シリコンバレーでの雇用の予測

The Silicon Valley Manufacturing Groupによると、2005年の雇用は、3万人増加するだろうとのことである(San Jose Mercury 2004.9.17)。ラジオでもこの報道がなされていたが、これは、good newsであり、その一方でbad newsとして、2000年のころの全盛期のレベルに戻るには、2010年まで待たなければならないとの見通しを挙げていた。

漠然と、シリコンバレーの状況が上向いているような気がしていたが、それを裏付ける資料が出てきたといったところだろうか。今後の活気に期待したい。

  by yoshinoriueda | 2004-09-18 16:21 | シリコンバレーで感じる! | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://entre.exblog.jp/tb/1048152
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< Social Network ... unprovenで行こう! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE