、2リットルのペットボトル水やトイレットペーパーなど生活物資の荷物が目立って増えたという。
#新型コロナ の影響を受け 「最後の #暗黒大陸 」と称される #物流 にはどんな影響が出ているのか?_a0004752_11093980.png

ヤマト運輸の5月の宅配便は同月としては過去最高の1億6498万個と前年同月比で19.5%増となった。日本郵便のゆうパックの5月取扱数も9658万個と同月として2007年の郵政民営化後で最多となった。

膨らむ荷物量に対応するためヤマト、佐川急便、日本郵便の大手3社はオフィス街など荷物量が落ち込んだ地域の人員を需要が増えた住宅街に配置転換している。

ヤマトはコロナ以前の17年にネット通販拡大に人手が追いつかず総量規制に踏み切った。荷物量はその当時より多いが、現時点で取り扱いを制限していない。ある物流業界関係者は「現場をなんとか回せているのは再配達が減ったのが大きい」と話す。
#新型コロナ の影響を受け 「最後の #暗黒大陸 」と称される #物流 にはどんな影響が出ているのか?_a0004752_11094474.png

とのこと。

在宅勤務が多くなって、在宅率が高くなり、再配達率が下がったのか、それでなんとか回っているという現場の感覚が面白い。

参考:宅配便の再配達率は8.5%と大幅に低下 ~令和2年4月の調査結果を公表~



ただし、仕事が減ったとか、ものによりけりという側面もあるようだ。

新型コロナウイルスの影響 第一線で走るトラックドライバーの声」という記事によると、
「仕事が減った」という声が42.5%で、次いで「変わらない」が36%、「増えた」12.3%
ということのようだし、「新型コロナ感染拡大で物流への影響 JILSが緊急アンケート」という記事によると、
例年と比較して物量が増加している商品が「ある」と回答した物流企業は全体の44%...運輸業では一般向け加工食品、市販用の冷凍食品のほか航空貨物全般が、倉庫業では消毒薬、医療機器、紙製品などが増加した。物流子会社では休校によって参考書や長期保存可能な加工食が増加した。

物量が減少している商品が「ある」と回答した物流企業は全体の57%...運輸業で住設機器や自動車関連がとくに大幅に減ったと回答したほか、中国からの電子部品やアパレル関連、建築資材、家具なども減少。倉庫業では中国からの輸入貨物全般、コンテナなどが減少した。物流子会社ではイベントなどの搬入、搬出業務や会場で使われる床材の物量も大幅に減少している。
とのこと。

新型コロナウイルスによるトラック業界への影響調査【第1回調査結果概要】(pdf)」によると、
(1)「運送収入」の状況(前年同月)1月は平均△487万円(対前年比△3%)2月は平均△78万円(△0%)3月は平均△1,413万円(△5%)の収入減
(2)「輸送トン数」の状況(前年同月)1月は平均△1,931トン(対前年比△6%)2月は平均△1,343トン(△4%)3月は平均△3,033トン(△10%)の輸送量減

また、「サイモン・クチャー&パートナーズ調べ 新型コロナ影響度評価、物流は「危機」に分類」という記事では、
業界ごとの評価を「成長」「需要過多」「減退」「危機」――の4パターンに振り分けたところ、「物流・輸送」を含む10の業界が「危機に晒されている」
#新型コロナ の影響を受け 「最後の #暗黒大陸 」と称される #物流 にはどんな影響が出ているのか?_a0004752_11234678.png
ということなので、宅配などは一部伸びているが、経済・事業という観点からみれば、全体的にマイナス傾向が強いのかもしれない。

もちろん、UberがUber Eatsの収益増でライドヘイリングの減収を補ったように、個社でみれば、なんとか持ちこたえているところはあるのかもしれないが...

それにしても全貌がつかみにくい。ドラッカーが、「最後の暗黒大陸」と呼んだように、データが見えないが故に姿が分かりにくいというところがあるような気がする。

参考:
・「緊急アンケート調査「新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による物流への影響について」調査結果」(pdf)
運輸・倉庫業界/新型コロナによるマイナス影響が拡大

  # by yoshinoriueda | 2020-07-05 11:29 | いろいろ読んで考える! | Trackback | Comments(0)

#新型コロナ #対策 : #学校 の #風景 - #個室 #バリケード ?!

ロイターの記事で紹介されていたタイの学校の風景。

ちょっと大袈裟かもしれんけど、オンラインが難しければ、リアルでここまでやって、ちょっと安心しながら授業を受けるというのはあるのかも。

でも、通学時間や休み時間に濃厚接触してたらアウトやんな...(汗)

ちなみに、職場ってどんなんなんやろ?

#新型コロナ #対策 : #学校 の #風景 - #個室 #バリケード ?!_a0004752_08052381.jpg


Students of Sam Khok school wearing face masks and face shields are seen inside old ballot boxes repurposed into partitions as they attend a class after the Thai government eased isolation measures and introduced social distancing to prevent the spread of the coronavirus, as schools nationwide reopen, at Pathum Thani province, Thailand.

  # by yoshinoriueda | 2020-07-05 08:10 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

越県行為に及んでしまった…

越県行為に及んでしまった…_a0004752_20484484.jpg

越県行為に及んでしまった…_a0004752_20484565.jpg

越県行為に及んでしまった…_a0004752_20484535.jpg

越県行為に及んでしまった…_a0004752_20484501.jpg

  # by yoshinoriueda | 2020-07-04 12:30 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

OKRの実際をしっかりと理解するために最適かつ必須の一冊『Measure What Matters 伝説のベンチャー投資家がGoogleに教えた成功手法 OKR』

メンタリングに際し、必要に迫られて、改めて『Measure What Matters 伝説のベンチャー投資家がGoogleに教えた成功手法 OKR (メジャー・ホワット・マターズ) 』(クライナー・パーキンス会長ジョン・ドーア、ラリー・ペイジ序文)を読んだので、簡単に読後メモ。

OKRの実際をしっかりと理解するために最適かつ必須の一冊『Measure What Matters 伝説のベンチャー投資家がGoogleに教えた成功手法 OKR』_a0004752_13484013.jpg


インテルのアンドリュー・グローブが導入していたObjectives & Key Resultsについて事例とともに解説がなされている一冊。インテルでは、「あなたが何を知っているかなど、どうでもいい」という厳しい考え方があり、OKRという手法が、「やるべきことと責任の明確化、そして一段と高い目標への飽くなき追及を促す」ということ、また、そのためにはFocus(集中)が大切であるということが理解できる。

特に、「優れた経営とは、一見重要度が同じような数多くの活動のなかから、圧倒的に影響力の大きいものを1つか2つか3つ選び、そこに集中する能力にほかならない」というアンドリュー・グローブの考え方は、そのFocus(集中)が大切だということを示しているといえよう。

自分のものにするには、実践するのが一番だろう。しかし、そういうわけにもいかないとすれば、何度も読み直すことが重要で、この本は、それに値する。読めば読むほど、理解が進む。「紙」の本はいまや流行らないのかもしれないが、持っていて損はない一冊だと思う。


  # by yoshinoriueda | 2020-07-03 12:45 | いろいろ読んで考える! | Trackback | Comments(0)

もっと早く出会いたかった『HIGH OUTPUT MANAGEMENT 人を育て、成果を最大にするマネジメント』

神戸大学大学院科学技術イノベーション研究科副研究科長の忽那憲治教授が推薦してくださった『HIGH OUTPUT MANAGEMENT 人を育て、成果を最大にするマネジメント』を読んでみたので、簡単にメモ。

もっと早く出会いたかった『HIGH OUTPUT MANAGEMENT 人を育て、成果を最大にするマネジメント』_a0004752_13261168.jpg


一度、絶版になっていたらしいが、2017年に再版されたとのこと。本屋に並んでいた時期があったような気がするが、一言でいえば、「もっと早くこの本に出会いたかった」というのが読後の感想。

生産性を高めるために必要なエッセンスが詰まっていて、組織の中で生きる多くの人にとって参考になる話が満載。が、最初に読むことになるのは、「朝食工場」。ゆでたまごをつくるところから話が始まって、それに制約条件が加わるとどうなるかというところに発展し...と具体的かつ身近なところから入っていくことができる。

最後に、行動指針のチェックリストがあり、全体をおさらいするのにちょうどいい。果たして自分はどこまでできているのか、自己採点することができる。インテルを率いた著者のアンドリュー・グローブ氏の頭の中を疑似体験でき、多くの組織人に読み継がれるべき良書だと思う。

アンドリュー・グローブ氏は、残念ながら2016年に亡くなってしまったが、スタンフォード大学のビジネススクールにおいて、RobertA.Burgelman教授の授業を聴講していたときにゲストで来られていたこともあって、とても感慨深い。あらためてご冥福をお祈りしたい。

  # by yoshinoriueda | 2020-07-02 12:22 | いろいろ聞いて考える! | Trackback | Comments(0)

意見は無価値!『Google×スタンフォード NO FLOP! 失敗できない人の失敗しない技術』

Google×スタンフォード NO FLOP! 失敗できない人の失敗しない技術』について、簡単にメモ。

意見は無価値!『Google×スタンフォード NO FLOP! 失敗できない人の失敗しない技術』_a0004752_13174338.jpg


 「早く失敗することで、0→1のビジネス創造を成功に導く秘訣となる『プレトタイピング』の重要性がよく分かる」というのが本書の特徴であるが、いまだに起業の聖地であるシリコンバレーにおいて、ベンチャー企業がどう立ち上がっていくかを疑似体験できるところに価値がある。起業、ベンチャー、シリコンバレーに興味がある人にとっては必読の書ともいえるのではないだろうか。

「グーグルでは『意見』は無価値」というのがとても印象的だった。データは意見よりも強く、そのデータを確実かつ効率的に取得するために、プレトタイピングによりデータを集めるという話には説得力があった。

  # by yoshinoriueda | 2020-07-01 13:16 | VC・VB・イノベーション・mgt | Trackback | Comments(0)

「あいまいさに耐える力」の重要性 #イノベーション #シリコンバレー

朝からシリコンバレーの方を交えてテレビ会議。

「あいまいさに耐える力」の重要性 #イノベーション #シリコンバレー_a0004752_11045806.png


議論は少しずつ進んできているのだが、その議論によって、方向性が決まったりして、「今、ここにいる」という感じになっていて、そういう状況は、「計画経済」の世界に生きている人たちからすれば、なかなか理解されにくいだろうなぁと客観的に感じながら会議に参加していた。

そういう経緯や状況を踏まえて感じるのは、「あいまいさに耐える力」の重要性である。

機会発見的に事業機会を見出すのは、それはそれで大事だが、センスメイキング的に事業機会を創り出そうとするときには、未来像を頭に思い描きながらも、議論の中で軌道修正をしたり、実際の顧客に当たってみて、方向転換をしたりということが生じ得る。

この通りにしたいという思いをもってやるのは大事だが、少しずつズレたりして、思い描いていた道ではないところに進まざるを得ないことが出てくる。後で振り返ってみて、成功していればそれでよし、失敗したら、それもまたよし。間違っていることが確認できたという意味で。

イノベーションに取り組んでいく中では、どうしてもこういった「あいまいさ」を許容しながら進んでいく必要がある。

大企業に勤める人たちには少し理解し難いところがあるかもしれない。何十年もかけて丁寧に作り上げられたビジネスモデルが盤石で、いかに業務をこなすか、つまりHowを一生懸命磨くことに価値がある世界のベースは、再現性・計画性・効率性・予定調和が求められる。

イノベーション、新規事業、そういった世界は、3年後の姿なんて分からない。いや3か月後の世界さえ分からないかもしれない。10年かけてつくられたものが2時間くらいで検証できてしまうデジタルの時代。そんな競争の中にいるのだということも理解できない。

そういうところを頭と肌で理解しながら、「あいまいさ」に耐えていく必要がある。肌で理解するのは難しさがあると思われがちだが、好奇心を発揮して、新しいサービスを利用するなどしてみれば、少なくとも、体感として分かるところがある。そういったところに触れもしない人も多い。また、勉強していない人も多い...

あいまいな状況を乗り越えていくためには、やはりOKRのような手法は有効だなぁ...

とまあ、そんなことを感じた朝のミーティングだった。

(画像は、リンク先から拝借)

  # by yoshinoriueda | 2020-06-24 09:40 | 思うに・・・ | Trackback | Comments(0)

父の日にマッサージ券いただきました~☆

父の日にマッサージ券いただきました~☆_a0004752_19423372.jpg

タグ:

  # by yoshinoriueda | 2020-06-21 19:41 | つれづれなるままに... | Trackback | Comments(0)

中学生の調べ学習の宿題に付き合って、最近のサイバー犯罪についてちょっと調べてみたww

学校の宿題で調べ学習というものがあるらしく、「サイバー犯罪」がひとつのテーマになっていることから、ちょっと整理してみた。

サイバー攻撃とは?その種類・事例・対策を把握しよう」というサイトによると、
サイバー攻撃とは、サーバやパソコンなどのコンピューターシステムに対し、ネットワークを通じて破壊活動やデータの窃取、改ざんなどを行うこと
とされており、大きく分けると以下の5つが挙げられている。
1.特定のターゲットを狙った攻撃(標的型攻撃)
標的型攻撃
ランサムウェア
水飲み場型攻撃
クリックジャッキング
ドライブ バイ ダウンロード
サプライチェーン攻撃
ビジネスメール詐欺(BEC)
キーロガー
ガンブラー攻撃
2.不特定多数のターゲットを狙った攻撃
フィッシング詐欺
スミッシング
ビッシング・リバースビッシング
ゼロクリック詐欺
ジュースジャッキング攻撃
ディープフェイク(フェイクビデオ攻撃)
タイポスクワッティング
中間者攻撃
3.負荷をかける攻撃
DoS攻撃/ DDoS攻撃
F5アタック
4.OS・ソフト・WEBサイトなどの脆弱性を狙った攻撃
ゼロデイ攻撃
SQLインジェクション
OSコマンド・インジェクション
クロスサイトスクリプティング
バッファオーバーフロー攻撃
セッションハイジャック
セッションID固定化攻撃
バックドア
ルートキット攻撃
フォームジャッキング攻撃
ドメイン名ハイジャック攻撃
5.パスワード関連のサイバー攻撃
ブルートフォースアタック
パスワードリスト攻撃
パスワードスプレー攻撃
クレデンシャルスタッフィング攻撃
被害事例としては、2015年5月、日本年金機構の年金加入者個人情報が約125万件流出した情報漏洩事件が挙げられていたが、これはメールに添付されていたファイルにマルウェアが仕組まれていたという典型的な標的型攻撃である。

制御系セキュリティの国内での取り組み」(新誠一、技術研究組合制御システムセンター理事長、pdf)という資料においても紹介されていたが、日経X Techの「【第1回】映画の世界が現実に」(岡下博子、情報処理推進機構(IPA))でも紹介されていた2010年9月、イランのナザンツにあるウラン濃縮施設の制御システムが、「Stuxnet」と呼ばれるマルウエアを使ったサイバー攻撃によって不正に操作され、核開発が妨害された事件なども衝撃的だった。

なぜならば、おそらくはインターネットとは直接つながっていないであろういわゆる工場の中のシステムにマルウェアが忍び込んだからである。USBを媒体として、Stuxnetが仕込まれたということで、the world's first known “cyber missile”とも言われている。

なお、この事件は、米国が仕組んだものとされており、「核施設を狙ったサイバー攻撃『Stuxnet』の全貌」という記事でその経緯が示されている。記事によると、「Olympic Games」というコード名で呼ばれた計画は、イランの核施設における遠心分離機を破壊するため、ジョージ・W・ブッシュ前大統領が許可し、米国とイスラエルの両政府が開発したとのこと。

最近では、「ホンダ襲ったのは国家か犯罪者か 新たなサイバー脅威」という記事にもあるように、「6月8日に受けたサイバー攻撃により国内外の工場で生産や出荷の中止を余儀なくされた」とのこと。EKANSというウイルスソフトは、「工場や発電所、石油化学プラントなど使われる産業制御システムを標的にしているのが特徴」らしい。すなわち、これもStuxnetと同じく、工場内のシステムを攻撃するものである。

悪意を持って仕組まれたところもあるが、「自分の手に持つUSBメモリーについてあまり考えないような間抜けが常にいるものだということが判明した」ということで、USBメモリにも注意が必要ということだろう。なお、最近では、許可されたUSBメモリーしかアクセスできない、しかも、パスワードを入れなければ動かないという形でセキュリティが強化されている。

負荷をかける攻撃の事例としては、「「アノニマス」などのハクティビズムの嵐が吹き荒れるなか、Webサイトに大量のパケットを送信してサービス停止に追い込むDDoS攻撃による被害」といった事例も存在する。2012年6月、日本音楽著作権協会(JASRAC)のWebサイトがDDoS攻撃によってダウンしたという事件があったが、これは、一挙に目視では対処しきれないほどの複数のIPから攻撃をしかけるDoS攻撃よりさらに厄介なDDoS攻撃(Distributed Denial of Service attack)が原因である。

ハクティビストとは、社会的・政治的な主張を目的としたハッキング活動(ハクティビズム)を行う者であることから、主義・主張が異なれば、誰でも標的になる可能性がある。

DDoS(ディー・ドス)攻撃への対応としては、アクセスを監視しておき、必要に応じて遮断するという対策が必要となるので、きちんとしたサイバー組織により、普段から対応しておく必要がある。

これらは、ある程度、特定の組織・人に対しての攻撃であるが、気を付けておかなければならないのは、不特定多数に対する攻撃。代表的なものでいえば、フィッシング詐欺が挙げられるだろう。なりすますという点では、ネット版のオレオレ詐欺のようなものといえるだろう。

少しでも不審だと思われるメールやサイトでは、クリックや取引などはしないという注意が必要で、この「不審」だと思う感覚や何らかの「違和感」のようなものは、
ボーっと
してたら、チコちゃんに叱られるだけでなく、見過ごしてしまいかねない。
中学生の調べ学習の宿題に付き合って、最近のサイバー犯罪についてちょっと調べてみたww_a0004752_14091897.png


最近では、「新型コロナ「10万円給付」に便乗のフィッシング詐欺を確認、今後増加の可能性」ということで、「市役所への申請手続きを代行する」などと勧誘するメールが届いたりする模様。「あれ、ちょっとおかしいな」という違和感に加えて、「鵜呑みにしないように」というのがまず第一の対処策となる。

「総務省」のサイトでは、典型的な手口が記載されているので、そういったことを知っておくことも大切。知識が身を守るということは、この世界ではよくある話。

電子メールでフィッシングサイトに誘導
典型的な手口としては、クレジットカード会社や銀行からのお知らせと称したメールなどで、巧みにリンクをクリックさせ、あらかじめ用意した本物のサイトにそっくりな偽サイトに利用者を誘導します。
そこでクレジットカード番号や口座番号などを入力するよう促し、入力された情報を盗み取ります。
電子掲示板などの情報でフィッシングサイトに誘導
電子メールだけではなく、電子掲示板やSNSの投稿サイトに、URLを記載してアクセスさせ誘導する手口です。
表示されているURLを本物のURLに見せかけてアクセスさせる手口
電子メールや電子掲示板に投稿されたURLを実在するURLに見間違えるような表示にすることで誘導する手口です。

例えば、アルファベットの一文字の(オー) o を数字の 0 にしたり、アルファベットの大文字の(アイ) I を小文字の(エル) l にしたりして、閲覧者が見間違えたり、信用させたりする手口もあります。
つまり、本物かどうかという意識で常に注意しておくということが大事だということ。

インターネットがこれほどまでに普及していない時代は、中学早々、こんなことを調べ学習しなければならないなんて、タイヘンですなぁ...^^;;

  # by yoshinoriueda | 2020-06-21 13:06 | テクノロジー・環境・ガジェット | Trackback | Comments(0)

「大企業こそ出社文化は必要」という意見に必ずしももろ手を挙げて賛同しない理由

「大企業こそ出社文化は必要」 クラウドワークス吉田社長」という記事に以下のような件がある。
- リモートワークの浸透で、コロナ後の働き方は変化していくとみていますか。

吉田氏:社員目線では、大企業であろうとスタートアップであろうとリモートワークの継続を希望するのではないでしょうか。短期的には問題ないと思いますが、中長期的にはデメリットも出てくるとみています。

 リモートワークでは曖昧な話題を出しづらいからです。現行のオンライン会議システムでは、どうしてもそれぞれが考えを一方的に発散する場になりがちです。

変化を起こす判断が難しくなる

 やや古い考えかもしれませんが、これまでは社員のやる気やアイデアといった単純な成果以外のプロセスも評価していました。現状の業務以外のプロセスから新たな発想も生まれたわけです。リモートワークでは成果を測る傾向にあるので、今の業務範囲を超えてさらにキャリアを発展させたい、例えばマネジャーになりたい、新規事業を起こしたいといった、変化を起こす判断が難しくなります。

 コロナ・ショックで今までの前提は崩れました。今後も大企業はリモートワークの活用を続けていくでしょうが、大企業であればあるほど出社を前提とする文化を残す必要がある。フリーランスを支援するというリモートワークの専門家の立場としてもそう思います。

 中小企業であれば他の部署でも知っている人が多いけれども、大企業となるとそうはいかない。新規事業のアイデアを育てたり、部署を越えた連携を考えたりといった曖昧な議論が生まれにくいため、たくさんの人材を抱えている利点を生かせません。この状況が続くと、中長期的に競争力が低下する恐れがあります。

大企業の中でも、新規事業に従事する人の数は少ないので、実は、この記事でいうところの「中小企業」のようなところがある。すなわち、ほとんどが顔見知りで、常に連携していて、お互い何をやっていて、どういう関心事があるかをある程度理解しているという状況である。もちろんそのためのコミュニケーションコストはかけているという前提だ。

そうなると、リモートワークと出社のハイブリッド型が成立するはずである。完全にリモートで何でもできるだろうとは言わないが、「出社しなければならない」という雰囲気を残すと、「やってる感」を出すためだけに「出社」するといったことが発生することになるだろう。

バーチャルなリモートワークと、貴重なリアルをハイブリッドする形とにチャレンジしていく中で、いろいろな手法・ツールを用い、新たなものが生まれてくることを期待したい。

まあ、こんな理由は少数派なのだろうけれど...^^;;


  # by yoshinoriueda | 2020-06-18 23:55 | 思うに・・・ | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE