<   2015年 09月 ( 56 )   > この月の画像一覧

 

たまご飯で晩ごはん~待機、待機、待機に備えて晩ごはん~♪

a0004752_01024482.jpg


ありついただけマシかなf(^_^;



食べログ グルメブログランキング
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ

  by yoshinoriueda | 2015-09-02 22:00 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

新発売体験隊隊長がゆく~♪ジューシーハム太郎、ではなくてf(^_^;

ハムサンド。

a0004752_21355853.jpg


時間がないこともあり、パクパク食べていると、あっという間になくなった┐('~`;)┌

まぁ、それだけおいしいってことで~♪

さてさて、午後からまたバタバタと頑張っ行こう~(^-^)v

食べログ グルメブログランキング
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ

  by yoshinoriueda | 2015-09-02 14:31 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

防災の日か~

a0004752_22152154.jpg


帰宅するとポストにこんな冊子が…

なんか、昔、REDD++の赤や黄色の冊子があったが、あれを思い出す。

意識付けという意味では、こういう冊子の配布は、いいのかもしれないなぁ~




食べログ グルメブログランキング
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ

にほんブログ村 企業ブログ 電気・ガス・水道・熱供給へ
にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ

  by yoshinoriueda | 2015-09-01 22:11 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

のかもしれないし、そうではないのかもしれないし:日本人に原子力を扱う資格はない

日本人に原子力を扱う資格はない」というテーマで、Wedge編集長の大江氏は
平和で豊かな生活を送る市民が、エネルギー安全保障や温暖化問題を喫緊の課題として認識することは難しい。サイレントマジョリティーが原子力は必要ない、と考えるのならば、どのような目標を掲げようと現実に原子力は衰退していくだろう。私たち日本人に、原子力のような複雑で高度な科学技術を扱う資格はないということなのかもしれない。
と述べている。

理解できない人が扱う資格はないが、幸いにして、全ての人が理解できないわけではない。

日本人といってもいろいろで、レベルも考え方も能力もそれぞれだ。にもかかわらず、十把一絡げに「私たち日本人に」と飛んでしまうところに論理の飛躍がある。

確かに、平和な日々を暮らし、不自由しない生活を送る人にとっては、エネルギーの問題なんて無縁だろうし、考える機会も、考える必要性もないかもしれない。しかし、エネルギーはなくなると困るものでもある。

エネルギーの問題が解決できれば、世界はもう少し平和になる。そんなことを考えていたシリコンバレーでの日々をふと思い出した。

思うに、原子力は必要だと考えている大江氏は、あえてこのような問いを立てることで、真剣に考える機会を提供してくれているのだろう。

にほんブログ村 企業ブログ 電気・ガス・水道・熱供給へ
にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ

  by yoshinoriueda | 2015-09-01 12:59 | エネルギー・環境 | Trackback | Comments(0)

驕らず、甘えず:安全思い込み、備え不十分に=福島事故で最終報告書―IAEA

安全思い込み、備え不十分に=福島事故で最終報告書―IAEA」という記事によると、
国際原子力機関(IAEA)は31日、2011年3月の東京電力福島第1原発事故の検証結果をまとめた最終報告書を公表した。報告書は、大事故につながった主な要因として「原発は安全だという思い込みが日本にあった」ため、備えが不十分になったと指摘。教訓を共有するよう国際社会に求めた。

 報告書は、自然災害などに対する同原発の脆弱(ぜいじゃく)性が、組織的、包括的に点検されていなかったことを問題視。自然災害の想定に際しては、複数の災害が「同時に起きたり、連続して発生したりする可能性を踏まえ、原発への影響を考慮する必要がある」と訴えた。

 また、同原発の運転員らは複合的な電源や冷却機能の喪失に十分な備えをしていなかったと指摘。適切な訓練を受けておらず、悪化した事態に対応する機器も不十分だったとした。

 事故当時は、原子力の安全に関わる問題で、どの組織が責任と権限を持って拘束力のある指示を出すかがはっきりしていなかったと指摘。国と地方レベルで原発の緊急事態や自然災害に対処する際の足並みがそろっていなかったと結論付けた。 
とのこと。指摘はもっともなことばかり。

事故から学ぶことは多い。関係者は、驕らず、甘えず、たゆまぬ取組を続けてほしいのだが、ちなみにいつも忘れられがちなのが、「電力自由化」。

発送電の法的分離、料金規制の撤廃などに関する改正電気事業法が通った今、電力自由化が進展し、いずれ規制による「料金」というものがなくなる中で、安全をどう向上させていくか、そのためにはどのような「経営」が必要なのか。

原子力は、垂直一貫体制の中に組み込まれて、カネや人、時間など必要な経営資源を与えられてきたので、「経営」なんて視点はあまりなく、「技術」の塊のような運営がなされてきたかもしれない。そして、技術に偏りすぎていると、「経営」というの視点が抜け落ちて、「安全」と「コスト転嫁という考え方」だけが独り歩きしていくことが往々にしてあるのではないか。

かかったコストは全て消費者に負担してもらおうという考えがあるとしたら、それは大きな間違い、一種の「甘え」だと思うのだが、果たして日本の原子力関係者の認識はどうなのだろうか?
いつまでも 続くと思うな 料金規制(字余り) 
お粗末さまでしたm(__)m

にほんブログ村 企業ブログ 電気・ガス・水道・熱供給へ
にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ

  by yoshinoriueda | 2015-09-01 12:15 | エネルギー・環境 | Trackback | Comments(0)

朝からベルギーチョコ"Mary"にてちょっと一息~♪

a0004752_10054012.jpg


新しい通勤ルートで出社。久しぶりにラッシュを経験。いつになっても慣れないなぁ…

雨が降ってなかったら、歩いてみようかな~




食べログ グルメブログランキング
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ

  by yoshinoriueda | 2015-09-01 10:02 | 旅・風景・グルメ | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE